act のすべての投稿

マレーシアの卵子提供はサポートも充実

海外での卵子提供プログラムを受ける国として、近年人気が高まっているのがマレーシアです。ActOneでもマレーシアでの卵子提供プログラムを提供しています。

マレーシアというと近年では海外旅行先としても人気が出てきている国で、「2週間以上のロングステイをしたい国ランキング」で9年連続1位を獲得しています。

baby044

日本から比較的近く、物価の安さや温暖な気候、そして日本人好みの食事や治安の良さなどが人気のポイントでしょう。

そんなマレーシアがなぜ卵子提供プログラムの実践先として人気なのでしょうか。かつては卵子提供プログラムといえばアメリカで行うのが一般的でした。

アメリカは古くから卵子提供が一般化しており、多くの治療実績から培われた技術力の高さからアメリカでの治療を選ぶ人が多かったようです。

しかし、治療費用が高額なのがネックでした。一方マレーシアをはじめとするアジアでの卵子提供プログラムは、アメリカのおよそ半額で受けることができるのです。

この費用の安さが、アジアでの卵子提供プログラムの人気の理由です。
しかし、バンコクや韓国などアジアの一部地域では卵子提供の法改正があったため、治療を受けることが難しくなりました。

そこでいまだ法改正の影響を受けていないマレーシアでの治療を希望する方が増加したのです。

また、マレーシアの卵子提供プログラムの人気の理由は費用だけではありません。
充実したサポート体制も魅力の一つです。

マレーシアでは1998年に「メディカルツーリズム推進委員会」を設立し、メディカルツーリズムに対して本格的に取り組むようになりました。

これは保健省、民間病院、観光協会、航空会社からなる組織で、さまざまなシーンでの外国人患者の受け入れ態勢を設備・強化してきました。

さらに2009年にはMMTC、マレーシア医療観光協会が設立され、事業拡大が推進されています。
現在では、内科、外科、婦人科問わずあらゆる医療分野においてしっかりとした外国人患者の受け入れ態勢が整っています。

マレーシアでの卵子提供プログラムは、このように国家規模での安心のサポートを受けることが出来、見知らぬ異国の地での、初めての治療という不安や恐怖を払拭してくれるものとなっているのです。

アメリカでの卵子提供プログラムを検討していたけれど、治療費が負担になっているという方は、マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討してみてはいかがでしょうか?

ActOneの治療費用は必要なオプション等もすべて含んだ明朗会計で追加費用の請求はありません。
まずはお気軽にご相談ください。

2016年、なぜ日本では体外受精の件数が増えてきているのか

アメリカや諸外国では若い卵子の提供を受けること、すなわち卵子提供が認められていますが、日本では事実上不可能です。

そこで、体外受精の成功率が低いことが分かっていながらも自己卵での治療を余儀なくされていることが一因です。
また、日本人の特質であろう「断れない」不妊治療のドクターが多いことも挙げられます。

双子

確率がどんなに低かろうともゼロではない限り、延々と治療を続けてしまうしかないのです。
初診時点で年齢制限を設けているクリニックもありますが、ごく一部です。

どうしても子どもを授かりたいとの願いをもつ女性を前にして、日本のドクターが治療を断ることはなかなかできないこと、想像に難くはありません。

フランスでは不妊治療に関する一切の医療費を全額保険適用としています。
不妊を「疾患」と定義しているからです。
ただし、42歳までとの年齢制限があります。

海外では40歳以上の女性に不妊治療を繰り返すことは考えられないとの見解をもつドクターが多いのです。
日本では不妊は「病名ではない」との定義付けですから保険適用はありません。

しかし、各自治体での特定不妊治療費助成制度があります。
厚労省では「特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された法律上の婚姻をしている夫婦」 を対象にとしています。

年齢や回数など、様々な制限がありますから不妊治療を望み必要とする方すべてには適用されません。
不妊治療の継続は経済的にも精神的・肉体的にも大きな負担となっています。

長い年月を辛い治療に費やし、結果が伴わないことによる精神的な苦しみを重ねているご夫婦にとって「最後の選択肢」としての卵子提供の注目度と必要度は年々高まっています。

日本においてはJISARTのガイドラインでは殆どのご夫妻が卵子提供を受けることは難しいのが現状です。
そこでAct Oneでは州法や学会のガイドラインがしっかりと整備されており、卵子提供を「一般的な不妊治療」として行っているアメリカでの卵子提供プログラムをご提供しております。

精子提供で生まれた子供は既に1万人以上、海外で卵子提供を受けて生まれるお子さんは年間300人から400人を上回るという推計もあります。

今や卵子提供はお子さんを望むすべてのご夫婦にとって、ごく一部の人たちの特別な選択肢、ではなくなったと言えるのです。
卵子提供はお子さんを望むご夫婦にとって、とても重要な選択肢のひとつとなっているのです。

アクトワンはそのようなご夫婦の為のプログラムを個々に合わせ、最善の方法をご案内しています。

日本に於ける卵子提供の位置づけ

現在の日本では生殖補助医療を規制する法律は存在しておらず、日本産科婦人科学会の意向に沿った形で、医師の自主規制の下で卵子提供が行われている状況です。

妊婦

つまり、特殊なケースを除いては広く一般的に行われていないのが現状です。
JISART(日本生殖補助医療標準化機関)では「精子・卵子の提供による非配偶者間体外受精」についてのガイドラインにおいて、
女性は登録時の年齢が40歳未満であること、そして卵子の老化による不妊については対象としない、としています。

加えて生まれたお子さんには「出自を知る権利」を承認しており、15歳以上の者は提供者の住所・氏名等個人を特定できる情報を含め、開示を請求することができます。

被提供者夫婦はお子さんが幼少の頃より非配偶者間体外受精で生まれた子である旨を告知しなければなりません。
また、提供者においては子によってかかる請求がなされた場合には医療機関より個人情報の開示が行われる旨に同意が必要とされています。

このような条件を満たした上で、更に何度も通院してのカウンセリングを受けながらドナーを引き受けてもらえるか?ということが最大の障壁となっています。
残念ながら非常に難しい、と言わざるを得ません。

よって、卵子の老化などを主原因とする不妊治療目的で卵子提供を望む方々はアメリカなど国外に渡航して治療を受けており、日本では一般の方が希望するドナーを選択し、自由に卵子提供を受けるようになる日が訪れるまでには、まだまだ時間がかかる見通しです。

それでは、すぐにでも卵子提供によって赤ちゃんを授かりたいご夫婦はいったいどうしたら良いのでしょう?

ActOne・アクトワンでは、このようなご夫婦のために海外のクリニックでの卵子提供プログラムをご提供しています。

あなたもぜひ、ActOne・アクトワンにご相談にいらしてみませんか!

システム・料金等、ご納得のいくまで詳細にご説明致します。

 

 

ハワイでの体外受精はリラックスして受けられるのでおすすめ

どうしても赤ちゃんが欲しいと願うご夫婦は、どんな治療をしても良いからという人たちもいらっしゃいます。
日本国内で何度か体外受精を試みたけれども成功せず、どうしようかと途方に暮れているご夫婦もいらっしゃることでしょう。

baby046

そんな時、海外での体外受精を考え始めるようです。
また、奥様側が何らかの原因によって排卵が起きなくなってしまった場合、卵子提供を受けて体外受精を行う方法もあります。

ただ、卵子提供による体外受精は、日本国内では法の整備ができていないことや倫理上の理由などで厳しい条件が設けられたりしています。

そのため、法の整備がされている海外で卵子提供を受け、体外受精で妊娠、出産を行おうと考えるご夫婦も増えてきています。

Act Oneでは、海外での卵子提供、体外受精について現地と患者さまとの間に入って仲介し、複雑な手続き等はすべて行いますので安心してお任せください。

卵子提供や体外受精についてのいろんな相談に乗らせていただきます。
Act Oneでは、ハワイでの卵子提供、体外受精をおすすめしています。

もちろんハワイ以外の場所にもおすすめはあるのですが、ハワイは日本人に人気が高いリゾート地で、日本人もたくさん訪れていることから日本人向けのサービスが充実しています。

海外での治療はまず渡航しなければなりませんし、それが大変遠いところだと現地に行くだけで疲れてしまいますが、ハワイだと直行便がたくさん飛んでいますからアクセスはとても良いと言えます。

ハワイはご存知のように素晴らしい自然環境です。
そんな中でリラックスして治療が受けられるのですから、心身ともに健全な状態が保てます。

もちろん、ハワイの医療施設、医療技術ともに素晴らしいですから安心して卵子提供や体外受精が受けられるのでおすすめです。

卵子提供の場合は、誰でも受けられるわけではありませんので、その条件に合致しているかを確認してからになります。
主に卵巣に何らかの原因があって排卵が起こらないのであれば、卵子提供の適用になります。

ハワイでおすすめの病院では、医療観光にも力を入れています。
ですから医療技術や設備の水準は高く、多くの外国人が治療のために訪れています。

ハワイで治療を受けた外国の人たちは、十分満足できる対応だったと評判になっています。
治療を行いながら観光やショッピング、ビーチリゾートが楽しめるので、リラックスして治療が受けられます。

宿泊施設もホテルやコンドミニアムがたくさんあるのでおすすめの場所と言えます。

体外受精を海外で行うには

不妊治療は日本だけでなく海外でももちろん行われています。
海外で体外受精をするというのは、もちろん可能なのですが、渡航費や滞在費、それに治療費となるとかなりの出費が必要です。

baby040

通常の体外受精、つまり奥様自身の卵子とご主人の精子を使って行うのなら日本国内でも行える病院はたくさんあるので国内でも満足できる治療が受けられます。

海外へ行って体外受精を行うのは、卵子提供や精子提供を受ける場合です。

日本では卵子提供は法の整備がまだできていないので、積極的に行っているところはありません。
国内で行うとしたら、卵子提供は倫理委員会などによる認可が必要になり、不妊治療を専門的に行っている病院などで相談すると良いでしょう。

国内では匿名での提供者が見つかることは困難で、卵子提供を受けるのは姉妹などの親族に限られているようです。

海外では卵子提供は法的に認可されているところがあり、そちらへ渡航して体外受精を受ける方法があります。
海外で卵子提供による体外受精を受けるには専門知識も必要ですし、手続等も難しいので卵子提供プログラムをコーディネートしてくれるAct Oneにお任せください。

卵子提供や代理出産を海外でする日本人のために、サポートさせていただきます。
個人で海外の病院に行くのはなかなか難しいので、当社にぜひご相談していただければ安心して海外で不妊治療が受けられます。

海外で体外受精をするのは肉体的にも精神的にも大変ですが、心のサポートもしっかり行いますので安心して何でも相談してください。

日本で何度も体外受精に失敗しているからと、海外で体外受精を受けたいというご夫婦もいるようですが、海外で成功するとは限りません。

今では海外での体外受精を考えるのは、卵子提供などに限った場合のようです。
海外で体外受精を受けるにしても、かなりの費用が必要です。

病院での治療費の他に、滞在費や渡航費も必要になりますからそれらのことも考えて海外で受けるかどうかご夫婦で話し合うようにしましょう。

いろんな不妊治療をしてきたけれどなかなか子宝に恵まれないと悩む人は、わらをもつかむ気持ちで海外での治療を望まれるのでしょう。

そのお気持ちもよくわかりますが、費用と時間がかかるということも念頭に置いて検討するようにしてください。
決して簡単ではないということは理解しておきましょう。

これらは手続きも大変ですし治療が始まれば長期戦になる恐れがあります。
メリット、デメリットをしっかり理解してから決めるようにしてください。

体外受精の流れについて

不妊治療の中で、体外受精という方法がありますがこれはどのような流れで進められていくかを知っておきましょう。
まず、排卵させるのですが、排卵誘発剤やホルモン剤を使って排卵を促進させます。

baby055

卵胞を超音波で観察し、だいたい36時間後に採卵するようにします。
採卵の方法は、膣内に直接器具を入れますので、麻酔をして行われます。

ご主人の精子は、病院か自宅で採取したものを使います。
射精して2時間以内のもので、病院で遠心分離器にかけて良質の精子のみを選びます。

そして奥様の卵子とご主人の精子をシャーレに入れておき、受精を待つのです。
だいたい、3時間から12時間後くらいに受精卵になります。

受精卵の中でも良質なものを選び出し、それを子宮内に戻します。
細いカテーテルを使いますので、痛みはほとんどありません。

移植が終わったらしばらく安静にしておきます。
受精までした卵を子宮に戻すので、あとは着床してくれれば妊娠が成立します。

これが一連の体外受精の流れです。
しかしながら、成功率は100%ではありません。
だいたい2割から4割の成功率だと言われていますが、病院によってこの数字は違いますのではっきりとはわからないのが現状です。

卵子提供を受けて体外受精した場合でも確率はそれほど変わりません。
卵子提供での体外受精の場合は、海外で行うことになるので、渡航したり現地で病院に行ったりするのでそのあたりが日本で行う体外受精の流れとは違います。

海外だと言葉のことや医療のことについて不安なことがあるかもしれませんが、Act Oneではきちんとフォローさせていただいています。
安心して卵子提供、体外受精を受けていただき、無事妊娠、出産を迎えていただけるよう、最善の努力をさせていただきます。
不安なことや心配なことはどんなことでもお話しいただき、不安を無くして渡航していただきたいと考えております。
卵子提供の流れも詳しくお話しさせていただきます。

また、海外で卵子提供を受けて妊娠した場合、出産は日本の設備が整った病院でしてもらえますので安心です。
卵子提供で体外受精をするのはかなり不安だと感じるのは当然のことです。

流れはわかりやすくお話しさせていただきますので、どうぞ安心してこちらのオフィスにお越しいただければと考えています。

不妊治療は時間がかかるものですから、30代後半から40代になろうとしている女性の方々は、卵子提供も一つの方法と考え、前向きに検討してみてはいかがでしょう。

卵子提供は海外では法的に認められているものです。
ですから安心して受けていただけます。

卵子提供エージェントの選び方

卵子提供の妊娠率は7割以上とかなり高い確率であり、それを期待して卵子提供を希望するカップルが年々増えています。

日本では規制が多いため海外にて卵子提供を希望されるのですが、皆さま当社のようなエージェントに相談を頂いて、卵子提供を受ける病院、クリニックを決めています。

baby060

卵子提供希望者が増えていることもあり、当社ActOneのようなエージェントも増えてきているのですが、より良いエージェントを選ぶコツについて紹介していきたいと思います。

良いエージェントを見つけるための判断規準の一つが、まずは卵子提供に関してメリット、デメリットも含めた説明をしっかりしてくれるかどうかです。

卵子提供は高い妊娠率を誇ることから、良い面ばかりがクローズアップされがちですが、デメリットやリスクももちろんあります。
それも含めた卵子提供についての説明を聞き理解したうえで、治療を受けるかどうかを決めてもらうのです。

卵子提供を受けると決めてから、デメリットやトラブルが起こった場合、それを最初に説明してくれなかったエージェントに対して不信感が募るはずです。

それが卵子提供の妊娠成功率に悪影響を及ぼすこともあるのです。
メリットばかりを強調して卵子提供を受けるようにすすめてくるようなエージェントは信頼できないと思った方がいいでしょう。

当社では申込みを頂く前に必ずカウンセリングの時間を設けて、卵子提供の理解を深めてもらうための説明を実施しておりますのでご安心下さい。

しっかりとした実績や経験豊富なクリニックや病院を紹介してくれるエージェントも信頼が持てます。
卵子提供の成功率を上げるためには、クリニックや病院選びも重要なポイントになってきます。

若く健康な女性の卵子を使ったからと言って必ずしも妊娠できるとは限らず、それが卵子提供を行う病院やクリニックの技術と関連していることもあるからです。

卵子提供を受けるためには何百万円単位の費用が必要になります。
高いお金を払ったのですから成功してほしいと誰もが考えるでしょう。

成功率を上げるためにも適切な病院やクリニックを選んだ方が、納得いく結果が得られやすいのです。
当社はアメリカやその他の国にも提携している病院やクリニックがあるのですが、その中でも卵子提供の技術が優れている、経験豊富な病院、クリニックをピックアップして紹介できるようにしています。

金銭面での説明を明快にしてくれるエージェントも良いエージェントだと言えます。
当社でも必ずお客様に対して費用の内訳を開示しており、納得した上で卵子提供を受けて頂けるように努めております。

体外受精の費用はどれくらいか

不妊治療でタイミング療法、人工授精と進んでも妊娠しなかった場合の次のステップとして体外受精が行われます。
体外受精は奥様の卵子とご主人の精子を取り出して受精させ、受精が確認できたら奥様の子宮へ戻して妊娠を継続させていき、出産を迎えるというものです。

baby061

不妊治療は、基本的に健康保険が適用ではありませんので自由診療となり、自費扱いになります。

体外受精を行う医療機関のホームページなどを見てみると、かなり詳細にかかる費用を掲載しているところもあれば、だいたい○万円というような書き方しかしていないところもあり、様々です。

よく聞かれる声では、最初は50万円くらいだと聞いていたのに、いざ体外受精を行ってみると100万円くらいかかってしまったというような、予想以上に費用がかかったというものです。

体外受精は自由診療なのですから、いくらに設定しても問題はありません。
あるクリニックでは100万円かかるが、ある大学病院だと10万円台でできるというような差があるのはそのためです。

費用が高いから良い、安いからダメ、というわけではありません。
最初に聞いていた金額よりも多くかかったというのは、検査費や薬代が含まれていなかったケースがほとんどです。

どうして費用に載せないのかというと、人によって検査内容が違ったり、使う薬が違ったりするからです。
ですから、検査費用や薬代が上乗せされる可能性があると考えておきましょう。

自分の卵子で体外受精を行う場合は日本の病院で行えますが、奥様自身何らかの原因で排卵できない場合は、卵子提供を受けて体外受精を行う方法もあります。

日本では他人の卵子提供を受けて体外受精を行うのはほとんど行われていませんので、海外で行うことになります。
海外での卵子提供をスムーズに行えるように、Act Oneではそのお手伝いさせていただいています。

ハワイでの卵子提供は、だいたい600万円くらい、ロサンゼルスでは580万円くらいとなっています。
費用の詳細については、Act Oneでご説明さえていただいておりますのでお問い合わせください。

奥様自身の卵子が無い場合、子どもを諦めなくてはならないのかと悲観してしまうご夫婦がおられますが、健康な卵子提供を受けて妊娠、出産をされた方は多くいらっしゃいます。

Act Oneに登録している卵子のドナーは20代の健康な日本人女性です。
卵子提供は今はまだ海外でしかできないのですが、自分の子どもが持てるチャンスです。

子どもをこの腕に抱っこしたいと強く願っているなら、卵子提供を受けてみるというのも選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

50代で体外受精で妊娠は可能?

日本の初産の平均年齢は、30.1歳となりました。
初産が30歳を超えたということは、出産も高齢化していると言えそうです。

baby041

医学上、高齢出産と言われるのは35歳以上だと言われています。
しかし、40代で第2子、第3子を出産する人も増え、40代で出産すること自体、珍しいことではなくなりました。

体外受精でも、妊娠成功率は低くなりますが40代でも妊娠して無事出産している人は多いです。
また、長期に渡り不妊治療をしていて出産年齢が50代になるという人も多いです。

かなり昔だと50代で出産は考えられないものでした。
しかし今では卵子提供や代理出産などの方法があるので、50代で自分の子どもを持つことが可能になってきたのです。

女性が一番妊娠しやすい年代は、20代から30代前半です。
そこからは体が老化していくのと同じで、卵子自体も老化してきます。

毎月きちんと排卵していても、その卵子の質は高齢になればなるほど悪くなってしまい、受精できても着床しないとか、妊娠が維持できない状態になりやすいのです。

有名人で50歳を過ぎてから体外受精で授かって無事出産した人がいますが、この話は50代で子どもが欲しいと望むご夫婦にとっては希望が持てたことでしょう。

50代になって、自分の卵子を使うのが難しくなった場合、卵子提供を受けて体外受精を行うことができます。
Act Oneに登録されているドナーの卵子健康な20代の日本人女性です。

ですから安心して卵子提供プログラムに取り組んでいただけます。
健康な卵子とご主人の精子を受精させますので、成功する確率は高いです。

受精卵になれば奥様の体内に戻しますので後は妊娠を確認して出産へと向かいます。
出産は日本に戻ってしますので安心です。

ただ、50代で出産となるとリスクも伴いますから、設備の整った周産期医療センターなどで出産する方がよいです。
Act Oneではこれらの病院も紹介させていただきますのでどうぞご相談ください。

卵子提供で体外受精を行えば、50代で自分の子どもを持つことは夢ではないのです。
50代で子どもが欲しいなんて言ったら笑われるだろうか、諦めなさいと言われるだろうかなどは考えないでください。
今の医学は驚くほど進歩しています。

かわいい赤ちゃんを胸に抱ける日のことを夢見ながら前を向いて一緒に頑張っていけたらとAct Oneでは考えております。
しかし、卵子提供の体外受精については不安なところもあることでしょう。

心配や不安はクリアにしてから取り組みたいですから、いつでもAct Oneにご相談ください。

日本やアメリカなど卵子提供でかかる費用について

卵子提供を受けるにあたり、気になるのがその費用ではないでしょうか。
希望しているのになかなか赤ちゃんを授かれない時、まずは日本の病院やクリニックにて不妊治療を受けようと考えるでしょう。

baby053

そしてなかなか妊娠に至らず、それでもなお赤ちゃんを産むことをあきらめられない場合、卵子提供という手段を考えるケースが多いのです。

卵子提供は日本でも受けられるのですが、受けられる条件がかなり限られていることから、誰もが望めば受けられる治療ではありません。

そこで卵子提供を希望するカップルは、卵子提供の治療が受けられる海外へ出向いて治療を受けるのです。

ちなみにどこで卵子提供を受けるかによって、費用が大きく変わってきます。
日本国内で卵子提供を受ける場合の費用ですが、約100万円の費用がかかります。

国内で治療が受けられると言う安心感もありますし、渡航費や滞在費もかかりません。
また基本的に外国とは異なり卵子提供者に対して謝礼を支払う必要がないため、それだけ費用負担を抑えることが可能になります。

日本で卵子提供を受ける条件に該当しない場合は、海外にて卵子提供を受けるのですが、それが受けられる国は限られています。

今まで日本人が卵子提供を求めて訪れていた国はアメリカです。
アメリカは不妊治療に対して日本よりも先進的な考えを持っており、卵子提供や代理出産といった高度生殖医療をいち早く取り入れています。

そして海外から来た子供を望むカップルに対しても寛容で、外国人も卵子提供が受けられるため大勢のカップルが世界中からアメリカに卵子提供を受けにやってくるのです。

しかしながら費用が高額であり、卵子提供を一回当たり受けるのに500万円前後の高額な費用負担が生じてしまいます。

これだけ高額の費用を捻出できるのはよほどのお金持ちでない限り無理なのではないかと考える方もいらっしゃいますが、実際に当社に卵子提供の相談を受けにいらっしゃる方は、平均的な収入の方であるケースが少なくありません。

当社にも卵子提供を希望する夫婦がいらっしゃいますが、皆さん一生懸命貯金をしたり、御親族やご家族に借りるなどして卵子提供の費用を用意されているのです。

費用負担の安さが魅力となり、最近ではタイや台湾といった海外で卵子提供を受けるカップルも増えてきています。

アジアの国で卵子提供を受けた場合の費用ですが、200万円から400万円とアメリカで受けるよりはだいぶ費用負担を抑えられるのが魅力です。

アメリカは卵子提供の先進国であり、実績や経験を考慮してアメリカの病院での卵子提供を希望するカップルもいらっしゃいます。