act のすべての投稿

卵子提供による出産の体験談

不妊治療の末に、卵子提供の選択をされた方は治療の結果をどのように受け止めているのでしょうか。

卵子提供を受けての出産をされる方の多くは、四十代の女性です。

近年ではメディアの影響もあって周囲の認知度が高まり、三十代でも卵子提供プログラムを考える方も増えているようです。
皆様卵子提供を行うまでは、国内での不妊治療を行っておられていました。

babyandmama3

治療が10年にも及ぶ方もいらっしゃいます。
しかし卵子提供という治療に移行するきっかけは、母体の卵子の老化や採卵自体が難しくなってきたという理由が多く挙げられます。

さて国内には、卵子提供プログラムを行うエージェントは数多く存在しますが、卵子提供の施術を受ける先は海外になります。
欧米では卵子提供による不妊治療は法整備も進んでおり、一般的な不妊治療になっています。

また不妊治療の技術も最先端のものなので安心して任せることができます。
一方、日本国内では法の整備が進まず卵子提供を受ける条件が厳しいものとなっています。

また提供される卵子はエージェントによって多少の違いはあるようですが、ほとんどが日本人から提供されるものになるようです。

不妊治療とは言っても、やはり第三者から提供された卵子ですから、多少の抵抗はあるかもしれません。
しかし治療を受け、出産に至った方たちの体験談では、喜びの声にあふれています。

四十代後半の女性の体験談では、「十年近く国内にて不妊治療を行っていましたが、採卵もできなくなり卵子提供プログラムを受けることを決意した」と書かれていました。

この方は初回で妊娠することができ、夢だったお母さんになることが出来ました。

確かにドナー様の面影を感じることはあったようですが、日々子育てをする中で顔は変化するものですし、なによりご自分が産んだということで愛情が募りただただうれしいという報告です。

体験談では、ドナー様の面影を気にするようであれば、やはり日本人からの卵子提供を受けた方が良いだろうとおっしゃっています。

また体験談ではエージェントを選ぶ際、優先順位について、提供される卵子について国籍を考慮するのか、それとも成功率や渡航先、フォローを重要視するのか、これらは金額も含めて検討されたようです。

体験談の中には、卵子提供を受け、出産を行うまでは鬱々と過ごして来た方が多くいらっしゃいます。

お母さんになりたいという夢をお持ちでしたら、一度卵子提供プログラムを検討してみてはいかがでしょうか。

卵子提供を受けるおすすめな時期

子供を望む時、多くの方が子には夫婦二人の血を引きついでいて欲しいと願っています。
けれども長年不妊治療を続けていても、どうしても叶わない場合も少なからずあります。

その原因が例えばご自分の卵子に合った場合、ご主人の精子にあった場合などは、やむを得ず卵子提供を受けたり精子提供を受けたりして不妊治療に臨まなければなりません。

doctor2

では、そのタイミングに切り替える時期はいつが良いでしょうか。
日本では第三者からの卵子提供による不妊治療はいまだ法整備が進んでおらず、簡単には行えないようです。

海外で卵子提供プログラムを受けようと考えるならば、多額の治療費用がかかります。
また厚生労働省研究班の調査では、卵子提供を受けての出産には高い割合で母子に健康への影響があることがわかりました。

理由として母体の高齢化や、受精卵に対しての拒絶反応ではないかと推測されています。
このことから、健康で若い女性からの卵子提供を受けても、母体が高齢であればリスクが高くなってしまうことがわかります。

卵子提供プログラムを仲介するエージェントでは、高い成功率を掲げていますが、一方でこのようなリスクがあることも念頭に置いておきましょう。

国内での不妊治療を進める中で、どこかで区切りをつけ卵子提供へと区切りをつける時期が来るかもしれません。
本当にそれは断腸の思いで決断されることでしょう。

卵子提供プログラムを受ける母体の年齢層は40代が約半数以上を占めていますが、近年では30代の方も増え、メディアの影響もあってか時期が早められています。

母体のリスクを低く抑えるには、早めの決断が必要かもしれません。

また自分の卵子で何度もトライしても出産には至らなかったという場合や、着床しない、早期流産にすぐになってしまうといった方は、卵子提供プログラムを受ける時期を早めてみてはいかがでしょうか。

アメリカでは卵子提供プログラムに関して、法律の整備が行われており、約20年以上も前から不妊治療の選択肢のひとつとなっています。

海外での施術だから心配という不安はむしろ杞憂です。
卵子プログラムを提供するエージェントは国内に複数存在しますし、そのどれもが高い成功率を収めています。

また施術するクリニックは、医療技術を精査した上で選ばれています。
施術先の治安も考慮されていますし、ご夫婦の精神的なサポートも得られるようになっています。
言語のサポートもあります。

また卵子提供プログラムに関する情報も多く存在しています。
後はプログラムを受ける時期を決断するだけではないでしょうか。

卵子提供プログラム実施先のクリニックについて

Act Oneでの卵子提供プログラム先は、ハワイ、ロサンゼルス、サンディエゴ、マレーシアと多くの選択肢が用意されています。

ハワイでの卵子プログラム実施をする場合、治療目的だけではなく心身のリフレッシュも同時に行える観光地です。

ハワイは日本人が良く訪れることもあり、現地では日本語を話せる方が多くいます。

baby26

そのため、言葉の壁による精神的負担も少なく、治療のための滞在期間は一週間と長期間ですが、気持よく過ごすことができます。

ハワイで卵子提供プログラムを受けるファーティリティー・インスティチュート・オブハワイでは不妊治療と体外受精において20年以上もの実績を持ち、なおかつ不妊治療の最先端技術を持っています。

卵子提供の施術先のひとつであるロサンゼルスでは、日本人・日系人が多く住んでいます。
そのため日本食やサービスが充実しており、海外の食事が苦手という方でも滞在しやすい場所となっています。

また少し移動すれば、遊び場も充実しています。
例えば、ディスニーランドやユニバーサルスタジオなど卵子提供プログラムの前後に、こうしたところで楽しい時間を過ごすことも心身のためには必要です。

卵子提供プログラム実施クリニックは、ザ・センター・フォー・ファーティリティーアンドガイナコロジーです。
2009年に全面改装したクリニックであり、高度な不妊治療の技術を持つだけでなく、不妊治療を受けるご夫婦の心身をサポートする癒しの空間を演出しています。

またこのクリニックでは、ドクターだけでなくスタッフも多言語を習得していますので、治療に不安な点がありましても、すぐさま対応が可能です。

このような配慮は、不妊治療を行うご夫婦だけに向けられたものではなく、卵子提供者対してもスムーズな採卵に向けてコミュニケーションを重要視しています。

それはこれらが高い妊娠率に影響を与えることだと考えているからです。

マレーシアも卵子提供プログラムを受けることができる場所です。
近年ではアジア圏での卵子提供は法律改定により困難になってきています。

Act Oneが提供するマレーシアでは、ハワイなどよりも費用を抑えて施術を行うことができます。
だからと言って不妊治療技術や衛生面に妥協はありません。

治安についても、Act Oneでは充分に調査の上、クリニックを選定しています。
またマレーシアでは医療観光協会を設立して、外国人の受け入れもスムーズに行っています。

このようにAct Oneが提供するクリニックは、治療技術だけでなく、治安についても充分調査を行い最後まで治療を気持ちよく終えることができるように配慮を重ねています。

卵子提供による妊娠率2016

海外で受ける卵子提供プログラムは、総じて高額です。
一般家庭であれば、何十回とトライすることのできない金額になります。

Act Oneでは卵子提供による海外での施術は、治療に必要な費用を含めてだいたい600万前後になります。
しかし残念なことに、Act Oneだけでなく他のエージェントを介しても、卵子提供による妊娠率は100%ではありません。

docor02

卵子提供プログラムを実施するエージェントは、数多くあります。
必要な費用も、対応地域もそれぞれ違います。

エージェントによっては、卵子提供するドナーの国籍を日本以外の国も含めているところがあります。
そして一回目での成功率は、約75%~80%前後となっているようです。

この成功率をどう見るかということですが、卵子提供を受けない方の妊娠率は一周期(生理周期換算)あたり約20%になります。

ドイツの研究データでは、子供を望む夫婦の営みを開始して約半年で妊娠率が80%を超えています。
ただし、これは平均値であり、女性の年齢が上がるごとに妊娠するまでの期間が長くなっているようです。

このことから、人間の妊娠率は低いことがわかります。
なぜならば、精子と卵子に染色体異常があればたとえ受精したとしても、着床まで至らなかったり、早期流産に繋がったりするからです。

この染色体異常は、健康な身体を持っていたとしても少なからずあることです。
妊娠という事象は、状態のよい卵子と精子が出会った時にしか起きない素晴らしい奇跡です。

逆に言ってしまえば、状態の良い卵子と精子が出会わなければ妊娠・出産までの道のりは遠いと言えます。

また国内での体外受精新鮮胚移植で手術を行った妊娠率は約40%となっています。
卵子提供による成功率と大きな隔たりがあります。

これは卵子提供者の年齢を30歳前後までと制限を設けられていることも少なからず関係しています。
つまり国内で自分の卵子を使用しても、母体の年齢が上がれば妊娠の確率がぐっと少なくなってしまうのです。

このことから、卵子提供による体外受精は質の良い卵子と精子を受精させることになりますので、妊娠率は高いと言えます。

Act Oneでも卵子提供者には年齢制限を設け、心身が健康であることを前提にしています。
性病などの感染症を発症している方や、遺伝的な疾患を持っている方は対象にしていません。

また心身が健康という条件なので、精神安定剤の服用や、アルコールなどの依存症の方は採用されておりません。
また妊娠・出産の実績がある方を優遇していますので、卵子の質は良いと言えるでしょう。

卵子提供による海外での不妊治療の費用

Act Oneでは卵子提供による不妊治療の費用は明確に設定されています。
費用の内訳は、治療に必要なすべてが入っています。

海外で体外受精の施術を行うAct Oneでは、渡航先がロサンゼルス、ハワイ、サンディエゴ、マレーシアと多くの選択肢があります。

baby019

現地には日本人のスタッフがおり、施術に関する説明やサポートを受けることが可能です。
例えばハワイで卵子提供による不妊治療の費用は、契約時に半金を払い、ドナー決定時に残金を支払うというシステムです。

全額で600万となり、それ以上の費用は発生しません。

この卵子提供プログラムに含まれる項目は、着床前診断、アシステッド・ハッチング、受精卵凍結保存料、顕微受精費用、精子凍結保存料など他にも治療プログラムを実行するうえで必要な項目すべてが含まれています。

また、ドナーに関連する費用や、治療計画費用もこの中に含まれています。
ハワイは観光地にもなっており、気候や治安が良いだけでなく、ご夫婦にとって精神的な癒しを得られる場所でもあります。

尚、ハワイ以外の場所での施術する場合は、多少金額が変わります。
また金額は為替レートの変動により上下する可能性があります。

これに対して、明確に費用が決まっていない項目は、現地までの渡航費用や滞在費用です。
また日本国内で診察や検査をする場合は、実費になります。

また二回目以降の凍結した受精卵を移植する場合も費用が新たに発生します。

Act One以外のエージェントによる海外での施術は、約550万前後となっています。
しかしこれには、Act Oneに含まれる項目が、実費に設定されていたりします。

また、これより安価なところがあっても、内訳項目を見ると必要な費用が含まれていなかったり、出産後の精神的なケアまで請け負っていなかったりとするところもあるようです。

サービスや含まれている項目を比較検討すると、支援団体の中でもAct Oneは良心的で明確な金額設定ということがわかります。

海外で卵子提供を行っているエージェントを選ぶ場合、いくつかの選択肢があり、常にリスクが少なく安全に行えるかが問題になってきます。

ドナー登録数もそれぞれ違いますし、対応している地域もエージェントによって違います。
金額も高額になりますので、エージェントの見極めは慎重に行いたいものです。

近年では卵子提供を受けての出産も多くなっています。
クチコミサイトや比較一覧表にまとめたサイトもあるようです。

このようなサイトを参考にするのも良いですが、やはり事前のカウンセリングや料金設定などが明確で、なおかつ親身になってくれる所が安心できるのではないでしょうか。

Act Oneでの卵子提供における治療の流れ

卵子提供は不妊治療の一つです。

第三者から卵子提供を受ける条件は、まず卵子を受ける母体が他の不妊治療を施しても子供を授かれない場合や、卵巣を摘出することにより卵子が作出できなくなった場合です。

baby30

そして卵子提供を受ける方法として、専門の機関や支援団体に登録をすることが挙げられます。
Act Oneも卵子提供エージェンシーの一つです。

Act Oneは、海外で施術を行いますが、提供される卵子はすべて健康な日本人のものです。

体外受精の治療の流れは、通常の不妊治療から始めます。
つまりいきなり卵子提供を受けることはできないのです。

冒頭でも記述した通り、卵子提供は一般的な不妊治療の最初のステップで用いられるタイミング法や人の手を使って精子を直接膣に注入し、それでも結果が得られなかった場合に進むことができる治療方法です。

一般的な不妊治療は国からの補助金も出ますが、高度生殖医療では補助がありません。
そのため、治療の時間の経過と共に医療費がかかってしまいます。

体外受精も高度生殖医療です。
ですがこの体外受精には、卵子と精子の質によっては妊娠・出産までには至りません。
そこで第三者の卵子や精子を使って体外受精を行うのですが、日本ではいまだに法の整備が整っておらず海外での施術を望むご夫婦もいるのです。

Act Oneでは施術を受ける渡航先の国やクリニックも厳選しており、ハワイやロサンゼルス、サンディエゴなど、選択の幅もあります。

Act Oneでの治療の流れは、ご夫婦に安心してプログラムを受けられるよう、詳細な面談から始まります。
また治療先はAct Oneのスタッフであり、日本人女性です。

言葉の壁で治療に支障が出ないようサポート体制も充分に整っています。
また、卵子提供プログラムの実施だけでなく、子供を出産した後のサポートも充実しています。

本来、妊娠出産は喜ばしい事なのですが、卵子提供を受けての出産では、他の心配も出てきます。
子供への告知についてもその一つでしょう。

Act Oneでは治療の流れに関するサポートだけではなく、ご夫婦だけでは糸口が見えない心の問題にも寄り添うようにサポート体制を整えています。

これらは同じ卵子提供により子供を授かった方たちとの情報交換や、互いに共感することによりご夫婦の絆を深め、今後の精神的な支えになっていきます。

Act Oneでは、このように卵子提供による治療だけでなく、ご夫婦の気持ちに寄り添い、最後までサポートしてくれるという安心感まで提供してくれるのです。

日本における卵子提供の現状2016

卵子提供は、不妊治療の選択肢の一つです。
不妊治療には、一般不妊治療と高度生殖医療に分けられます。

卵子提供は高度生殖医療の体外受精にあたります。
子宮の外で卵子ドナーの卵子と夫の精子を顕微受精させ、細胞分裂し胚盤胞となった卵子を子宮内に戻す方法です。

baby042801
卵子提供は治療を受ける奥様の卵子を使わずに、若い20歳台の卵子ドナー(エッグドナー)から提供された卵子を使って体外受精を行うので、それだけ妊娠する確率が高くなるのです。

近年の卵子提供の増加の背景には、晩婚化による卵子の老化の影響があります。奥様の卵子が老化するために体外受精を行っても胚の分割が進まずに妊娠・出産まで至らないケースが増えているのです。

欧米ではすでに法整備が行われ、卵子提供は一般的なものになっており、40歳以上の治療者は、卵子提供の治療を受ける対象者となっています。

しかし日本の卵子提供の現状は、すでに実施している病院があるにもかかわらず法の整備がありません。
法整備が行われていない故に、周囲の理解が乏しいと言えます。

卵子提供については、さまざまな報告書が書かれています。
日本産婦人科学会では1983年に、法律上の夫婦間以外の体外受精については、認めないという会告が出されています。

この会告は今も日本産婦人科学会の公式な見解になっています。一方2003年に厚生労働省の審議会が出した報告書では、法整備を条件に匿名の第三者からの提供を容認するとしています。

ですが肝心の法整備はいまだなく、卵子提供を望む夫婦の中には、日本での施術を諦め、海外での施術を希望する方が増えてきました。

日本人が海外に卵子提供を求めて渡航する人数は、年々増加しており、平成24年度厚労省研究班での調査では、年間300人から400人と推計されています。

これは平成21年度のおよそ三倍と言われています。卵子提供を受けた女性の出産年齢の平均は45.2歳となっています。

このような状況から、海外での卵子提供を支援する団体が日本国内に多く設立され、海外の支援団体も国内に進出しています。
支援団体があるおかげで、日本人が海外で卵子提供を受けることは情報量も含めて、今は安心で信頼できるものになっています。

ただ問題もあります。若い女性の卵子ドナー・エッグドナーへの理解は進んでいるとはいえ、現状では米国などと比較して、まだまだ浸透しているとは言い難い状況がありますし、海外で卵子提供を受ける場合の費用の問題もあります。

子供が欲しくとも自分の卵子では子供を持てない女性にとって、卵子提供は最後の選択肢の一つです。

アクトワンではお子様の誕生を望む全てのご夫婦に、信頼できて安全な卵子提供プログラムを提供しています。
ぜひ一度ご相談下さい。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b

アメリカで卵子提供を受けるのと、養子縁組の違い

日本で不妊治療を長らく続けてもなかなか妊娠に至ることができない、しかしながら子供を持つことをあきらめられないご夫婦は少なくありません。

長年不妊に悩むカップルには養子縁組という選択肢を考えるケースも見られます。

自分たちの子供を持ちたかったけれど、それをあきらめて養子をもらって自分たちの子供として育てるのです。
養子をもらうと言う選択肢もありますが、自分たちの子供を持つ可能性が全くなくなったわけではありません。

それは卵子提供という方法があるからです。

baby062

アメリカなどに卵子提供を受けにくる日本人カップルが増えているのですが、その理由として本当の自分の子供を持つことができるからです。

アメリカでの卵子提供でかかる費用は平均して500万円前後と決して安くはないのですが、皆さん費用を工面してアメリカに卵子提供を受けにやってきます。

そこまでして自分たちの子供にこだわるのはなぜなのでしょうか。
一つは日本では養子に対する理解がまだ得られにくく、血縁を重視する考えが根付いているからです。

国によって養子縁組は決して珍しいケースではなく、アメリカでは養子縁組によって親子となる事例も少なくありません。

そのため世間的にも養子をもらうこともそれほど稀ではないのですが、日本ではまだまだ養子縁組をするケースが少なく、それが原因でお子さんが嫌な思いをしたり、いじめにあうようなことも聞きます。

卵子提供では第三者の卵子を提供してもらって妊娠出産に至るのですが、それでも親子の血縁関係は築くことができます。

アメリカで卵子提供を受けたと言う事実を周りに告げなければ、他の方が卵子提供を受けたとは知ることはないでしょう。

また将来的に自分のお子さんに卵子提供によって生まれたという事実を知らせない限りは、お子さんもご両親の本当の子供として過ごすことができるのです。

アメリカなどで第三者の卵子提供を受けて妊娠出産に至るのですが、自分の子宮で赤ちゃんを育てるため、自分の子供という意識が強く芽生えてくるのです。

養子の場合は既に誕生した子供を迎え入れるため、自分たちの子供という意識が芽生えてくるまで多少の時間がかかってしまいます。

卵子提供では第三者の卵子提供を受けたことで、母親の遺伝的要素はほとんどありませんが、精子は父親のものを使いますので、遺伝的つながりを持てます。

そして母親も自分の体で子供を育てて出産することによって、母親になった自覚が芽生えるのです。

アメリカでの卵子提供のメリットはストレスが緩和されやすいこと

卵子提供先としてアメリカが選ばれる理由の一つが、精神的に癒される効果が高いということも考えられます。

アメリカは本土だけでなくハワイも含めて日本人にとって人気の高い観光スポットがたくさんあります。
環境が変わったことによって、妊娠しやすくなる方は少なくありません。

アメリカに卵子提供を受けにくる方の多くが、日本で何年も不妊治療を続けてこられたカップルです。

baby0509001

平均で日本にて5年から10年治療を受けてきたけれど、期待するような結果が得られず、卵子提供に望みを託してアメリカにやってくるのです。

日本でも体外受精などに挑戦したものの、失敗して妊娠できないケースが多く見られます。

不妊治療はこれをやったからと言って絶対に妊娠するといった明確な治療法が見つからないためいろいろと努力しているにも関わらず妊娠できないと、ストレスばかりが募っていきます。

何年治療をしてもなかなか妊娠しない、周りの友達がどんどん妊娠していく、ご両親や親せきからの妊娠を期待する声などがストレスとなっていきます。

このストレスがさらに妊娠を遠ざける原因にもなるのです。
ストレスが募るとホルモンバランスが乱れやすくなり、妊娠しづらくなってしまうからです。

よく不妊治療を休んだ、辞めたら妊娠したというのはこのストレスから解放されたからです。

日本人がアメリカで卵子提供を受ける際に人気なのが、ハワイやカリフォルニア州です。

ハワイやカリフォルニア州は現地に住んでいる日本人も多く、一年を通して温暖な気候であること、比較的日本語が通じる場所もあることからストレスを緩和させるのに適した環境が整っているのです。

さらにはカリフォルニア州やハワイには観光スポットも大変多く、卵子提供を受けにアメリカに来るカップルの多くが、第二の新婚旅行のような気分で現地での観光を楽しんだりするのです。

またハワイやカリフォルニア州は、日本からの直行便も多く、アクセスがしやすいのです。

アメリカで卵子提供を受ける場合は、最低でも二回は現地の病院、クリニックを訪れる必要がありますので、アクセスが良いのは助かります。

また直行便を飛ばしている航空会社も複数から選べますので、マイルをためているなどの理由で航空会社を選ぶこともできますし、時期によっては格安チケットを手に入れることも可能です。

こういった環境で卵子提供を受けることで、日本で受けてきたストレスが緩和されて妊娠につながりやすくなります。

アメリカで卵子提供を受けている方とは

日本で卵子提供を受けることができるのは、病気などが理由で早期閉経が起こってしまったなどの理由で妊娠の可能性がない方に限られています。

しかしながらそれ以外のケースでも諸事情により妊娠するケースが難しく、卵子提供を必要としている患者さんが非常に多いのです。

そこで皆さんアメリカなどの海外に渡り、卵子提供を受けるのです。
卵子提供を必要としている方、アメリカなどで卵子提供を受けた、これから受けようと考えている方はどのような方がいるのかをご紹介していきます。

ninpou0428006

卵巣機能が弱っている方も妊娠しづらいため、アメリカでの卵子提供を希望されている方が多く見られます。

卵巣機能が弱っていると、たとえ年齢が若くても質のいい卵子を作ることが難しくなり、妊娠しづらくなっています。
そういった方は生理周期がバラバラであったりと生理が定期的に起こらず、妊娠しづらくなっています。

早期閉経の症状が見られない限りは、日本で卵子提供を受けることができませんので、アメリカに渡って卵子提供を受けることになります。

また妊娠できる可能性を持ち合わせていながら、卵子提供を受けるケースも見られます。
それは自身に遺伝的な疾患がある場合です。

もしも自分の卵子で子供ができてしまった場合、その遺伝的疾患が生まれてくる子供に受け継がれてしまう危険性が考えられます。

第三者の卵子を提供してもらえる卵子提供なら、遺伝的な要素もしっかりと調べた上でドナーを選ぶこともできるので、遺伝的疾患を受け継がない子供を持つことが可能になります。

このようなケースも国内にて卵子提供を受けることができないため、アメリカなどの外国にて卵子提供を受けることとなります。

他にも病気で化学療法や放射線治療を受けたことがある女性も、卵子提供を希望されるケースが見られます。
化学療法や放射線治療を受けると、体に何等かの悪影響が出てくる可能性が高く、それが生まれてくる子供に影響を与えかねません。

そこで健康な第三者の卵子提供を受けて、妊娠することを希望するのです。
他にも病気で卵巣を失ってしまったものの、子宮だけが残っている女性も妊娠を希望してアメリカなどで卵子提供を希望されているケースもあります。

さらには未婚の女性で卵子提供だけでなく精子提供も希望されている方でもアメリカにて、卵子と精子の両方を提供してもらうために渡米するケースもあるのです。

皆さん様々な事情で卵子提供を受けています。