PIO筋肉注射マニュアル

       
PIO筋肉注射

PIO筋肉注射の準備と打ち方(2018年)

ハワイで卵子提供を受けた奥様が、PIO筋肉注射のマニュアルを作成してくれました!

(準備するもの)注射器、薬の瓶、針が2本(黒と青)、アルコール消毒パッド

(注射器のセットの仕方)

1. 薬の瓶を出して、アルミのカバーを取る。
2. 薬の瓶の蓋のゴムを取り、消毒する。
3. 注射器の袋を上から開ける。
4. 最初に黒い針を使用する。針を時計回りにしっかりと捻って注射器に接続する。
5. 内筒を下げて1cc少し下まで空気を入れる。
6. 針が長いので、針の蓋を押し込んで引いて外す。

(薬の注入方法)

1. 針を薬のゴムの部分に刺して、注射器の空気を瓶にいれる、つまり、注射器の空気を抜く。
(薬が少なくなったら瓶を上にして空気を入れる)
2. 薬の瓶を上にひっくり返す。
3. 注射器の内筒部分を引いて、黒いゴムの上のところが1.1mlになるように内筒を下に引いていく。
4. もとに戻して(瓶を下にして)針を抜き、針にキャップをする。
5. キャップをつけた後で針の部分を上にして、内筒を下に引いて空気を入れる。
6. 針のキャップごと反対方向にひねって、針を取る。
※針は医療破棄しないといけないので(普通に捨てられない)、
治療で使用したといって針をクリニックに持っていて処分してもらう。
針がない注射器は通常通り廃棄できる。
7. 体に刺す青い針を取り出して、同じように注射器にねじって取り付ける。
8. 空気を抜くために一旦内筒を下げてから、ずっと上にあげて針に一滴薬がつけば良い。
(準備完了)

(体に注射する方法)

1.立った姿勢で注射を打つ。注射を打つ側のお尻の足を出してだらりとリラックスする。
注射を打つ人はお尻を縦半分にして、左手の親指がお尻の割れ目の先頭に来るようにして(左手の人差し指が縦半分の位置)、腸骨からずっと親指の付け根に線を引いて、その3分の1にあたるところに注射を打つ。
力まずにリラックスする。
※注射をするお尻の位置についてはクリニックの資料を参考にすること。
2.アルコールで注射をする箇所を消毒する。よく乾かす。
3.針のキャップを押して取り外す(針が長いので気をつけること)。
4.90度に針を全部入れる。
5.しびれがないか聞く。しびれがあれば、神経に刺さっている。
6.血管に刺していないか確認するために、軽く内筒を引いて血液がでないか確認する。
7.出血しなかったら、そのまま内筒を押せるスピードで押していく。
8.全部押したら、5秒数えて、すっと抜いていく。
9.アルコール消毒パットを使って血が出ていたら、15秒ぐらい押さえる。血が出ていなかったら、親指の付け根でしっかりと20回から30回マッサージする。

※毎日打つとだんだん硬くなるので、左右交互にお尻を注射する。
※お尻が毎日注射して痛くなったら、お尻を休ませながら週3回は継続する。