COVID-19 ハワイ州の最新情報〜事前検査プログラムの導入について

       
卵子提供ハワイ

COVID-19(新型コロナウィルス)の影響でハワイへの渡航が困難となり、すでに長い月日が経過しています。

アクトワンで卵子提供プログラムを契約し、これから初診をむかえる予定であったレシピエントご夫婦の皆様、採卵のために渡航予定であったエッグドナーの方々、凍結胚移植のために渡航予定であった奥様方、みなさまにはプログラムの途中で長らくお待たせすることになってしまい、アクトワンとしても心苦しく思っております。

本日は、ハワイ州の新型コロナウィルスへの対応についての最新情報をお伝え致します。

ハワイ州は、ハワイ時間2020年10月15日(木)から開始されている、ハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する事前検査プログラムの検査対象に、米国以外で初めて日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を承認しました。

ハワイ到着後の自己隔離を免除するためには、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関にて、新型コロナウイルス感染症の検査を行い、ハワイ州指定の陰性証明書を発行してもらい、入国時に提示する必要があります。

現在、ハワイ州保健局は、日本の様々な医療機関と協議を重ねており、指定医療機関が確定次第、日本向けの事前検査プログラムの開始を発表する予定です。
日本向けの事前検査プログラムが開始されるまでは、引き続きハワイ到着後に14日間の自己隔離が必要です。
ハワイ州は、日本政府と協力しながら事前検査プログラムの充実を図り、日本からの旅行者がハワイへ渡航しやすい環境を整備していきます。



以上のような内容です。
今後具体的に日本の医療機関が指定されて、その医療機関が発行したコロナウィルス感染の陰性証明書があれば、ハワイでの14日間の隔離が免除されます。
この決定が旅行者についても対象としていることが、よかったと思います。
1歩前進ですね。

日本政府も国際間の相互主義の原則に基づいて、早急に、ハワイからの帰国者について、日本での自宅等の14日間の隔離措置を免除する決定をして欲しいものです。
PCR検査で陰性証明書を発行することができる、対象の医療機関の発表など、今後の動向が注目されます。

以下は、みなさまの情報収集のツールとしてご活用ください。

ハワイ州保健局が日本の指定医療機関名を公表した後、「ハワイ州保健局 COVID-19情報サイト」 (https://hawaiicovid19.com)及び、ハワイ州観光局公式ポータルサイト「allhawaii」内の「ハワイ州新型コロナウイルス情報サイト」に随時公開していきます。指定医療機関の情報開示とともに、ハワイ州指定の陰性証明書サンプルも同サイト内に掲載する予定です。

【厚生労働省認可の核酸増幅検査】
核酸増幅検査(英: Nucleic acid Amplification Test、NAT)は、ウイルス遺伝子を構成する核酸(DNAまたはRNA)の一部を増幅して検出する検査法であり、PCR検査も核酸増幅法のひとつです。 厚生労働省サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11331.html

【ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト】
ハワイ州観光局が管理するハワイ州新型コロナウイルス感染情報の特設サイトです。感染状況や統計データ、ハワイ旅行前に必要な手続き、旅行中の感染防止対策、安全ガイドライン、観光施設の感染防止対策への取り組み、衛生安全対策動画、よくある質問などを掲載しています。
ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト:https://www.allhawaii.jp/covid19/