タグ別アーカイブ: チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞の方は卵子提供による妊娠も選択肢

         
子宮内膜症と卵子提供

あなたには我慢できないような生理痛はありませんか?
例えば、あまりの痛みで吐き気をもよおすとか、痛くて日常生活を円滑に送れないとか、痛みのために寝込んでしまうとか、その痛みが生理のたびに、だんだんと強まっていくなら、あなたはチョコレート嚢胞の可能性がありますので、早めに婦人科を受診しましょう。

チョコレート嚢胞を知っていますか?

チョコレートというとお菓子を連想して、甘くて美味しいイメージですが、このチョコレート嚢胞(正確には卵巣チョコレート嚢胞といいます)は全くそんな甘いイメージとは違う卵巣の病気です。
チョコレート嚢胞は女性の「生活の質」を低下させる婦人科疾患の1つなのです。超音波検査(エコー)やMRI検査で診断することができます。
チョコレート嚢胞は子宮内膜症の一つで、卵巣の内部に子宮内膜症が発生したものを言います。
子宮内膜は子宮の内側にある組織で、受精卵がうまく着床できるように、女性ホルモンの影響で厚くなりますが、妊娠が成立しない場合は月経血とともに子宮から排出されます。
この子宮内膜が何らかの原因で卵巣内部にできるのがチョコレート嚢胞です。
卵巣内で増殖した子宮内膜からは月経ごとに出血が起こり、出血は卵巣に貯留して囊胞を形成します。
古くなると子宮内膜と血液は酸化して泥状に黒っぽくなり、溜まった内容物の見た目がチョコレートのようになるので、チョコレート嚢胞という名前がつきました。

チョコレート嚢胞は不妊の原因

実はチョコレート嚢胞の原因はよく判っていません。月経血が腹腔内に逆流するためだとか、腹膜が子宮内膜のように変化するため、とか様々な説がありますが、これらで説明できないケースもあります。
女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の作用で子宮内膜は増殖しますので、エストロゲンの分泌量が増加する20~30歳で発症しやすく、妊娠・出産ができる年齢の女性の約10%に子宮内膜症が発症するといわれます。
卵巣が腫れ上がって排卵が起こりづらくなる上に、卵巣内の血流の減少もあって卵胞の発育が阻害されます。また、子宮内膜症の炎症によっておこった癒着が卵管に波及すると、卵管がくっつき閉塞するので、せっかく排卵が起こっても精子と卵子が出会えなくなったり、受精卵が子宮へと到達できなくなって不妊となります。
チョコレート嚢胞がすぐに不妊症を引き起こすわけではありませんが、放置しておくと不妊のリスクが高まることは確かです。チョコレート嚢胞の女性の50%は不妊とも言われています。

薬物治療もある
薬物治療もある

チョコレート嚢胞の治療法は?

治療法には薬物療法と手術療法があります。薬物療法には、「低用量ピル」、「プロゲスチン経口剤」、「GnRHa療法」などがあります。
いま現在妊娠を望んでおらず、4cm以下のチョコレート嚢胞の女性には低用量ピルが最適です。副作用が少なく、長期間使用できるからです。
肥満・高血圧・糖尿病などの症状のある女性にはプロゲスチン経口剤を投与します。
痛みは取れますが、不正出血やほてりなどの副作用があります。
薬物療法ではホルモンの分泌をコントロールするため、同時並行で妊娠を希望するのは難しくなります。そこで、妊娠を希望している女性で3~4cm以上の卵巣チョコレート嚢胞の女性では、年齢及び子宮内膜症の進行度により、手術よりも不妊治療を優先することもあります。
手術は腹腔鏡下手術が主流です。卵巣を温存する場合は嚢胞部位だけの摘出や癒着部位の剥離、病巣を焼き切るなどします。
術後5年間で約30%の症例にチョコレート嚢胞が再発するので、術後早期の妊娠、再発予防の薬物療法を含めた術後管理が大切です。
チョコレート嚢胞は良性腫瘍である場合がほとんどですが、そのうちの1%程度はがん化することがあります。
40歳以上や嚢胞の直径が5cm以上では卵巣がんを合併しやすいといわれ、10cmをこえると卵巣がんは急増すると報告されています。40歳以上で妊娠を希望しない場合や、悪性腫瘍が疑われる場合には、卵巣、卵管、子宮を摘出することもあります。
このようにチョコレート嚢胞は放置しておくと不妊の原因になるだけではなく、癌化して命にかかわることもある病気です。
気になる方はすぐにでも婦人科を受診しましょう。それがチョコレート嚢胞の早期発見・早期治療につながります。
チョコレート嚢胞の早期発見・早期治療は、あなたの人生設計や、あなたの生活の質の向上にプラスになるのは間違いありません。

チョコレート嚢胞の方は卵子提供も選択肢

このように、チョコレート嚢胞が原因で、卵巣機能が低下して卵子がうまく育たない場合や、根治治療のために卵巣を全摘する手術を受けた場合には、卵子提供による不妊治療も選択肢となります。
卵子ドナーから卵子の提供を受けて、パートナーの男性の精子を受精させて受精卵を作り培養します。
こうして得られた胚盤胞にPGS(着床前スクリーニング)を行うことによって、染色体異常のない胚のみを凍結保存します。
PGSを行うことで、流産のリスクを下げることができるからです。凍結された卵子は、半永久的に保管が可能です。
あたなはご自身の体調、子宮内膜症の治療の経過や、ホルモン剤による子宮内膜の調整などの様々な要因をクリアしながら、万全の状態を作ってあなたの子宮に受精卵を移植するタイミングを計ることができます。

赤ちゃんとママ
赤ちゃんとママ

アクトワンの海外での卵子提供プログラムは、その成功率も高いので、あなたのチョコレート嚢胞の状態次第では、手術による治療を進めてから、卵子提供によって赤ちゃんを授かるという方法も選択できるのです。
チョコレート嚢胞とまさに闘っている女性にとって、最終的に妊娠・出産することを選択できる方法が残っていることは、激しい痛みや再発の恐れを取り除くための、今後の治療方法の選択に大きく影響を与えますし、治療を受けるあなたの気持ちにも少なからずプラスに作用すると思います。
アクトワンでは個別の無料相談会を随時開催して、たくさんの方に門戸を開いています。あなたとあなたのパートナーを取り巻く状況は様々で、一様ではありません。
だからこそ、卵子提供について検討してみるのもいいかも知れません。
そんな時にアクトワンの無料相談会に出向いて、卵子提供についての詳しい話を聞いたり、プログラムの流れを確認したりすることは、将来的な選択肢を増やすことに繋がるのです。