卵子提供プログラムの流れ

ロゴ01 マレーシア医師 image ハワイドクター2
 

アクトワンでは卵子提供を受けるご夫婦とご協力頂いたエッグドナーさんへ、
少しでもストレスを軽減してリラックスした状態で卵子提供プログラムを受けて頂けるよう努めさせて頂いております。

卵子提供スケジュール

1.弊社webサイトまたはお電話よりお問い合わせ

2.会員登録・相談・面接日を決定
 ・ご相談は無料です。

3.Act One 東京オフィスにお越しいただいての個別面談
 ・面談後会員登録とクライアント情報の登録を行います。

4.弊社とご契約
 ・詳細事項の説明、相談、質疑応答などを経て、卵子提供プログラムを十分にご理解いただいた上でのご契約となります。

5.ドナーの選択 
 ・写真やプロフィールを見てドナーを選びます。

6.日程調整をしながらドナーを決定
 ・ハワイをご希望される場合はご夫妻の一次渡航(診察)においてクリニックより受入許可を取得してから
  ドナーを選択します。
 ・第5候補までを挙げて戴きます。
  プライオリティの高いドナーさんより順番にご連絡致します。

7.ドナーは日本の病院で検査してから渡航準備
 ・卵胞数・ホルモン値・感染症等の検査実施します。
 ・クリニックへドナーとして受け入れ可能の可否を問います。

8.ご夫婦が海外へ一次訪問
 ・ご主人様の精子の採取・凍結
 ・奥様の検査を行います。
 ・移植周期に内膜を整えるための薬の処方をします。

9.ドナーが渡航
 ・ドナーは現地に18日間ほど滞在して採卵します。
 ・排卵誘発剤を毎日注射して採卵後に帰国。

10.顕微受精
 ・精子と卵子を受精させます。
 ・希望があれば着床前診断します。二次渡航の際のドクターとの面談 でご決定ください。
 ・5日間くらい受精卵を培養します。
 ・胚盤胞になったものを凍結保存します。
 ・着床前診断後、異常のあったものは破棄され正常胚のみが保管継続されます。

11.移植のため奥様が二次渡航
 ・培養した受精卵を凍結し移植、または新鮮胚を奥様に移植します。
  通常は凍結保管されていたものを移植します。
  特にご希望があれば新鮮胚移植も可能ですが内膜の調整、
  渡航日程の調整等を考慮すると同様の成功率である凍結胚移植をお勧めします。
 ・奥様は現地に1週間程度滞在します。

12.2週間後に血液検査にて妊娠判定

13.お近くの病院で出産
 ・施設の整った総合病院、母子周産期医療センター等をご紹介します。
 
%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b
 

どんな方が卵子提供を選ぶのでしょうか?

双子
卵子提供を選ばれるのは以下に該当するご夫婦ですが、Act Oneでの卵子提供プログラムを選ばれる方の90%は卵子の老化により妊娠が困難な方です。

・ 生まれつき卵巣に異常がある方
・ 早発閉経(ターナー症候群を含む)の方
・ 腫瘍・癌などで卵巣を摘出された方
・ 癌などの疾病により放射線治療を受けた為、自己卵を使えない方
・ すでに自然閉経している方・ ホルモン剤の投与なしでは生理が起きない方
・ 精子側に問題がないが、受精しない方
・ 排卵誘発剤を使用した体外受精の採卵サイクルにおいて採取できる卵子が少量である方
・ 過去の不妊治療で妊娠せず、年齢的に受精・着床が困難である方
・ 卵巣嚢腫、チョコレート嚢腫などで卵巣の状態が良好ではない方

不妊治療は期待と不安、落胆、焦りの繰り返しとなります。
そのような長い期間を経て最後の手段、として卵子提供に踏み切るご夫婦が多いのです。
遺伝子に拘り僅かな可能性を求めて治療を続けて行くのか、卵子の提供を受けても「子どもと一緒の家庭」を選ぶのか、その選択は難しい選択かもしれません。

ただ、時間は有限で卵子提供という選択肢はご夫婦にとっての最終的な選択となる事も多いのです。
アクトワンでは、ご夫婦のご希望に応えることができるように、ご夫妻にとっての最善の卵子提供プログラムをご提供できますよう力を尽くして、ご夫婦をサポート致します。

 

海外4都市からお選びください


ハワイ
ハワイでの卵子提供はこちらから ≫

ロサンゼルス
ロサンゼルスの卵子提供はこちらから ≫

サンディエゴ
サンディエゴでの卵子提供はこちらから ≫

マレーシア
マレーシアでの卵子提供はこちらから ≫

%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b