エッグドナーサイトができました!

アクトワンではエッグドナー(卵子ドナー)としてアクトワンのエッグバンクに登録し、ご協力して頂ける方を募集しております。
この度、エッグドナー登録を考えている方のために、エッグドナー専門のサイトを制作しました。
エッグドナー情報をより詳しいかたちでお伝えできるようになりました。
下記よりご確認ください。

エッグドナーサイトバナー

エッグドナーとは

世の中には様々原因で赤ちゃんを授かることができないご夫婦がたくさんいます。
原因は様々でも、幸せな家庭を築いて自分たちの赤ちゃんを授かりたいという思いは共通です。

不妊治療を行っているご夫婦は日々悩んで、苦しんでいるのです。
そんなご夫婦のためにあなたができることがあります。
それはエッグドナー(卵子ドナー)という方法です。

エッグドナーはそんな不妊に悩んでいるご夫婦が、赤ちゃんを授かるために、重要な役割を果たします。
エッグドナーはご夫婦のために体外受精の卵子を提供します。

卵子提供プログラムの体外受精とはご主人様から採取した精子とエッグドナーの卵巣から採取した卵子を顕微授精させて、培養し、できた受精卵(胚)を着床させて妊娠・出産する方法です。

エッグドナーの方には、その若く、健康で優良な卵子を提供していただき、受精卵をつくるためにご協力をいただきます。

エッグドナーの方には卵子の採取を行うまで、ピルによる月経サイクルの調整、排卵誘発剤の投与が行われます。

排卵誘発剤には頭痛、腹部の膨満感、生理前のような不快感を感じたりする副作用が出る方があります。
また、まれに卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と言って、卵巣が過剰に反応して腫れたり、腹水がたまるような症状がでることもあります。
こうした副作用を最小限に抑えるために、アクトワンではとても技術の高い海外の優秀なクリニックと提携しています。

高度な技術と抜群のホスピタリティをもった医師が、エッグドナーの卵巣をチェックしながら、薬の効果、卵巣への刺激の状態について確実な判断ができるように、きめ細やかな対応を行っているのです。

またアクトワンでは、エッグドナーの状態を常に把握するために、エッグドナーの方々に対して、万全のサポート体制を築いています。
アクトワンの優秀な海外の現地スタッフを通して、エッグドナーの方は海外の提携クリニックの医師とのコミュニケーションを十分にとることができます。

エッグドナーとしてアクトワンのエッグバングに登録していただいたみなさんに、安心して卵子提供プログラムにご参加いただき、その有意義でポジティブな体験を通して、アクトワンでエッグドナーに協力してよかったと思っていただけるようアクトワンは全力でサポートいたします。
エッグドナーとして採卵を終了した後には、不妊治療で辛い思いをされてきたご夫婦からの感謝を感じることができますし、
それに見合うだけのエッグドナー報酬を手にすることもできます。

エッグドナー・卵子ドナー

エッグドナーの条件

エッグドナーなる方の条件について

  1. 20歳から30歳くらいまでの心身ともに健康な女性の方
  2. ボランティア精神にあふれた方
  3. 責任感の強い方
  4. 短期間海外に滞在することが可能な方
  5. 喫煙されない方
  6. 性病を含む感染症、遺伝的疾患のない方
  7. 精神安定剤の服用をしていない方
  8. 薬物、アルコール依存症でない方
  9. 卵子提供プログラムの開始により医療検診等でクリニックへの通院が可能な方
  10. 過去に妊娠・出産された方はその実績が評価されます

エッグドナーの方は、海外に約2週間程度滞在します。

滞在中は数日おきにクリニックで診察を受けていただき、その他は自由に行動できます。

エッグドナーとしての役割はありますが、海外でのフリータイムはショッピングや観光等に有効にお使いいただくことができるのです。
アクトワンでは海外滞在中のエッグドナーの方をきめ細かにサポートし、フォローして参りますので海外滞在中も大きな不安を感じることなく、安心して過ごしていただkけます。

エッグドナープログラム

エッグドナーはどんな方?

アクトワンでは心身ともに健康な20代の日本人女性をエッグドナーとしてご紹介しています。
アクトワンのエッグドナー登録に際しては多くの質問項目を設けており、時間をかけた面談を経てエッグバングに正式登録とさせていただいております。

また、登録の際にはエッグドナーとしての役割や意義、自覚、
卵子提供プログラムを進行されるご夫婦の想いをご理解していただけるように努めています。

エッグドナーとして海外の渡航先での滞在期間中、毎日の排卵誘発剤自己注射をしていただいての採卵にご協力いただけるエッグドナーの方々は、ボランティア精神に溢れ、責任感の強い自己をしっかりと持った女性達です。

赤ちゃんの誕生を望むご夫婦が新しい家族を迎えるために、エッグドナーとしてお手伝いができることを、エッグドナーの方はまるで自分自身のことのように心から喜び、エッグドナーとして協力しているのです。

エッグドナーの選びかた

卵子提供者プログラムにおいて、ご夫婦が一番慎重になるのがエッグドナーの選定の時です。

エッグドナーとして誰を選ぶかが、血液型、身体の特徴、学歴、など将来産まれてくる子供の遺伝に関わることだからです。

ご夫婦のご希望に添うように、アクトワンでは最善のサポートを行います。

正式なエッグドナーとして

正式にエッグドナーとして決定した方には生理3日目前後に国内で事前検査を受けて頂きます。
検査項目は感染症の有無、卵巣機能、卵胞数、ホルモン値、子宮頸がん検査等になります。

この事前検査結果はそれぞれのアクトワン提携の渡航先クリニックに報告し、卵子提供プログラムのエッグドナーとして受け入れ可能か否かの判断を仰ぎます。

そこで結果がエッグドナーとして思わしくない場合には、残念ながら他の候補にエッグドナー交代を致します。

この検査を実施することにより、「現地に飛んだが採卵に適さない」等のリスクを大幅に軽減することが可能となります。

受け入れ可能とのことであれば最終的な渡航日程の調整に入り、エッグドナーさんには葉酸サプリメントを摂取していただくと共に卵子提供プログラムのエッグドナーとしての自覚を新たにしていただく為のサポートを致します。

また、現地においてはアクトワンの優秀な現地スタッフがしっかりとエッグドナーさんを心身ともにサポート致します。

お薬の服用・摂取、滞在中の健康管理・規則正しい自己管理をしていただけるよう啓蒙し、安心して採卵に臨めるようフォローしていますし、エッグドナーさんにもアクトワンで卵子提供プログラムに協力してよかったと思って戴けるように努めております。

エッグドナースケジュール

ハワイでのエッグドナープログラム

日本での採卵の準備とスケジュール

エッグドナーは、まず日本で採卵のために必要な検査をします。

エッグドナーの方の必要項目の検査が終了し、結果を受領したら、ハワイのクリニックへその結果を報告します。
エッグドナーはその際、今までの病歴、婦人科系に関わる病気などあればアクトワンにお知らせ下さい。
上記の結果と共に医師に報告します。

ハワイのクリニックの医師から採卵へ向けて治療可能との診断を受けた後に、アクトワンはエッグドナーが採卵の為の渡航が可能な日程の調整をクリニックと行います。
アクトワンは予定採卵日を確定・予約し、ピルの開始時期と内服期間、ハワイでの初診の日時を決定したら、エッグドナーの方にご連絡致します。

採卵前に、低用量ピルの内服が2~6週間ほど必要となります。
ピルの内服は生理3日目より開始します。

エッグドナーの方は治療を開始するまで、毎月、生理開始初日をアクトワンへご連絡ください。

それをクリニックに報告するとともに、アクトワンはピルの服用開始日をエッグドナーの方へご連絡いたします。

ハワイでの採卵について

エッグドナーの方は採卵のために2週間程ハワイに滞在します。

クリニックでの診察日、診察時間は、診察の前日などに決まることもありますので、エッグドナーの方はクリニックでの診察や処置を最優先に考えて、ハワイでの予定を立ていただくようお願い致します。

採卵日はあくまでも予定であり、実際に採卵日が確実となるのは採卵日の2日前です。
予定したハワイでの採卵日は、ピルの服用や、自己注射開始日などを決定するためのものなので、実際の採卵は2日程延期になる可能性もあります。

採卵後は日本に帰国される前に、クリニックの医師の診察を予定しています。

エッグドナーハワイ採卵

ハワイでの採卵 スケジュール

卵胞刺激1日目〜5日目

  • 1日目
    ピルの最終内服
  • 2日目(ピルの最終服用日より)~4日目
    休養です。
    ピルを内服せず、自己注射もまだ始まらないこの3日間は休養となります。
    ハワイでの初診前日に現地着となるようフライトをお手配致します。
  • 5日目(ハワイ到着翌日)
    ハワイでの初回診察。
    クリニック登録事項の書類への記入
    同意書の説明と記入
    医師からの診察、内診、血液検査、尿検査
    自己注射の説明があって次回の診察日を指示されます。
    自己注射開始。
    その日の夕方から自己注射が開始となります。
    これから毎日、卵胞刺激注射をご自分でしていただきます。
    自己注射開始から、採卵日確定まで、午前中(7:30~11:45)が診察時間となります。

卵胞刺激6日目〜9日目

  • 6日目
    卵胞刺激注射(2回目)
  • 7日目
    卵胞刺激注射の(3回目)
  • 8日目
    卵胞刺激注射(4回目)
  • 9日目
    卵胞刺激注射(5回目)
    自己注射開始後、5回目か6回目頃に診察予定です。
    その後は、状況により翌日または、2日後に診察が予定されます。
    自己注射開始後、毎回の診察で卵胞の成長状況を超音波と血液検査により確認します。

卵胞刺激10日目〜14日目HCGの注射

  • 10日目
    卵胞刺激注射(6回目)
  • 11日目
    卵胞刺激注射(7回目)
  • 12日目
    卵胞刺激注射(8回目)
  • 13日目
    卵胞刺激注射(9回目)
  • 14日目
    卵胞刺激注射(10回目)この頃にはおおよその採卵日の目安がわかります。
    診察で卵胞の成長状況が採卵に適している状態と医師が判断したら医師より採卵日が伝えられます。
    卵胞を刺激するための注射が終了し、引き続き卵子を成熟させるための注射が予定されます。
    これは採卵時間の36時間前に必ず行う時間厳守の注射薬です。(HCGの注射)
    HCG注射をうつ日が決定したら、採卵日が決定します。
    HCGの注射日が、14日目であれば、採卵日は16日目となります。
    採卵日が確定するのは、実際の採卵日の2日前です

採卵日とその後の診察日

  • 16日目
    採卵日、採卵時間を仮に8時とすると、チェックインは採卵の1時間前の7時です。採卵の手技自体は、10~15分ほどで終了します。
    準備などで少し長く感じるかもしれません。採卵終了後、約1時間程度手術後の状態を観察します。
  • 17日目
    帰国前の診察。
    帰国前に診察を行います。

エッグドナーからの贈り物

エッグドナーからの贈り物

一般的に年齢を重ねると卵子は老化しますが、
若い女性でも実年齢とその方の卵巣年齢が一致しないことがあります。
例えば20歳代の若い女性でもAMHが1.9ng/m未満ということもあるのです。
若くても起こりうる不妊の原因です。

不妊治療に長い年月をかけても、赤ちゃんに恵まれないご夫婦が多くいらっしゃいます。
不妊治療による妊娠の可能性さえ諦めねばならない方もいらっしゃいます。
そんな方々のためにエッグドナーは、まさにかけがえのない贈り物をすることができるのです。

女性の身体では毎月の生理周期に通常1個の成熟した卵子が排卵されますが、卵巣の中ではその他にも多くの卵が絶えず目覚めて発育しています。
たくさんの卵の中から特に大きい卵だけが最後まで成長して、直径2cmほどの卵胞となりますが、その過程でその卵胞と一緒に育った他の卵は自然に消えてしまうことになります。

エッグドナープログラムでは、まさにその「消えていく」卵をお薬で大きく育てて採卵します。

「消えていく」はずの卵が、あなたがエッグドナーとして卵子提供プログラムに参加することによって、赤ちゃんを抱くことを諦めねばならなかったご夫婦に大きな喜びと幸せをもたらすことができるのです。

エッグドナーに対するご夫婦の感謝はとても深いものです。
赤ちゃんを授かりたいと強く願い続けてきたご夫婦の為に、あなたの優しさと行動力を是非お貸し下さい。
あなたの決断と行動が、エッグドナーからレシピエントご夫婦への贈り物となります。
あなたがエッグドナーとして協力した体験は、エッグドナーとなったあなたにも深い感動と充実感を与えてくれることでしょう。

エッグドナー登録