act のすべての投稿

体外受精と人工授精の違いは?

すでに不妊治療を開始している人たちは体外受精と人工授精の違いについてはご存知かもしれませんが、まだ不妊治療の勉強中であるとか、治療を始めたばかりの人にとってはわかりにくい言葉でしょう。

ninshin003

体外受精と人工授精の違いを理解し、不妊治療を進めていきましょう。

まず体外受精ですが、女性の卵巣から卵子を取り出し、男性の精子と受精させます。
それからしばらく培養させて、細胞分裂が確認されたら女性の子宮の中にそれを戻すのが体外受精です。

本来受精は体内でするものですが、それが何らかの原因でうまくできない場合に先に体外で受精させて、それを体内に戻してあげるのを体外受精と言います。

体外受精が適応とされるのは、両方の卵管が閉塞していて排卵が難しい場合や男性の精子濃度が低い乏精子症や精子の運動率が低い精子無力症がある場合、高齢で妊娠のチャンスが極めて少ない場合、配偶者間人工授精を何度行っても妊娠しない場合などです。

次に人工授精ですが、これは採取した精液を子宮内に注射器とカテーテルを使って直接注入するものです。
これは、卵子を取り出さずに精子を受精しやすいところに入れます。

人工授精が選択されるケースは、タイミング療法をしばらくしてきたけれどもうまくいかない場合や子宮けい管の中の粘液分泌が正常でない場合、男性の精子が少ない、無精子症である、などです。

また、人工授精には配偶者間人工授精と非配偶者間人工授精があります。
配偶者間人工授精は夫の精子を使うもの、非配偶者間人工授精は夫が無精子症である場合に検討されるものです。

人工授精をする時は、精子を遠心分離器にかけて質の良いものだけを注入するようにしています。
人工授精での成功率は10%から20%くらいだと言われていますが、0だと思っていたところにそれだけの確率があるのなら頑張ってみようと希望が湧きます。

もちろん、この数字は行う施設によって差があります。
体外受精は体外で受精させる、人工授精は受精しやすくするというのが違いです不妊治療では、人工授精を何度かした後、体外受精に進むようです。

もし、女性側に何らかの原因があって排卵が起きない場合は、卵子提供を受けて体外受精をする方法もあります。
卵子が奥様のものとは違いますが、ご主人の遺伝子は引き継がれます。

この場合は海外で行うことになりますのでAct Oneに一度ご相談ください。
卵子提供と代理出産の違いなども詳しくお話しさせていただいています。

日本での体外受精の成功率について

日本ではたくさんの数の体外受精をしていますが、妊娠数はかなり少ないです。
どうして日本の体外受精の成功率は低いのかですが、日本では自然周期排卵誘発を行っているからです。

akachan048

これは、低刺激排卵誘発法になるのですが、1個の卵子を排卵誘発で育ててそれを採卵し、受精させて子宮に戻す方法です。
この治療法は、ホルモン剤をたくさん使わないので排卵誘発剤の副作用が抑えられます。

しかし、1つしか採卵しないので、当然受精卵が少なくなります。
成功率は採卵数が多いほど高くなると言われ、だいたい15個くらいまでなら成功率が採卵数に比例して上がるのです。

日本の病院では、自然の排卵はそもそも1個だけなので、それに近づけようとしていること、選んだ1個は選ばれた優秀な卵子なのだという概念があるようなのです。

できるだけ自然に近い形でというのは、日本人が好んで選ぶ風潮があるのも日本の体外受精の方法なのかもしれません。
こういったことが成功率を下げていると考えられています。

海外の高い成功率をあげている病院では、排卵誘発剤でたくさんの卵子を採取することは、妊娠の可能性がある卵子を救うことだと考えています。

海外の病院からすれば、日本の体外受精の方法は、妊娠成功率が低い治療しかしていないと思われているようなのです。

もちろん、日本のこの体外受精の方法で妊娠している人もいますので、間違った方法ではありません。
しかし、女性に何らかの原因があって卵子ができない場合はどうするのかですが、日本ではお手上げの状態です。

そこでおすすめするのが、海外で卵子提供を受けて体外受精で妊娠、出産をすることです。
株式会社Act Oneでは、不妊で悩むご夫婦の助けになるよう、海外での卵子提供のご紹介をさせていただいています。

株式会社Act Oneに卵子ドナーとして登録していただいているのは20代の健康な日本人女性です。
健康な卵子と体外受精しますので成功率は上がります。

奥様が高齢であっても大丈夫です。
しっかり対応できる医療機関を紹介させていただきますので、安心して出産を迎えていただけます。

しかしながら、奥様が高齢だった場合、妊娠中は様々なトラブルが起こる可能性もあるので、きちんと見守れるような環境にするのも私たち株式会社Act Oneだと考えています。

海外へ渡航して卵子提供を受けて体外受精することに不安を覚えるご夫婦は多いですが、そういった不安をすべてクリアにしてもらえるようお話しさせていただきますので、何でもお問い合わせください。

海外にてドナーから卵子提供を受ける流れ

卵子提供に興味、関心を寄せている方も多くいらっしゃることでしょう。
そこで簡単に卵子提供の流れについて紹介していきます。

まず卵子提供を日本で受けたいと思った場合、かなり条件が限られてしまっているため、海外に渡航して卵子提供を受けるケースがほとんどになります。

ninshin003

日本で生活している限り、海外の病院の情報なども持ち合わせていませんし、言葉の問題もありますので皆さん卵子提供をあっせんしてくれる業者に依頼をして卵子提供治療を受けるのです。

Act Oneも卵子提供をあっせんしている業者の一つです。
もしも当社に卵子提供をご依頼頂いた場合、まず実際に治療に入る前に卵子提供に関する理解を深めて頂くことが重要になりますので、当社にて詳しいご説明を受けて頂きます。

それを聞いたうえでも卵子提供を受けたいとご希望されるのなら、契約のステップに入っていきます。
契約を頂いてから、卵子提供を受ける海外の国や地域を選択していただくことになります。

最近は費用面で安いことから海外の中でもアジアの国に卵子提供を受けに出向くカップルも増えているのですが、当社はアジアだけでなくアメリカで卵子提供を受けられる病院を多く紹介することが可能です。

アメリカは卵子提供治療においてパイオニアであり、今までにも多くの卵子提供治療を施してきた実績と経験豊富な病院が多くありますので、安心して卵子提供を受けて頂くことができるでしょう。

治療を受ける病院が決まってから具体的なスケジュールを決めていきます。
それと同時に卵子提供を行ってくれるドナーを決めて頂きます。

ドナーの都合とお客様の都合などによって、ご希望するドナーからの卵子提供が難しい場合もありますので第5希望までドナーを決めて頂いて、優先順位の高い順にドナーが決まります。

ドナーを選択するときですが、ドナーの写真やプロフィールを参照することができますので、それを参考にしてドナー選びをすすめて頂きます。

卵子提供を受ける海外の国に最初はご夫婦にて行っていただき、そこで旦那様は精子の採取を行っていただき、奥様は妊娠が可能かどうかを検査して調べます。

その後ご夫婦は一旦帰国して頂いて、ドナーから採取した卵子と旦那様から採取した精子を受精させて受精卵を作ります。
その後奥様だけ渡航して頂いて、育った受精卵を奥様の子宮に移植する治療が行われます。

移植後はすぐに妊娠結果が出ないため、一旦帰国してしばらく経ってから、病院にて妊娠結果を診てもらいます。
卵子提供は妊娠率が7割以上と高い数字ですので、妊娠している確率は高いでしょう。

卵子提供と体外受精、人工授精の違い

日本で高度生殖医療を受ける場合、体外受精、顕微授精、凍結胚移植が含まれる治療方法になります。
赤ちゃんを授かるために卵子提供を希望するご夫婦の多くが、日本での高度生殖医療を経験されています。

Act Oneアクトワンは卵子提供をサポートしている会社ですが、当社にご相談にいらっしゃるご夫婦にも、日本で不妊治療を何年も受けてこられた方が多くいらっしゃるのです。

family010

不妊に悩み専門の医療機関を受診すると、最初は自然な流れで妊娠を成功させようというタイミング方をすすめられますが、それでも妊娠しない場合は次のステップである人工授精にすすみます。

人工授精とは旦那さんの精子を採取してそれを直接奥様の膣内に注入して妊娠を成立させようとする方法のことです。
この方法でも妊娠率は決して高いとは言えず、成功率はわずか5~10%に満たないのです。

人工授精の成功率が低い原因として考えられるのがベストなタイミングに合わせるのが難しいからです。
奥様の排卵日に合わせて人工授精の治療を行うことになるのですが、それを見極めるのが難しく治療日のギリギリになるまで予定がわからないことも多く、どちらかの都合が合わなくなってしまうこともあります。

そのため、平均して5回以上この方法で妊娠を試みるのです。
それでも妊娠に至らなかった場合、次のステップである体外受精へとすすんでいきます。

体外受精とは排卵誘発剤を使用して奥様の卵子を育てて採取し、旦那さまの精子と受精させて受精卵を作ります。
質の良い受精卵だけを選別してその受精卵を奥様の子宮に戻して妊娠を試みるのです。

体外受精によってかかる費用は受ける病院や方法などによって異なりますが、10万から100万円とかなり高額になります。
それでも卵子提供と比べて妊娠率は高いとは言えず、何度試みても妊娠に至らないカップルも少なくはありません。

それらの高度生殖医療と比較すると、卵子提供による妊娠成功率は大きく上がります。
健康保険が適用されないために、卵子提供は多額の費用がかかってしまうのですがそれでも日本で何年も体外受精を試みるよりは良い結果が得られる可能性が高いのです。

卵子提供では若い女性の卵子を提供してもらうため妊娠率を高めることができます。また、海外での治療になりますので着床前診断を受けることもでき、更に着床率を上げることにつながります。

 

 

 

 

卵子提供は妊娠率の高い生殖医療

卵子提供とは第三者に卵子を提供してもらい、妊娠を希望する夫婦の御主人の精子と体外受精をさせて受精卵を作り、それを奥様の子宮に移植して妊娠を試みる方法のことです。

日本でも不妊治療の方法として今注目を浴びている方法の一つなのですが、今の日本では法律による整備が追い付いておらず、誰でも望めば卵子提供を受けられるような状況が整っていないのが現状です。

baby057

そのため海外に出向いて卵子提供を受けるのが一般的であり、Act Oneでも海外の卵子提供を行ってくれる病院をあっせんしております。

そこまでして卵子提供を受けようと考える理由の一つに妊娠率の高さが期待できるということがあるのです。

海外で卵子提供を受けるには、それなりのお金も時間もかかります。
それでもあえてその方法を選ぶのは他の生殖医療と比べて妊娠率を大きくあげることができるからです。

日本でもいろいろな高度生殖医療を受けることができるのですが、その成功率は50%にも満たないのが現状です。
もちろん高度生殖医療を受けるのに健康保険は適用されませんので、何十万円から何百万の大金をつぎ込んで治療を受け、それでも妊娠に至らないケースも少なくありません。

一方で卵子提供では成功率75%と高いため、妊娠する可能性が大きく広がることでしょう。
この可能性にかけて皆さん多額のお金を払って海外に治療を受けに渡るのです。

生殖医療の技術も日々進歩しているのですが、なぜ卵子提供の方法はこれほど高い妊娠率を上げることができるのでしょうか。
その理由は提供された卵子にあります。

不妊治療を受けている方で妊娠に至らないのは、卵子の状態がよくないことも原因のひとつとしてあげられます。
卵子提供では若くて健康な女性の卵子を提供してもらうことができるため、卵子自体の生命力が高く、そのおかげで着床率を高めることも可能になります。

今まで日本でいろいろな生殖医療を受けてきて妊娠に成功しなかった方は、金銭的だけでなく精神的にも相当大きなダメージを負っていると考えられます。

そして治療が長引くほどその負担も増していくのです。

ストレスは妊娠率を下げる要因にもなってしまうため、治療が長引くとストレスもさらに重くなり負のスパイラルに陥ってしまいます。
成功率の高い方法を早めに選択することによって、精神的経済的負担を軽減することになるかもしれません。
また卵子提供は高い妊娠率だけでなく、流産リスクを下げる効果も期待できます。

せっかく妊娠しても無事に出産に至らなければ当たり前ですが子供を持てません。
年齢とともに上がる流産のリスクを下げることができるため、無事に出産する確率も高くなります。

卵子提供のドナー差し替えに騙されないために

卵子提供による妊娠を左右するのは、信頼のできる卵子提供エージェントと出会えるか否かです。
しかし世の中には、悪質な卵子提供エージェントも存在します。

そんな悪質なエージェントに騙されないためにどうすればいいのかについて、お話します。
卵子提供プログラムで最も重要なのは、卵子を提供してくださるエッグドナーの選定でしょう。

注意

卵子提供プログラムの成功率を高めるためにも、そしてより健康なお子様を授かるためにも、ご夫婦はエッグドナーの方の容姿や身体的特徴、そして細かなプロフィールを入念に確認され、そして十分に検討した上でエッグドナーを選定されます。

しかし残念なことに、現在の卵子提供の現場ではドナー差し替えという恐ろしいことが起こっています。
せっかく検討に検討を重ね、最適なドナーを選定したのに、実際に提供された卵子は異なるドナーから採卵したものだったのです。

これは妊娠の成功率を下げる危険があるだけでなく、仮に妊娠に成功したとしても、産まれてくる子供が何らかの遺伝的疾患を持っている可能性もあります。

このようなドナー差し替えは絶対にあってはいけないことですが、卵子提供エージェントの中には、ドナーの管理がずさんであったり選定されたドナーから何らかの理由で採卵することができずに、ほかのドナーから代わりに採卵するといったことを行っている者があるのです。

ドナー差し替えに騙されないためには、信頼できる卵子提供エージェントを見つけることが大切です。

ActOneの卵子提供プログラムでは、エッグドナーを5名まで選定していただきます。
より優先順位の高いドナーから順に連絡を取り、採卵可能であればその方を正式にドナーとして決定します。

もし採卵不可であれば、次の優先順位のドナーへコンタクトを取ります。
ドナーが決定してからは、ドナーの方には採卵のため渡航していただきます。

現地でもActOneの現地スタッフが滞在中の薬の服用・摂取から健康管理・規則正しい自己管理をしていただけるよう、常にドナーの方をフォローし、最善のサポートを行います。

このように、ActOneでは徹底したドナー管理を行っているため、ドナー差し替えの心配はありません。
ドナー差し替えは卵子提供プログラムにおいて最も起こってはいけない出来事です。

悪質な卵子提供エージェントに騙されないためにはどうすればいいのでしょうか。
ドナー差し替えに騙されないために、卵子提供エージェントのドナー管理体制や採卵方法は、契約前に入念にチェックしておくことをおすすめします。

また、騙されないために渡航先でのスケジュールについても十分に確認しておきましょう。

卵子提供でも妊娠できない場合、同種免疫因子による着床障害の可能性があります

卵子提供をはじめとする不妊治療は、不妊の原因に応じて最適な治療法を選択することが大切です。
不妊にはさまざまな原因があります。

そのうちの一つに、着床障害があります。
着床とは、受精卵が子宮内膜に張り付くことをいい、着床した時点で妊娠が成立したことになります。

baby058

着床障害は、受精して受精卵が子宮目指して移動するものの、何らかの原因で子宮内膜に結びつかないことを言います。
着床障害の根本的な原因は、現在の医学では特定できていません。

今回はその原因の一つと考えられている、同種免疫因子についてご説明します。

同種免疫因子とは、旦那様のリンパ球に対して奥様の身体が拒否反応を起こしてしまうことです。
これは、ご夫婦のリンパ球が似ていることに原因があります。

リンパ球とは、白血球の一種で免疫を司る血液細胞です。
このリンパ球の型がご夫婦で似ていると、せっかく着床しても奥様の身体がその受精卵を認識しないようにしてしまうのです。

生き物は、異なる特徴を持つ者同士を組み合わせて新たな個体を作り出すことで、どのような環境でも生き抜いていけるように進化しています。

そのため、同じような特徴を持つ者同士から産まれた子供は、身体が不要であると判断して拒否してしまうのです。

卵子提供はほかの不妊治療法と比較しても、高い妊娠成功率を誇りますが、この同種免疫因子を原因とする着床障害の場合には卵子提供でも妊娠することが難しい場合があります。

同種免疫因子による不妊症と診断された場合には、夫のリンパ球を妻に接種することで妻の体内に破断抗体を作り、子宮内環境を整えるリンパ球移植による免疫療法が、有効な治療法とされています。

この治療法による妊娠の成功率は、80%以上あるといわれています。
しかし、同種免疫因子による着床障害は、度重なる流産の末の検査によって判明することがほとんどなので、不妊治療初期の内にこの原因を見つけるのは難しいといわれています。

着床障害の定義は、グレードの高い良好な胚盤胞を複数回移植しても妊娠が成立しないことをいいます。
もし、卵子提供による体外受精に複数回失敗しているのであれば、着床障害の検査を行うことをおすすめします。

着床障害の検査は、着床不全外来での血液検査で受けることができます。

早期に原因を解明し、より卵子提供による妊娠の可能性を上げるためにも、もしかして、と思ったら早めの検査を受けられることをおすすめします。

早発閉経の方へ、卵子提供の検討を

卵子提供による不妊治療を受ける方は、すでに自然閉経していたり卵子の老化で健康な卵子を作り出すことが困難になっていたり、卵子提供以外の不妊治療では妊娠することができず、またそれ以外の方法は年齢的に困難である方など様々です。

その原因の多くが高齢によるものですが、中には早発閉経で若くして卵子が作られなくなってしまったという方もいらっしゃいます。

family012

早発閉経とは、まだ一般的な閉経年齢に満たない20歳代から30歳代で卵巣年齢が実年齢以上に老化してしまい、卵巣としての機能が完全に停止してしまっている状態を言います。
早発閉経の原因はさまざまです。

しかし原因が特定できるものは全体の10%程度で、それ以外は原因不明であるといわれています。
はっきりとわかる早発閉経の原因には、以下のようなものが挙げられます。

◆染色体異常などの遺伝性疾患
◆甲状腺機能低下症などの自己免疫性疾患
◆チョコレート嚢腫や化学療法、放射線療法などの医療行為が原因で生じた疾患

また、以下のような方は早発閉経になりやすいといわれています。

◆もともと月経不順だった方
早発閉経の典型的なケースでは、月経初期から月経不順で徐々に月経が減っていき、20代後半で完全になくなるというケースです。

この場合は、生活習慣など後天的な要因ではなく、卵巣の機能が弱いといった先天的な要因である可能性が高くなります。

◆過去に卵巣の手術をしている方
卵巣摘出や卵巣嚢腫摘出などの手術をした方は、早発閉経がおこりやすくなります。
また、抗がん剤治療も早発閉経を起こす原因となります。

◆生活習慣
喫煙や過度のダイエット、菜食主義などの食生活の方よりも早発閉経の原因となることがあります。

早発閉経の方の中には、年に数回、不定期に排卵している方がいることがわかっています。
また、ホルモン療法によって排卵を促したり、卵子が残っているうちに採卵して体外受精をするという方法もあります。

いずれも成功率は低く、自身の卵子による妊娠は非常に困難であるといわれています。
しかし、卵子提供ならば他の不妊治療法よりも、妊娠できる可能性が高くなります。

ある卵子提供エージェントでは、卵子提供による妊娠成功率が70%~75%となっているというデータもあります。
さらに治療を始める年齢が若ければ若いほど、妊娠の成功率も高くなります。

早発閉経と診断され、それでも妊娠を望まれる方は、諦めずにぜひ卵子提供という選択肢を検討していただきたいと思います。

卵子提供におけるSEET法のメリットとは

卵子提供では、着床障害のために体外受精や顕微授精をくりかえしてもなかなか妊娠ができないことがあります。
着床障害の原因には、受精卵と子宮内膜の反応不全があります。

着床時、受精卵はあるシグナルを送り、子宮内膜はそれを受けて着床環境を整えていると考えられています。
しかし、顕微授精ではそのシグナルを送るプロセスがないため、着床環境の準備が整わずに着床障害がおこる原因となっているといえます。

baby043

そこで開発されたのが、SEET法です。

SEET法では、はじめに5日経過するまで受精卵を体外で培養して胚盤胞にまで育てます。
その後、この受精卵をいったん凍結保存します。

この際、この受精卵を培養するために用いた培養液も別に凍結保存します。
移植を行う際には、まず凍結保存しておいた培養液を解凍し、子宮内に注入します。

この培養液に含まれる受精卵の物質が、子宮内膜に対してシグナルを送るのです。
そのため、子宮内膜は着床に向けて準備を開始することができるのです。

着床準備が整う2日から3日後に凍結保存した胚盤胞を1つ移植します。
この方法によって、通常の顕微授精よりも高い確率で妊娠することが可能になるのです。
実際、通常の卵子提供プログラムで複数回受精しても妊娠できなかった方でも、このSEET法でならば妊娠することができる可能性があるといわれています。

通常の顕微授精での着床率が32.6%、妊娠率が28.8%だったのに対し、SEET法では着床率が45.1%、妊娠率が40.6%であったというデータもあります。

SEET法による卵子提供プログラムには、妊娠の可能性を上げるほかにもメリットがあります。
そのメリットとは、多胎妊娠のリスクを減らすことができるというメリットです。

通常の卵子提供プログラムでは、妊娠の確率を上げるために2個以上の胚盤胞を移植します。
すると当然、胚盤胞が1つの場合よりも多胎妊娠の可能性は高くなります。

実際、不妊治療によって妊娠した方は双子が生まれる確率が高くなっています。
本来女性の身体は一人の赤ちゃんを育てるのに適した環境になっているため、多胎妊娠は母体にも大きな負担となります。

特に高齢で卵子提供プログラムを受けている方はより、その負担が大きくなるでしょう。

SEET法ならば、一つの胚盤胞でも妊娠できる可能性が高いため、多胎妊娠のリスクを減らすというメリットと、妊娠成功率を上げることができるというメリットがあります。

卵子提供と、卵子の老化による不妊の原因

不妊にはさまざまな原因があります。
その原因に応じた最適な不妊治療方法を実践することが、不妊治療による妊娠の成功率を高めることにつながります。

baby056

卵子提供による体外受精は、以下のような原因の不妊症の方に適した不妊治療方法です。

1. 子宮と卵巣の両方を摘出された方
2. 子宮機能が原因で、不育症を発症されている方
3. 子宮機能が原因で、卵巣機能が低下している方
4. 子宮や卵巣、卵子に関する病気や遺伝病が原因の方
5. 人工授精や体外受精でも妊娠できなかった方
6. 持病や健康上の問題から、自身での妊娠継続や分娩を医師から止められた方
7. 卵子の老化によって健康な卵子を作り出すことが難しい方

この中で、今回注目したいのが7.の卵子の老化です。
卵子の老化は何が原因で起こるのでしょうか。
そして卵子の老化を止めることはできるのでしょうか。

実は、卵子の老化は多くの研究が行われているものの、今現在その原因ははっきりとは判明していません。
女性は障害で、約500個ほどの卵子を排卵します。

この卵子の元となるのが卵母細胞です。
卵母細胞ば、産まれた直後には約200万個が存在しています。

しかし生後は細胞分裂が行われなくなるためどんどん減少していきます。
一部は排卵によって排出され、大半は老化して死滅することになります。
つまり、実際に排卵される卵子はごくわずかということになります。

生まれた直後に200万個あった卵母細胞は、徐々に減少していき、閉経時にはほとんどがなくなります。
20代後半の時点では約10万個以下となり、40代以降では5000個以下にまで減少します。

そのため、年齢を重ねるにつれて卵子へのダメージは蓄積され、老化が進むことが考えられます。
卵子の老化は自然現象なので、これを止めることはできません。

加齢が原因となる卵子の老化は、誰にでも起こる現象です。
けっしてそれまでの不摂生や生活習慣が原因というわけではありません。

特に高齢になってからの妊娠を望む方の多くが突き当たる問題でしょう。
そしてそんな方々のために卵子提供プログラムが存在するのです。

これまでさまざまな不妊治療を試しても妊娠することができなかった方、妊娠をあきらめる前にぜひ、卵子提供に挑戦してみてください。

卵子提供は、そのほかの不妊治療法と比べて高い妊娠成功率があることがわかっています。
つまり、ほかの治療法で妊娠することができなかった方でも、卵子提供ならば妊娠することができる可能性があるのです。

まずはご自身の不妊の原因をしっかりと確認され、その原因にあった適切な治療法を実践してください。