act のすべての投稿

体外受精を海外で行うには

不妊治療は日本だけでなく海外でももちろん行われています。
海外で体外受精をするというのは、もちろん可能なのですが、渡航費や滞在費、それに治療費となるとかなりの出費が必要です。

baby040

通常の体外受精、つまり奥様自身の卵子とご主人の精子を使って行うのなら日本国内でも行える病院はたくさんあるので国内でも満足できる治療が受けられます。

海外へ行って体外受精を行うのは、卵子提供や精子提供を受ける場合です。

日本では卵子提供は法の整備がまだできていないので、積極的に行っているところはありません。
国内で行うとしたら、卵子提供は倫理委員会などによる認可が必要になり、不妊治療を専門的に行っている病院などで相談すると良いでしょう。

国内では匿名での提供者が見つかることは困難で、卵子提供を受けるのは姉妹などの親族に限られているようです。

海外では卵子提供は法的に認可されているところがあり、そちらへ渡航して体外受精を受ける方法があります。
海外で卵子提供による体外受精を受けるには専門知識も必要ですし、手続等も難しいので卵子提供プログラムをコーディネートしてくれるAct Oneにお任せください。

卵子提供や代理出産を海外でする日本人のために、サポートさせていただきます。
個人で海外の病院に行くのはなかなか難しいので、当社にぜひご相談していただければ安心して海外で不妊治療が受けられます。

海外で体外受精をするのは肉体的にも精神的にも大変ですが、心のサポートもしっかり行いますので安心して何でも相談してください。

日本で何度も体外受精に失敗しているからと、海外で体外受精を受けたいというご夫婦もいるようですが、海外で成功するとは限りません。

今では海外での体外受精を考えるのは、卵子提供などに限った場合のようです。
海外で体外受精を受けるにしても、かなりの費用が必要です。

病院での治療費の他に、滞在費や渡航費も必要になりますからそれらのことも考えて海外で受けるかどうかご夫婦で話し合うようにしましょう。

いろんな不妊治療をしてきたけれどなかなか子宝に恵まれないと悩む人は、わらをもつかむ気持ちで海外での治療を望まれるのでしょう。

そのお気持ちもよくわかりますが、費用と時間がかかるということも念頭に置いて検討するようにしてください。
決して簡単ではないということは理解しておきましょう。

これらは手続きも大変ですし治療が始まれば長期戦になる恐れがあります。
メリット、デメリットをしっかり理解してから決めるようにしてください。

体外受精の流れについて

不妊治療の中で、体外受精という方法がありますがこれはどのような流れで進められていくかを知っておきましょう。
まず、排卵させるのですが、排卵誘発剤やホルモン剤を使って排卵を促進させます。

baby055

卵胞を超音波で観察し、だいたい36時間後に採卵するようにします。
採卵の方法は、膣内に直接器具を入れますので、麻酔をして行われます。

ご主人の精子は、病院か自宅で採取したものを使います。
射精して2時間以内のもので、病院で遠心分離器にかけて良質の精子のみを選びます。

そして奥様の卵子とご主人の精子をシャーレに入れておき、受精を待つのです。
だいたい、3時間から12時間後くらいに受精卵になります。

受精卵の中でも良質なものを選び出し、それを子宮内に戻します。
細いカテーテルを使いますので、痛みはほとんどありません。

移植が終わったらしばらく安静にしておきます。
受精までした卵を子宮に戻すので、あとは着床してくれれば妊娠が成立します。

これが一連の体外受精の流れです。
しかしながら、成功率は100%ではありません。
だいたい2割から4割の成功率だと言われていますが、病院によってこの数字は違いますのではっきりとはわからないのが現状です。

卵子提供を受けて体外受精した場合でも確率はそれほど変わりません。
卵子提供での体外受精の場合は、海外で行うことになるので、渡航したり現地で病院に行ったりするのでそのあたりが日本で行う体外受精の流れとは違います。

海外だと言葉のことや医療のことについて不安なことがあるかもしれませんが、Act Oneではきちんとフォローさせていただいています。
安心して卵子提供、体外受精を受けていただき、無事妊娠、出産を迎えていただけるよう、最善の努力をさせていただきます。
不安なことや心配なことはどんなことでもお話しいただき、不安を無くして渡航していただきたいと考えております。
卵子提供の流れも詳しくお話しさせていただきます。

また、海外で卵子提供を受けて妊娠した場合、出産は日本の設備が整った病院でしてもらえますので安心です。
卵子提供で体外受精をするのはかなり不安だと感じるのは当然のことです。

流れはわかりやすくお話しさせていただきますので、どうぞ安心してこちらのオフィスにお越しいただければと考えています。

不妊治療は時間がかかるものですから、30代後半から40代になろうとしている女性の方々は、卵子提供も一つの方法と考え、前向きに検討してみてはいかがでしょう。

卵子提供は海外では法的に認められているものです。
ですから安心して受けていただけます。

卵子提供エージェントの選び方

卵子提供の妊娠率は7割以上とかなり高い確率であり、それを期待して卵子提供を希望するカップルが年々増えています。

日本では規制が多いため海外にて卵子提供を希望されるのですが、皆さま当社のようなエージェントに相談を頂いて、卵子提供を受ける病院、クリニックを決めています。

baby060

卵子提供希望者が増えていることもあり、当社ActOneのようなエージェントも増えてきているのですが、より良いエージェントを選ぶコツについて紹介していきたいと思います。

良いエージェントを見つけるための判断規準の一つが、まずは卵子提供に関してメリット、デメリットも含めた説明をしっかりしてくれるかどうかです。

卵子提供は高い妊娠率を誇ることから、良い面ばかりがクローズアップされがちですが、デメリットやリスクももちろんあります。
それも含めた卵子提供についての説明を聞き理解したうえで、治療を受けるかどうかを決めてもらうのです。

卵子提供を受けると決めてから、デメリットやトラブルが起こった場合、それを最初に説明してくれなかったエージェントに対して不信感が募るはずです。

それが卵子提供の妊娠成功率に悪影響を及ぼすこともあるのです。
メリットばかりを強調して卵子提供を受けるようにすすめてくるようなエージェントは信頼できないと思った方がいいでしょう。

当社では申込みを頂く前に必ずカウンセリングの時間を設けて、卵子提供の理解を深めてもらうための説明を実施しておりますのでご安心下さい。

しっかりとした実績や経験豊富なクリニックや病院を紹介してくれるエージェントも信頼が持てます。
卵子提供の成功率を上げるためには、クリニックや病院選びも重要なポイントになってきます。

若く健康な女性の卵子を使ったからと言って必ずしも妊娠できるとは限らず、それが卵子提供を行う病院やクリニックの技術と関連していることもあるからです。

卵子提供を受けるためには何百万円単位の費用が必要になります。
高いお金を払ったのですから成功してほしいと誰もが考えるでしょう。

成功率を上げるためにも適切な病院やクリニックを選んだ方が、納得いく結果が得られやすいのです。
当社はアメリカやその他の国にも提携している病院やクリニックがあるのですが、その中でも卵子提供の技術が優れている、経験豊富な病院、クリニックをピックアップして紹介できるようにしています。

金銭面での説明を明快にしてくれるエージェントも良いエージェントだと言えます。
当社でも必ずお客様に対して費用の内訳を開示しており、納得した上で卵子提供を受けて頂けるように努めております。

体外受精の費用はどれくらいか

不妊治療でタイミング療法、人工授精と進んでも妊娠しなかった場合の次のステップとして体外受精が行われます。
体外受精は奥様の卵子とご主人の精子を取り出して受精させ、受精が確認できたら奥様の子宮へ戻して妊娠を継続させていき、出産を迎えるというものです。

baby061

不妊治療は、基本的に健康保険が適用ではありませんので自由診療となり、自費扱いになります。

体外受精を行う医療機関のホームページなどを見てみると、かなり詳細にかかる費用を掲載しているところもあれば、だいたい○万円というような書き方しかしていないところもあり、様々です。

よく聞かれる声では、最初は50万円くらいだと聞いていたのに、いざ体外受精を行ってみると100万円くらいかかってしまったというような、予想以上に費用がかかったというものです。

体外受精は自由診療なのですから、いくらに設定しても問題はありません。
あるクリニックでは100万円かかるが、ある大学病院だと10万円台でできるというような差があるのはそのためです。

費用が高いから良い、安いからダメ、というわけではありません。
最初に聞いていた金額よりも多くかかったというのは、検査費や薬代が含まれていなかったケースがほとんどです。

どうして費用に載せないのかというと、人によって検査内容が違ったり、使う薬が違ったりするからです。
ですから、検査費用や薬代が上乗せされる可能性があると考えておきましょう。

自分の卵子で体外受精を行う場合は日本の病院で行えますが、奥様自身何らかの原因で排卵できない場合は、卵子提供を受けて体外受精を行う方法もあります。

日本では他人の卵子提供を受けて体外受精を行うのはほとんど行われていませんので、海外で行うことになります。
海外での卵子提供をスムーズに行えるように、Act Oneではそのお手伝いさせていただいています。

ハワイでの卵子提供は、だいたい600万円くらい、ロサンゼルスでは580万円くらいとなっています。
費用の詳細については、Act Oneでご説明さえていただいておりますのでお問い合わせください。

奥様自身の卵子が無い場合、子どもを諦めなくてはならないのかと悲観してしまうご夫婦がおられますが、健康な卵子提供を受けて妊娠、出産をされた方は多くいらっしゃいます。

Act Oneに登録している卵子のドナーは20代の健康な日本人女性です。
卵子提供は今はまだ海外でしかできないのですが、自分の子どもが持てるチャンスです。

子どもをこの腕に抱っこしたいと強く願っているなら、卵子提供を受けてみるというのも選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

50代で体外受精で妊娠は可能?

日本の初産の平均年齢は、30.1歳となりました。
初産が30歳を超えたということは、出産も高齢化していると言えそうです。

baby041

医学上、高齢出産と言われるのは35歳以上だと言われています。
しかし、40代で第2子、第3子を出産する人も増え、40代で出産すること自体、珍しいことではなくなりました。

体外受精でも、妊娠成功率は低くなりますが40代でも妊娠して無事出産している人は多いです。
また、長期に渡り不妊治療をしていて出産年齢が50代になるという人も多いです。

かなり昔だと50代で出産は考えられないものでした。
しかし今では卵子提供や代理出産などの方法があるので、50代で自分の子どもを持つことが可能になってきたのです。

女性が一番妊娠しやすい年代は、20代から30代前半です。
そこからは体が老化していくのと同じで、卵子自体も老化してきます。

毎月きちんと排卵していても、その卵子の質は高齢になればなるほど悪くなってしまい、受精できても着床しないとか、妊娠が維持できない状態になりやすいのです。

有名人で50歳を過ぎてから体外受精で授かって無事出産した人がいますが、この話は50代で子どもが欲しいと望むご夫婦にとっては希望が持てたことでしょう。

50代になって、自分の卵子を使うのが難しくなった場合、卵子提供を受けて体外受精を行うことができます。
Act Oneに登録されているドナーの卵子健康な20代の日本人女性です。

ですから安心して卵子提供プログラムに取り組んでいただけます。
健康な卵子とご主人の精子を受精させますので、成功する確率は高いです。

受精卵になれば奥様の体内に戻しますので後は妊娠を確認して出産へと向かいます。
出産は日本に戻ってしますので安心です。

ただ、50代で出産となるとリスクも伴いますから、設備の整った周産期医療センターなどで出産する方がよいです。
Act Oneではこれらの病院も紹介させていただきますのでどうぞご相談ください。

卵子提供で体外受精を行えば、50代で自分の子どもを持つことは夢ではないのです。
50代で子どもが欲しいなんて言ったら笑われるだろうか、諦めなさいと言われるだろうかなどは考えないでください。
今の医学は驚くほど進歩しています。

かわいい赤ちゃんを胸に抱ける日のことを夢見ながら前を向いて一緒に頑張っていけたらとAct Oneでは考えております。
しかし、卵子提供の体外受精については不安なところもあることでしょう。

心配や不安はクリアにしてから取り組みたいですから、いつでもAct Oneにご相談ください。

日本やアメリカなど卵子提供でかかる費用について

卵子提供を受けるにあたり、気になるのがその費用ではないでしょうか。
希望しているのになかなか赤ちゃんを授かれない時、まずは日本の病院やクリニックにて不妊治療を受けようと考えるでしょう。

baby053

そしてなかなか妊娠に至らず、それでもなお赤ちゃんを産むことをあきらめられない場合、卵子提供という手段を考えるケースが多いのです。

卵子提供は日本でも受けられるのですが、受けられる条件がかなり限られていることから、誰もが望めば受けられる治療ではありません。

そこで卵子提供を希望するカップルは、卵子提供の治療が受けられる海外へ出向いて治療を受けるのです。

ちなみにどこで卵子提供を受けるかによって、費用が大きく変わってきます。
日本国内で卵子提供を受ける場合の費用ですが、約100万円の費用がかかります。

国内で治療が受けられると言う安心感もありますし、渡航費や滞在費もかかりません。
また基本的に外国とは異なり卵子提供者に対して謝礼を支払う必要がないため、それだけ費用負担を抑えることが可能になります。

日本で卵子提供を受ける条件に該当しない場合は、海外にて卵子提供を受けるのですが、それが受けられる国は限られています。

今まで日本人が卵子提供を求めて訪れていた国はアメリカです。
アメリカは不妊治療に対して日本よりも先進的な考えを持っており、卵子提供や代理出産といった高度生殖医療をいち早く取り入れています。

そして海外から来た子供を望むカップルに対しても寛容で、外国人も卵子提供が受けられるため大勢のカップルが世界中からアメリカに卵子提供を受けにやってくるのです。

しかしながら費用が高額であり、卵子提供を一回当たり受けるのに500万円前後の高額な費用負担が生じてしまいます。

これだけ高額の費用を捻出できるのはよほどのお金持ちでない限り無理なのではないかと考える方もいらっしゃいますが、実際に当社に卵子提供の相談を受けにいらっしゃる方は、平均的な収入の方であるケースが少なくありません。

当社にも卵子提供を希望する夫婦がいらっしゃいますが、皆さん一生懸命貯金をしたり、御親族やご家族に借りるなどして卵子提供の費用を用意されているのです。

費用負担の安さが魅力となり、最近ではタイや台湾といった海外で卵子提供を受けるカップルも増えてきています。

アジアの国で卵子提供を受けた場合の費用ですが、200万円から400万円とアメリカで受けるよりはだいぶ費用負担を抑えられるのが魅力です。

アメリカは卵子提供の先進国であり、実績や経験を考慮してアメリカの病院での卵子提供を希望するカップルもいらっしゃいます。

40代での体外受精の成功率

初婚年齢が上がってきている今、40代になって子どもが持ちたいと考える女性は増えてきました。

医学の進歩により高齢になってから妊娠しても無事出産できるようになってきたこともあり、不妊治療をしてでも子どもが持ちたい女性はとても多いです。

お守り01

体外受精は、体外で受精させてそれを体内へ戻すものですが、それで誰もが妊娠できるとは限りません。
自然妊娠と同じように、30代、40代と年齢が上がるごとに成功率は低くなっていきます。

女性の生殖能力は20代から30代前半がピークで、そこからはだんだんと低下していきます。
体外受精の場合、25歳くらいだと成功率は40%前後ですが、40代になると20%以下になると言われています。

その理由は、加齢によって卵子が老化するからなのです。
体外受精は受精卵を子宮内に戻すわけですが、それが着床しないと妊娠にはなりません。

子宮をベッドに例えると、20代から30代前半はふわふわの柔らかいベッドで受精卵の寝心地が良いものなのですが、年齢を重ねるごとにベッドは硬くなってしまい、受精卵の寝心地は悪くなってしまうのです。

卵子の老化や病気などで自分の卵子が使えないとなった時、もう子どもが持てないのかと落ち込むご夫婦がおられますが、卵子提供を受けて体外受精をし、妊娠、出産を迎えることは可能です。

Act Oneではそのお手伝いをさせていただきます。
40代であっても、当社の卵子提供の場合は健康な20代の日本人女性の卵子なので成功率は上がります。
不妊治療や高齢出産などの医療技術は向上していますので、どうぞ安心してお任せください。

奥様が40代のご夫婦であっても、妊娠、出産を迎えられた方はたくさんいらっしゃり、諦めずに頑張って良かったと喜んでいただいております。

卵子提供による体外受精を行う病院についても、株式会社Act Oneが責任を持ってご紹介させていただいてるので安心してください。

体外受精の成功率は、病院によって様々ですが、Act Oneでは厳選した病院と提携しております。
現在のところ、卵子提供を受けて体外受精をするのは海外がお主になっていますので、不安なことがたくさんあるかもしれません。
Act Oneではそんな皆様に寄り添い、安心して出産を迎えられるようしっかりフォローしています。
40代であっても諦めずにぜひ卵子提供プログラムに取り組んでいただきたいと考えております。

不妊治療として卵子提供希望者が増えている背景

現在日本人で卵子提供を受けに海外へ渡るカップルが急増しているのですが、それは不妊に悩む方が増えているからです。

ActOneも海外での卵子提供を希望する不妊に悩むカップルに対して、病院をあっせん、紹介する事業を行っていますが、相談件数が増加しているのを感じております。

baby063

卵子提供を受けることを希望する理由はさまざまです。
まずは生まれつき卵巣に異常があり、妊娠しづらい方、腫瘍やがんなどの病気で卵巣を失ってしまった方、早期閉経で妊娠が難しい方もいらっしゃいます。

しかしながら今述べたような理由があれば日本国内でも卵子提供を受けることは可能です。
それ以外の理由で卵子提供を希望する方の多くが、海外へ出向いているのが現状です。

卵子提供を受ける理由として最も多いのが、年齢的に妊娠が難しいケースです。
女性は35歳を過ぎたころから妊娠率が低下してくると言われており、晩婚化の昨今では不妊に悩むカップルが増えているのです。
日本でも不妊治療を受けることができるのですが、それでも妊娠に至らないケースが少なくありません。
美魔女という言葉が流行っているように見た目にも若い女性が増えているものの、卵子の老化を遅らせることは難しいのです。

老化した卵子は着床しづらくなっており、妊娠の可能性を低くしてしまいます。
そのため日本で受けることのできる高度な生殖医療による治療を持っても、妊娠する確率が高くはならないのです。

卵子提供では若く健康な女性の卵子を使って妊娠を試みますので、着床率を大きく上げることが可能となります。
他にも母親自身に遺伝性の病気があるため、それを理由に卵子提供を受ける方もいらっしゃいます。

妊娠することは可能かもしれませんが、万が一妊娠出産してしまった場合、自分の持っている病気の遺伝子が生まれてくる子供に伝わってしまったら将来的にお子さんが辛い思いをするのではないかと考えると、妊娠、出産することを決断できないのです。

しかし卵子提供という方法を選択すれば卵子は病気の遺伝子を持たない健康な女性のものを使用することができるため、自分の病気が生まれてくる子供に遺伝する危険性を避けることができます。

卵子提供を受ける方は高齢の方の割合が高いのは事実なのですが、他にも病気などを理由に年齢が若い方でも卵子提供を希望する方がいらっしゃるのです。

今日本では卵子提供という方法は一般的ではなく治療を受けることに不安もあることでしょう。
現在も治療を受ける希望者が増えていることからより認知された不妊治療の方法になる可能性が高いでしょう。

体外受精と早発閉経

早発閉経とは、40歳未満の段階で月経が来なくなることを言います。
早発閉経の原因がはっきりしているのはほんの1割か2割くらいといわれています。

ですからほとんどが原因不明とされているのが現状です。
月経は、ちょっとしたことでも周期が乱れたりするので、月経があったりなかったりしてもあまり気に留めない人がいますが、早発閉経と診断されて完全に40歳未満で閉経してしまうと妊娠を望んでも難しくなります。

baby052

やはり、月経不順が続くような場合は、早めに産婦人科で診察を受けた方が良いでしょう。
早発閉経と診断される目安は、40歳未満で6か月間無月経である、血清中のゴナドトロピン値が高く、エストロゲン値が低いということです。

早発閉経で月経が無くなってしまうと、当然排卵が起きませんので妊娠することは難しくなります。
排卵を起こすための治療(ホルモン治療など)が行われますが、早発閉経の人の多くは難治性だと言われています。

何度か治療を試みても排卵が起きない場合は、自分の卵子での妊娠は難しくなるのですが、卵子提供を受けて体外受精をすることで自分の子どもが持てる可能性があります。
ですから諦めないでください。

この場合の卵子提供は、第3者から卵子提供を受け、ご主人の精子と体外受精させて奥様の子宮に受精卵を戻し、奥様自身で妊娠、出産をするものです。

卵子は他人のものでも、妊娠、出産は奥様がしますから産まれた子どもはご夫婦の実子として戸籍に入ることになります。

早発閉経などで排卵ができなくなった、高齢で自然妊娠が難しいので良い卵子を提供してもらって体外受精し、妊娠、出産したいという人が増えてきました。

日本でも卵子提供による体外受精で妊娠、出産例が増えつつあります。
株式会社Act Oneでは、そのお手伝いをさせていただいています。

海外では当たり前のように行われている卵子提供が、日本ではまだあまり行われていないこともあり、私たちを頼りにしてくださるご夫婦に寄り添いたいと考えております。

海外では卵子提供での体外受精は法的に認められているところが多くありますので、そこで妊娠が確認できるまで滞在し、日本で出産という方法がおすすめです。

株式会社Act Oneでは日本での準備段階から海外へ渡航して卵子提供を受け体外受精、妊娠、帰国して無事出産するまできちんと見守らせていただきますのでどうぞ安心してお任せください。

メールでもお問合せを受け付けておりますので、まずはメールでご相談いただければ対応させていただきます。

卵子提供による体外受精のリスク

不妊治療中で、自分の卵子を使った体外受精を何度か試みたけれども妊娠に至らないとか、病気などで排卵が起こらなくなった場合、卵子提供を受けて体外受精をする選択もあります。

現在、国内で受けることが難しい卵子提供や代理出産の仲介をさせていただいているのが株式会社Act Oneです。

baby059

卵子提供による体外受精は、主に海外で行うことになりますので、慣れない海外での治療がスムーズに行えるよう、仲介をさせていただいています。

しかしながら、妊娠・出産にはリスクもありますので、そのことも理解しておかなければなりません。

卵子提供による体外受精で妊娠、出産した内の約7割で母子に健康影響があったというデータがあります。
脳出血などの危険性が高まる妊娠高血圧症候群や切迫早産、胎盤癒着、前置胎盤や出生時の体重が2500グラム未満の低体重児が多くみられたそうです。

これは卵子提供での出産例における高齢出産の割合が非常に高いことを示しています。

卵子提供では国内では受けることの難しい着床前診断(染色体検査)で正常であった胚を選んで移植することができますので、生まれてくるお子さんの染色体異常の心配はありません。しかし、長い不妊治療を経て卵子提供を受ける女性の多くが高齢出産となっています。その為に高齢出産リスクということを十分に配慮した出産準備が必要となります。

若い妊婦さんの自然分娩においても出産とは様々なリスクを孕むものです。

高齢での出産であればより注意深く経過を観察し、妊産婦特有のリスク症状に備えることが重要です。

出産には施設の整った総合病院を選択することも必要です。

リスクをいたずらに恐れないで、前向きに治療に取り組むことで妊娠・出産の可能性は大きく広がります。

皆様が安心して卵子提供プログラムに取り組んでいただけるよう、私たちAct Oneアクトワンはフォローアップのクリニックのご紹介含め、様々なかたちで最後までサポートさせていただきます。