act のすべての投稿

Act Oneでの卵子提供における治療の流れ

         

卵子提供は不妊治療の一つです。

第三者から卵子提供を受ける条件は、まず卵子を受ける母体が他の不妊治療を施しても子供を授かれない場合や、卵巣を摘出することにより卵子が作出できなくなった場合です。

baby30

そして卵子提供を受ける方法として、専門の機関や支援団体に登録をすることが挙げられます。
Act Oneも卵子提供エージェンシーの一つです。

Act Oneは、海外で施術を行いますが、提供される卵子はすべて健康な日本人のものです。

体外受精の治療の流れは、通常の不妊治療から始めます。
つまりいきなり卵子提供を受けることはできないのです。

冒頭でも記述した通り、卵子提供は一般的な不妊治療の最初のステップで用いられるタイミング法や人の手を使って精子を直接膣に注入し、それでも結果が得られなかった場合に進むことができる治療方法です。

一般的な不妊治療は国からの補助金も出ますが、高度生殖医療では補助がありません。
そのため、治療の時間の経過と共に医療費がかかってしまいます。

体外受精も高度生殖医療です。
ですがこの体外受精には、卵子と精子の質によっては妊娠・出産までには至りません。
そこで第三者の卵子や精子を使って体外受精を行うのですが、日本ではいまだに法の整備が整っておらず海外での施術を望むご夫婦もいるのです。

Act Oneでは施術を受ける渡航先の国やクリニックも厳選しており、ハワイやロサンゼルス、サンディエゴなど、選択の幅もあります。

Act Oneでの治療の流れは、ご夫婦に安心してプログラムを受けられるよう、詳細な面談から始まります。
また治療先はAct Oneのスタッフであり、日本人女性です。

言葉の壁で治療に支障が出ないようサポート体制も充分に整っています。
また、卵子提供プログラムの実施だけでなく、子供を出産した後のサポートも充実しています。

本来、妊娠出産は喜ばしい事なのですが、卵子提供を受けての出産では、他の心配も出てきます。
子供への告知についてもその一つでしょう。

Act Oneでは治療の流れに関するサポートだけではなく、ご夫婦だけでは糸口が見えない心の問題にも寄り添うようにサポート体制を整えています。

これらは同じ卵子提供により子供を授かった方たちとの情報交換や、互いに共感することによりご夫婦の絆を深め、今後の精神的な支えになっていきます。

Act Oneでは、このように卵子提供による治療だけでなく、ご夫婦の気持ちに寄り添い、最後までサポートしてくれるという安心感まで提供してくれるのです。

アメリカで卵子提供を受けるのと、養子縁組の違い

         

日本で不妊治療を長らく続けてもなかなか妊娠に至ることができない、しかしながら子供を持つことをあきらめられないご夫婦は少なくありません。

長年不妊に悩むカップルには養子縁組という選択肢を考えるケースも見られます。

自分たちの子供を持ちたかったけれど、それをあきらめて養子をもらって自分たちの子供として育てるのです。
養子をもらうと言う選択肢もありますが、自分たちの子供を持つ可能性が全くなくなったわけではありません。

それは卵子提供という方法があるからです。

baby062

アメリカなどに卵子提供を受けにくる日本人カップルが増えているのですが、その理由として本当の自分の子供を持つことができるからです。

アメリカでの卵子提供でかかる費用は平均して500万円前後と決して安くはないのですが、皆さん費用を工面してアメリカに卵子提供を受けにやってきます。

そこまでして自分たちの子供にこだわるのはなぜなのでしょうか。
一つは日本では養子に対する理解がまだ得られにくく、血縁を重視する考えが根付いているからです。

国によって養子縁組は決して珍しいケースではなく、アメリカでは養子縁組によって親子となる事例も少なくありません。

そのため世間的にも養子をもらうこともそれほど稀ではないのですが、日本ではまだまだ養子縁組をするケースが少なく、それが原因でお子さんが嫌な思いをしたり、いじめにあうようなことも聞きます。

卵子提供では第三者の卵子を提供してもらって妊娠出産に至るのですが、それでも親子の血縁関係は築くことができます。

アメリカで卵子提供を受けたと言う事実を周りに告げなければ、他の方が卵子提供を受けたとは知ることはないでしょう。

また将来的に自分のお子さんに卵子提供によって生まれたという事実を知らせない限りは、お子さんもご両親の本当の子供として過ごすことができるのです。

アメリカなどで第三者の卵子提供を受けて妊娠出産に至るのですが、自分の子宮で赤ちゃんを育てるため、自分の子供という意識が強く芽生えてくるのです。

養子の場合は既に誕生した子供を迎え入れるため、自分たちの子供という意識が芽生えてくるまで多少の時間がかかってしまいます。

卵子提供では第三者の卵子提供を受けたことで、母親の遺伝的要素はほとんどありませんが、精子は父親のものを使いますので、遺伝的つながりを持てます。

そして母親も自分の体で子供を育てて出産することによって、母親になった自覚が芽生えるのです。

アメリカでの卵子提供のメリットはストレスが緩和されやすいこと

         

卵子提供先としてアメリカが選ばれる理由の一つが、精神的に癒される効果が高いということも考えられます。

アメリカは本土だけでなくハワイも含めて日本人にとって人気の高い観光スポットがたくさんあります。
環境が変わったことによって、妊娠しやすくなる方は少なくありません。

アメリカに卵子提供を受けにくる方の多くが、日本で何年も不妊治療を続けてこられたカップルです。

baby0509001

平均で日本にて5年から10年治療を受けてきたけれど、期待するような結果が得られず、卵子提供に望みを託してアメリカにやってくるのです。

日本でも体外受精などに挑戦したものの、失敗して妊娠できないケースが多く見られます。

不妊治療はこれをやったからと言って絶対に妊娠するといった明確な治療法が見つからないためいろいろと努力しているにも関わらず妊娠できないと、ストレスばかりが募っていきます。

何年治療をしてもなかなか妊娠しない、周りの友達がどんどん妊娠していく、ご両親や親せきからの妊娠を期待する声などがストレスとなっていきます。

このストレスがさらに妊娠を遠ざける原因にもなるのです。
ストレスが募るとホルモンバランスが乱れやすくなり、妊娠しづらくなってしまうからです。

よく不妊治療を休んだ、辞めたら妊娠したというのはこのストレスから解放されたからです。

日本人がアメリカで卵子提供を受ける際に人気なのが、ハワイやカリフォルニア州です。

ハワイやカリフォルニア州は現地に住んでいる日本人も多く、一年を通して温暖な気候であること、比較的日本語が通じる場所もあることからストレスを緩和させるのに適した環境が整っているのです。

さらにはカリフォルニア州やハワイには観光スポットも大変多く、卵子提供を受けにアメリカに来るカップルの多くが、第二の新婚旅行のような気分で現地での観光を楽しんだりするのです。

またハワイやカリフォルニア州は、日本からの直行便も多く、アクセスがしやすいのです。

アメリカで卵子提供を受ける場合は、最低でも二回は現地の病院、クリニックを訪れる必要がありますので、アクセスが良いのは助かります。

また直行便を飛ばしている航空会社も複数から選べますので、マイルをためているなどの理由で航空会社を選ぶこともできますし、時期によっては格安チケットを手に入れることも可能です。

こういった環境で卵子提供を受けることで、日本で受けてきたストレスが緩和されて妊娠につながりやすくなります。

アメリカで卵子提供を受けている方とは

         

日本で卵子提供を受けることができるのは、病気などが理由で早期閉経が起こってしまったなどの理由で妊娠の可能性がない方に限られています。

しかしながらそれ以外のケースでも諸事情により妊娠するケースが難しく、卵子提供を必要としている患者さんが非常に多いのです。

そこで皆さんアメリカなどの海外に渡り、卵子提供を受けるのです。
卵子提供を必要としている方、アメリカなどで卵子提供を受けた、これから受けようと考えている方はどのような方がいるのかをご紹介していきます。

ninpou0428006

卵巣機能が弱っている方も妊娠しづらいため、アメリカでの卵子提供を希望されている方が多く見られます。

卵巣機能が弱っていると、たとえ年齢が若くても質のいい卵子を作ることが難しくなり、妊娠しづらくなっています。
そういった方は生理周期がバラバラであったりと生理が定期的に起こらず、妊娠しづらくなっています。

早期閉経の症状が見られない限りは、日本で卵子提供を受けることができませんので、アメリカに渡って卵子提供を受けることになります。

また妊娠できる可能性を持ち合わせていながら、卵子提供を受けるケースも見られます。
それは自身に遺伝的な疾患がある場合です。

もしも自分の卵子で子供ができてしまった場合、その遺伝的疾患が生まれてくる子供に受け継がれてしまう危険性が考えられます。

第三者の卵子を提供してもらえる卵子提供なら、遺伝的な要素もしっかりと調べた上でドナーを選ぶこともできるので、遺伝的疾患を受け継がない子供を持つことが可能になります。

このようなケースも国内にて卵子提供を受けることができないため、アメリカなどの外国にて卵子提供を受けることとなります。

他にも病気で化学療法や放射線治療を受けたことがある女性も、卵子提供を希望されるケースが見られます。
化学療法や放射線治療を受けると、体に何等かの悪影響が出てくる可能性が高く、それが生まれてくる子供に影響を与えかねません。

そこで健康な第三者の卵子提供を受けて、妊娠することを希望するのです。
他にも病気で卵巣を失ってしまったものの、子宮だけが残っている女性も妊娠を希望してアメリカなどで卵子提供を希望されているケースもあります。

さらには未婚の女性で卵子提供だけでなく精子提供も希望されている方でもアメリカにて、卵子と精子の両方を提供してもらうために渡米するケースもあるのです。

皆さん様々な事情で卵子提供を受けています。

ドナーの選択肢が豊富なアメリカでの卵子提供

         

卵子提供を受けるために海外へ渡る日本人が増えています。

近頃は日本に近い東南アジアの国でも卵子提供を受けられるようになったのですが、アメリカに渡って治療を受ける日本人が多くみられるのですが、それはアメリカにて卵子提供を受けるメリットが大きいからです。

アメリカで卵子提供を受けるメリットの一つが、卵子提供者の選択肢の多さです。
アメリカで卵子提供を希望した場合、当社ActOneのような仲介業者に依頼をして、ドナーとなる方を決めることができます。

baby042803

その際にドナーは国籍や、学歴などからご夫婦の好みのドナーを選んでいただくことができるようになっています。

中には日本人ではなく外国籍のドナーを選ぶご夫婦もいらっしゃいますが、日本人夫婦の間に生まれてくる子供がハーフのような顔立ちをしていると、生まれてきたお子さん自身が年頃になって自分の顔立ちを気にかけるようになることも考えられます。

そのため日本人で卵子提供を希望されるカップルの多くが、卵子提供者として日本人女性を希望されます。
近頃はアジアや日本の近隣諸国で卵子提供を受けることが可能となり、アメリカ以外の国で卵子提供を希望する日本人カップルも増えてきています。

しかしながらドナーの選択肢の多さではやはりいまだにアメリカが一番多いと言えるでしょう。

アメリカで卵子提供ドナーが多い理由としては、アメリカ在住の日本人が多いことと、仕事などの理由で駐在している、留学中の日本人女性が大変多いことが理由として挙げられます。

日本に在住している女性の中でも、当社ActOneのようなアメリカでの卵子提供を仲介しているエージェントを通じて、アメリカに渡って卵子提供をしてくれるドナーも少なくはないのです。

アメリカはもともと卵子提供を世界に先がけて行ってきた国であるため、卵子提供の治療を行っている病院、クリニックの数ともに豊富にあります。

また卵子提供者であるドナーの情報も多く公開されていることから、ドナーが集まりやすいのです。
アメリカ以外の国でも選択肢はそれなりにありますが、必ずしも希望するドナーから卵子提供が受けられるとは限りません。

ドナーの都合や体調などを考慮して卵子提供を受けるドナーを最終的に決定していくからです。
そのため卵子提供のドナーを決めるときは、一人だけに絞るのではなく、複数のドナーを選んでいただくのが一般的なやり方です。

卵子提供の選択肢の数が多ければ、自分の子供に備わってほしい遺伝子を持っているドナーを選びやすくなります。

アメリカでの卵子提供で起こり得る国籍問題

         

日本では卵子提供を受ける患者の規制が厳しく、卵子提供を希望する多くの方が日本ではなくアメリカやその他外国で治療を受けているのが現状です。

アメリカやそのほかの国で卵子提供を受ける場合、国籍問題に不安を覚える方が少なくありません。

それは卵子提供者の国籍が選べることが原因として考えられます。
卵子提供をするドナーですが、日本人だけでなく国籍を問わず広く卵子提供者を募っているのが現状です。

特にアメリカのような多民族国家では、ドナーの国籍や性別も多岐にわたっているのです。

world_children

アメリカで卵子提供を受けるときは、ドナーを選ぶことができるのですが、国籍や容姿、学歴などを考慮して自分たちの希望するドナーを選べるようになっています。

もしも選んだドナーが日本国籍ではなかった場合、それが国籍問題に発展するのではないかという心配が起こるのです。

よく国籍問題に関しては、日本ではなく海外で出産した場合に取りざたされます。

海外で出産した場合、そこで生まれた子供は現地の国籍と日本の両方の国籍を取得して、一定の年齢に達するまでは両方の国籍を持つことが認められています。

二つの国籍を持っていると、パスポートの取得や海外旅行に出かけるときに、日本国籍の方と手続きや必要な書類やビザなどが異なる場合があり、それによりトラブルが起こるため問題となりやすいのです。

しかしながら卵子提供者に日本人以外の国籍を選んだ場合でも日本で出産し、その父親が日本人であればその生まれた子供も日本国籍を取得することができますので、国籍問題が起こるようなこともありません。

この国籍問題は、アメリカでの卵子提供だけでなく代理出産でも言えることなのです。

代理出産もよく国籍などのトラブルが起こりやすいのですが、代理母が日本人ではなくてもその子供の父親が日本人であれば、その子は日本国籍が無条件で得られるのです。

そういった国籍問題を心配してアメリカでの卵子提供を躊躇されている方もいらっしゃるでしょう。

アメリカはまた卵子提供に関して法律整備がしっかりとされていますので、国籍問題が起こるようなトラブルも少ないと考えられます。

当社もアメリカでの卵子提供のあっせんを行っているのですが、もしも事前に国籍問題などの不安を抱えている場合は、当社スタッフが少しでも不安を取り除けるようにお手伝いさせていただきます。

疑問や不安をきちんと解消してから卵子提供プログラムを受けて頂けます。

アメリカでの卵子提供の手続きと流れ

         

子供を授かるために、卵子提供を受けようと決断した場合、どのような手続き、流れで治療をすすめていくのかをご紹介していきます。

卵子提供を受けるに当たり、特定の事情がない方に限っては、日本国内ではなくアメリカなどの海外にて卵子提供を受けることになります。

その際にはアメリカなどの現地の医療機関に関する情報を持っていない、言葉の問題などから卵子提供をあっせんする当社ActOneのようなエージェントに依頼を行います。

baby042801

最初はそのエージェントを選ぶことから始めることになりますが、エージェントのほとんどが最初はアメリカでの卵子提供に関する詳しい説明を行い、卵子提供が本当に自分たち夫婦にとってベストな選択なのかどうかを考える機会を与えさせて頂きますます。

卵子提供にはメリットだけでなくデメリットもありますし、必ず誰もが妊娠できる方法ではないこと、また費用がどの程度かかるのかを理解して頂きます。

アメリカでの卵子提供の内容や費用、手続きに関して詳しく聞き、納得した上で治療を申込みするという流れになっています。

当社ではアメリカでの卵子提供をお申込みいただくと、契約手続きに入る流れになっていますが、その時点で支払う費用の半額をお振り込みにてお支払頂くことになっております。

実際に契約が済んでから、今度はアメリカに渡るスケジュールを組んでいく流れになっていきます。
アメリカには卵子提供のために合計2回行く必要が出てきます。

最初のアメリカ滞在の流れとしては、妊娠するために必要な検査を受けて頂きます。

この時はご夫婦二人で検査を受けて頂きますので、2人の都合を合わせてアメリカに行っていただく手続きをとっていただきます。
検査自体は半日程度で終了しますので、実質必要な滞在期間は1日、もしくは2日あれば十分です。

その後卵子提供者であるドナーを決めて頂く手続きに入っていきます。
卵子提供者のドナーですが、ドナー側の都合もありますので希望を複数出していただく流れになります。

卵子提供ドナーとのスケジュール調整の後で、再度アメリカに渡って頂く手続きを取ることになります。

一回目の渡米にて旦那さんの精子を採取してある場合は、2回目のアメリカ訪問は奥様だけで大丈夫です。
その際の滞在に必要な期間ですが、約1週間ほどです。

この時に卵子提供された卵子と旦那さんの精子を受精させた胚を奥様の子宮に移植する手術を行う流れになっております。

その後帰国して2週間ほど経過してから、妊娠したかどうかを判定してもらう手続きに入ります。

アメリカでの卵子提供は安全性も高い

         

卵子提供を受けたいけれど、その安全性が気になるという方も多くいらっしゃると思います。
第三者の卵子を提供してもらって妊娠の確率を上げる卵子提供の方法は、安全と言えるのでしょうか。

どのような医療行為であっても絶対に安全性を保障できるということはありませんが、然るべき病院やクリニックを選ぶことで安全性を確保することは可能です。

baby0425

日本では法律の問題から卵子提供を誰もが受けることが難しいのですが、海外ではそれが法律で認められている国があります。

自国で卵子提供を受けられないカップルが法律でそれが認められている国を訪問して、卵子提供の治療を受けているのですが、安全性の面で考ええるとアメリカでの治療をおすすめいたします。

アメリカは不妊治療において先進国であり、実際にアメリカ人の方でも100人に1人の割合で卵子提供を受けて出産に至っているのです。

そのため卵子提供のための設備が整っているだけでなく、最先端の治療や検査も取り入れており、妊娠率の向上と安全性の高さを保持しているのです。

アメリカで卵子提供を受けるにあたり、高度な技術や検査を受けられますので妊娠出産の安全性を高めることが可能になります。

その一つが着床前遺伝子診断です。
それは着床する前に受精卵の遺伝子を検査できる最先端技術であり、卵子提供によって肺移植する前に特定の病気を引き起こすような受精卵を避けて肺移植を行うことが可能になります。

この結果妊娠してから胎児に起こるトラブルやリスクを大きく減らすことができるのです。

アメリカでの卵子提供は法律的にも安全性が高いと言えるのです。
アメリカは州によって法律が異なるのですが、その中のカリフォルニア州では世界でいち早く卵子提供や代理出産の開始を認めた実績があります。

卵子提供で起こりがちな卵子を提供してくれたドナーと提供を受けた側のトラブルに関しても、契約時に弁護士が仲介に入りますので将来的に起こり得るような問題を回避することができるのです。

いまアメリカだけでなく他の外国にても高度な卵子提供を受けることが可能になり、アメリカと比べて安い費用で卵子提供を受けられるのは事実です。

医療面での安全性だけでなく法律面での安全性を考慮した場合、アメリカ以外の国は法律面の整備が弱いのは否めません。

長年卵子提供を行ってきた実績があるからこそ、技術面や法律面でさまざまな困難やトラブルに対応してきたからこそ、安全性の高い卵子提供治療が受けられるようになっているのです。

アメリカで卵子提供を受けるのに必要な期間

         

卵子提供をアメリカにて受ける場合は、どれくらいの期間が必要になるのでしょうか。

ご夫婦でお仕事をされているケースも多く、仕事の都合をつけて頂く必要も出てくるため、治療に必要とする日数についてはあらかじめよく理解しておくようにしましょう。

アメリカで卵子提供を受けるにあたって、当社のような卵子提供エージェントにご依頼を頂いて治療を受けるケースがほとんどです。

当社にご相談を頂いてから、実際に胚移植を受けるまでの期間は、平均で3か月半から4か月ほどです。

まずアメリカなどの海外で卵子提供をあっせんしている業者を選ぶときに、すぐに手続に入るのではなく卵子提供に関する詳しい説明を受けることになります。

卵子提供に関して理解を深めて頂いてなおその治療を希望する場合は実際の治療に関する相談を行うことになります。

そしてその後卵子提供に関する詳しい流れや費用に関する説明を受けることになるのですが、これだけでも何日かにわけて説明や面談が行われることが多いため、1週間ほどの期間がかかることがあります。

それから実際にアメリカに渡って卵子提供を受けるための手続きに入っていきます。

卵子提供を受けるためには、アメリカの病院やクリニックにて検査を受ける必要があるのですが、そのためにアメリカに訪問してご夫婦にて検査を受けて頂きます。

依頼をするエージェントによっては、日本にて卵子提供を受けるドナーを選んでいただくこともありますし、現地にてドナーを決めて頂くケースもあります。

最初にご夫婦にてアメリカに渡って頂くのですが、その際の滞在期間はおおよそ3日程度で済みます。

この時に奥様の方が妊娠可能かどうかを検査してもらい、旦那さんの方は精子を採取してそれを凍結する作業を行います。
その後一旦帰国してから再度アメリカに渡るのですが、このままアメリカに滞在をして胚移植を受けることも可能です。

まとまってお休みが取れそうな場合は、そのままアメリカで滞在しながら現地を観光していただくのも良いかと思います。

一旦日本に帰国されてから再度アメリカに胚移植を受けにくるのですが、その際に必要な期間は5日から7日ほどです。

このときに旦那さんは既に精子が凍結してありますので、どうしても都合がつかなければアメリカへ一緒に渡る必要はありません。

肺移植が終わってからその後帰国になりますが、その時点で妊娠したかは判断できません。
2週間ほどの期間をおいてから、妊娠できたかどうかを診てもらいます。

アメリカで卵子提供を受ける時の保険

         

アメリカにて卵子提供の治療を受けたいけれど、費用がネックになってなかなか治療を決断できないというご夫婦も少なくありません。

確かに一回当たりのアメリカでの卵子提供の費用は、500万円前後かかるのが一般的であり簡単に出せる金額ではないことがわかります。

夫婦1

それでも日本でずっと不妊治療を続けていても絶対に授かれるという保証もありませんし、それなら少しでも確率の高い方法に欠けてみたいと考えて、アメリカでの卵子提供を決断するのです。

しかも不妊治療では健康保険が適用されませんので、全て自己負担となってしまいます。

政府も少子化対策として、高額な不妊治療負担を少しでも軽減させるために、日本国内での体外受精などにかかる費用の一部助成を実施していますが、それでもまだ自己負担が軽くなったとは言い難いのです。

アメリカで受ける不妊治療の卵子提供では、そういった助成も受けられませんしもちろん保険も適用されませんので、かかる費用は全て自分で用意するしかないのです。

アメリカで卵子提供を受けた方の多くが、その費用をコツコツと貯めて用意しておいたり、誰かに借りるなどして工面されているようです。

卵子提供は妊娠率が7割以上という高い実績を誇っている不妊治療の方法ですから、妊娠するためにも高い費用を払って卵子提供を受けるのです。

当社ではできるだけ費用負担を軽くすることができるよう、金額を考慮させていただいております。

閉経や病気などしておらず妊娠する可能性が残されている場合、日本で卵子提供を受けることはできません。

よって卵子提供を希望する場合は、法律でそれが認められているアメリカやそのほかの国に渡って治療を受けるしかありません。
海外で治療を受けるにあたって、さまざまな疑問や不安が出てきて当然です。

当社はアメリカでの卵子提供をご提案している会社ですが、アメリカまでの渡航から各種保険に関する手続きまで全て私たちがサポートいたしますので、アメリカにて安心して卵子提供を受けて頂くことが可能になります。

海外へ渡航する際は、日本の健康保険が適用されず、万が一の時のことを考えて、海外で適用できる保険に加入する必要があります。

そういった保険もどこの保険会社のどのようなタイプの保険に加入していいのかを自分で判断するのは難しいと思います。

当社ではそういった細かい渡航に関する保険手続きまでサポートいたしますので、お客様は卵子提供のことにだけ集中することが可能になります。