act のすべての投稿

ドナーの選択肢が豊富なアメリカでの卵子提供

卵子提供を受けるために海外へ渡る日本人が増えています。

近頃は日本に近い東南アジアの国でも卵子提供を受けられるようになったのですが、アメリカに渡って治療を受ける日本人が多くみられるのですが、それはアメリカにて卵子提供を受けるメリットが大きいからです。

アメリカで卵子提供を受けるメリットの一つが、卵子提供者の選択肢の多さです。
アメリカで卵子提供を希望した場合、当社ActOneのような仲介業者に依頼をして、ドナーとなる方を決めることができます。

baby042803

その際にドナーは国籍や、学歴などからご夫婦の好みのドナーを選んでいただくことができるようになっています。

中には日本人ではなく外国籍のドナーを選ぶご夫婦もいらっしゃいますが、日本人夫婦の間に生まれてくる子供がハーフのような顔立ちをしていると、生まれてきたお子さん自身が年頃になって自分の顔立ちを気にかけるようになることも考えられます。

そのため日本人で卵子提供を希望されるカップルの多くが、卵子提供者として日本人女性を希望されます。
近頃はアジアや日本の近隣諸国で卵子提供を受けることが可能となり、アメリカ以外の国で卵子提供を希望する日本人カップルも増えてきています。

しかしながらドナーの選択肢の多さではやはりいまだにアメリカが一番多いと言えるでしょう。

アメリカで卵子提供ドナーが多い理由としては、アメリカ在住の日本人が多いことと、仕事などの理由で駐在している、留学中の日本人女性が大変多いことが理由として挙げられます。

日本に在住している女性の中でも、当社ActOneのようなアメリカでの卵子提供を仲介しているエージェントを通じて、アメリカに渡って卵子提供をしてくれるドナーも少なくはないのです。

アメリカはもともと卵子提供を世界に先がけて行ってきた国であるため、卵子提供の治療を行っている病院、クリニックの数ともに豊富にあります。

また卵子提供者であるドナーの情報も多く公開されていることから、ドナーが集まりやすいのです。
アメリカ以外の国でも選択肢はそれなりにありますが、必ずしも希望するドナーから卵子提供が受けられるとは限りません。

ドナーの都合や体調などを考慮して卵子提供を受けるドナーを最終的に決定していくからです。
そのため卵子提供のドナーを決めるときは、一人だけに絞るのではなく、複数のドナーを選んでいただくのが一般的なやり方です。

卵子提供の選択肢の数が多ければ、自分の子供に備わってほしい遺伝子を持っているドナーを選びやすくなります。

アメリカでの卵子提供で起こり得る国籍問題

日本では卵子提供を受ける患者の規制が厳しく、卵子提供を希望する多くの方が日本ではなくアメリカやその他外国で治療を受けているのが現状です。

アメリカやそのほかの国で卵子提供を受ける場合、国籍問題に不安を覚える方が少なくありません。

それは卵子提供者の国籍が選べることが原因として考えられます。
卵子提供をするドナーですが、日本人だけでなく国籍を問わず広く卵子提供者を募っているのが現状です。

特にアメリカのような多民族国家では、ドナーの国籍や性別も多岐にわたっているのです。

world_children

アメリカで卵子提供を受けるときは、ドナーを選ぶことができるのですが、国籍や容姿、学歴などを考慮して自分たちの希望するドナーを選べるようになっています。

もしも選んだドナーが日本国籍ではなかった場合、それが国籍問題に発展するのではないかという心配が起こるのです。

よく国籍問題に関しては、日本ではなく海外で出産した場合に取りざたされます。

海外で出産した場合、そこで生まれた子供は現地の国籍と日本の両方の国籍を取得して、一定の年齢に達するまでは両方の国籍を持つことが認められています。

二つの国籍を持っていると、パスポートの取得や海外旅行に出かけるときに、日本国籍の方と手続きや必要な書類やビザなどが異なる場合があり、それによりトラブルが起こるため問題となりやすいのです。

しかしながら卵子提供者に日本人以外の国籍を選んだ場合でも日本で出産し、その父親が日本人であればその生まれた子供も日本国籍を取得することができますので、国籍問題が起こるようなこともありません。

この国籍問題は、アメリカでの卵子提供だけでなく代理出産でも言えることなのです。

代理出産もよく国籍などのトラブルが起こりやすいのですが、代理母が日本人ではなくてもその子供の父親が日本人であれば、その子は日本国籍が無条件で得られるのです。

そういった国籍問題を心配してアメリカでの卵子提供を躊躇されている方もいらっしゃるでしょう。

アメリカはまた卵子提供に関して法律整備がしっかりとされていますので、国籍問題が起こるようなトラブルも少ないと考えられます。

当社もアメリカでの卵子提供のあっせんを行っているのですが、もしも事前に国籍問題などの不安を抱えている場合は、当社スタッフが少しでも不安を取り除けるようにお手伝いさせていただきます。

疑問や不安をきちんと解消してから卵子提供プログラムを受けて頂けます。

アメリカでの卵子提供の手続きと流れ

子供を授かるために、卵子提供を受けようと決断した場合、どのような手続き、流れで治療をすすめていくのかをご紹介していきます。

卵子提供を受けるに当たり、特定の事情がない方に限っては、日本国内ではなくアメリカなどの海外にて卵子提供を受けることになります。

その際にはアメリカなどの現地の医療機関に関する情報を持っていない、言葉の問題などから卵子提供をあっせんする当社ActOneのようなエージェントに依頼を行います。

baby042801

最初はそのエージェントを選ぶことから始めることになりますが、エージェントのほとんどが最初はアメリカでの卵子提供に関する詳しい説明を行い、卵子提供が本当に自分たち夫婦にとってベストな選択なのかどうかを考える機会を与えさせて頂きますます。

卵子提供にはメリットだけでなくデメリットもありますし、必ず誰もが妊娠できる方法ではないこと、また費用がどの程度かかるのかを理解して頂きます。

アメリカでの卵子提供の内容や費用、手続きに関して詳しく聞き、納得した上で治療を申込みするという流れになっています。

当社ではアメリカでの卵子提供をお申込みいただくと、契約手続きに入る流れになっていますが、その時点で支払う費用の半額をお振り込みにてお支払頂くことになっております。

実際に契約が済んでから、今度はアメリカに渡るスケジュールを組んでいく流れになっていきます。
アメリカには卵子提供のために合計2回行く必要が出てきます。

最初のアメリカ滞在の流れとしては、妊娠するために必要な検査を受けて頂きます。

この時はご夫婦二人で検査を受けて頂きますので、2人の都合を合わせてアメリカに行っていただく手続きをとっていただきます。
検査自体は半日程度で終了しますので、実質必要な滞在期間は1日、もしくは2日あれば十分です。

その後卵子提供者であるドナーを決めて頂く手続きに入っていきます。
卵子提供者のドナーですが、ドナー側の都合もありますので希望を複数出していただく流れになります。

卵子提供ドナーとのスケジュール調整の後で、再度アメリカに渡って頂く手続きを取ることになります。

一回目の渡米にて旦那さんの精子を採取してある場合は、2回目のアメリカ訪問は奥様だけで大丈夫です。
その際の滞在に必要な期間ですが、約1週間ほどです。

この時に卵子提供された卵子と旦那さんの精子を受精させた胚を奥様の子宮に移植する手術を行う流れになっております。

その後帰国して2週間ほど経過してから、妊娠したかどうかを判定してもらう手続きに入ります。

アメリカでの卵子提供は安全性も高い

卵子提供を受けたいけれど、その安全性が気になるという方も多くいらっしゃると思います。
第三者の卵子を提供してもらって妊娠の確率を上げる卵子提供の方法は、安全と言えるのでしょうか。

どのような医療行為であっても絶対に安全性を保障できるということはありませんが、然るべき病院やクリニックを選ぶことで安全性を確保することは可能です。

baby0425

日本では法律の問題から卵子提供を誰もが受けることが難しいのですが、海外ではそれが法律で認められている国があります。

自国で卵子提供を受けられないカップルが法律でそれが認められている国を訪問して、卵子提供の治療を受けているのですが、安全性の面で考ええるとアメリカでの治療をおすすめいたします。

アメリカは不妊治療において先進国であり、実際にアメリカ人の方でも100人に1人の割合で卵子提供を受けて出産に至っているのです。

そのため卵子提供のための設備が整っているだけでなく、最先端の治療や検査も取り入れており、妊娠率の向上と安全性の高さを保持しているのです。

アメリカで卵子提供を受けるにあたり、高度な技術や検査を受けられますので妊娠出産の安全性を高めることが可能になります。

その一つが着床前遺伝子診断です。
それは着床する前に受精卵の遺伝子を検査できる最先端技術であり、卵子提供によって肺移植する前に特定の病気を引き起こすような受精卵を避けて肺移植を行うことが可能になります。

この結果妊娠してから胎児に起こるトラブルやリスクを大きく減らすことができるのです。

アメリカでの卵子提供は法律的にも安全性が高いと言えるのです。
アメリカは州によって法律が異なるのですが、その中のカリフォルニア州では世界でいち早く卵子提供や代理出産の開始を認めた実績があります。

卵子提供で起こりがちな卵子を提供してくれたドナーと提供を受けた側のトラブルに関しても、契約時に弁護士が仲介に入りますので将来的に起こり得るような問題を回避することができるのです。

いまアメリカだけでなく他の外国にても高度な卵子提供を受けることが可能になり、アメリカと比べて安い費用で卵子提供を受けられるのは事実です。

医療面での安全性だけでなく法律面での安全性を考慮した場合、アメリカ以外の国は法律面の整備が弱いのは否めません。

長年卵子提供を行ってきた実績があるからこそ、技術面や法律面でさまざまな困難やトラブルに対応してきたからこそ、安全性の高い卵子提供治療が受けられるようになっているのです。

アメリカで卵子提供を受けるのに必要な期間

卵子提供をアメリカにて受ける場合は、どれくらいの期間が必要になるのでしょうか。

ご夫婦でお仕事をされているケースも多く、仕事の都合をつけて頂く必要も出てくるため、治療に必要とする日数についてはあらかじめよく理解しておくようにしましょう。

アメリカで卵子提供を受けるにあたって、当社のような卵子提供エージェントにご依頼を頂いて治療を受けるケースがほとんどです。

当社にご相談を頂いてから、実際に胚移植を受けるまでの期間は、平均で3か月半から4か月ほどです。

まずアメリカなどの海外で卵子提供をあっせんしている業者を選ぶときに、すぐに手続に入るのではなく卵子提供に関する詳しい説明を受けることになります。

卵子提供に関して理解を深めて頂いてなおその治療を希望する場合は実際の治療に関する相談を行うことになります。

そしてその後卵子提供に関する詳しい流れや費用に関する説明を受けることになるのですが、これだけでも何日かにわけて説明や面談が行われることが多いため、1週間ほどの期間がかかることがあります。

それから実際にアメリカに渡って卵子提供を受けるための手続きに入っていきます。

卵子提供を受けるためには、アメリカの病院やクリニックにて検査を受ける必要があるのですが、そのためにアメリカに訪問してご夫婦にて検査を受けて頂きます。

依頼をするエージェントによっては、日本にて卵子提供を受けるドナーを選んでいただくこともありますし、現地にてドナーを決めて頂くケースもあります。

最初にご夫婦にてアメリカに渡って頂くのですが、その際の滞在期間はおおよそ3日程度で済みます。

この時に奥様の方が妊娠可能かどうかを検査してもらい、旦那さんの方は精子を採取してそれを凍結する作業を行います。
その後一旦帰国してから再度アメリカに渡るのですが、このままアメリカに滞在をして胚移植を受けることも可能です。

まとまってお休みが取れそうな場合は、そのままアメリカで滞在しながら現地を観光していただくのも良いかと思います。

一旦日本に帰国されてから再度アメリカに胚移植を受けにくるのですが、その際に必要な期間は5日から7日ほどです。

このときに旦那さんは既に精子が凍結してありますので、どうしても都合がつかなければアメリカへ一緒に渡る必要はありません。

肺移植が終わってからその後帰国になりますが、その時点で妊娠したかは判断できません。
2週間ほどの期間をおいてから、妊娠できたかどうかを診てもらいます。

アメリカで卵子提供を受ける時の保険

アメリカにて卵子提供の治療を受けたいけれど、費用がネックになってなかなか治療を決断できないというご夫婦も少なくありません。

確かに一回当たりのアメリカでの卵子提供の費用は、500万円前後かかるのが一般的であり簡単に出せる金額ではないことがわかります。

夫婦1

それでも日本でずっと不妊治療を続けていても絶対に授かれるという保証もありませんし、それなら少しでも確率の高い方法に欠けてみたいと考えて、アメリカでの卵子提供を決断するのです。

しかも不妊治療では健康保険が適用されませんので、全て自己負担となってしまいます。

政府も少子化対策として、高額な不妊治療負担を少しでも軽減させるために、日本国内での体外受精などにかかる費用の一部助成を実施していますが、それでもまだ自己負担が軽くなったとは言い難いのです。

アメリカで受ける不妊治療の卵子提供では、そういった助成も受けられませんしもちろん保険も適用されませんので、かかる費用は全て自分で用意するしかないのです。

アメリカで卵子提供を受けた方の多くが、その費用をコツコツと貯めて用意しておいたり、誰かに借りるなどして工面されているようです。

卵子提供は妊娠率が7割以上という高い実績を誇っている不妊治療の方法ですから、妊娠するためにも高い費用を払って卵子提供を受けるのです。

当社ではできるだけ費用負担を軽くすることができるよう、金額を考慮させていただいております。

閉経や病気などしておらず妊娠する可能性が残されている場合、日本で卵子提供を受けることはできません。

よって卵子提供を希望する場合は、法律でそれが認められているアメリカやそのほかの国に渡って治療を受けるしかありません。
海外で治療を受けるにあたって、さまざまな疑問や不安が出てきて当然です。

当社はアメリカでの卵子提供をご提案している会社ですが、アメリカまでの渡航から各種保険に関する手続きまで全て私たちがサポートいたしますので、アメリカにて安心して卵子提供を受けて頂くことが可能になります。

海外へ渡航する際は、日本の健康保険が適用されず、万が一の時のことを考えて、海外で適用できる保険に加入する必要があります。

そういった保険もどこの保険会社のどのようなタイプの保険に加入していいのかを自分で判断するのは難しいと思います。

当社ではそういった細かい渡航に関する保険手続きまでサポートいたしますので、お客様は卵子提供のことにだけ集中することが可能になります。

ハワイ卵子提供体験談 R.K様

ハワイ体験談 R.K様

◆1次渡航アンケート◆

Q1:弊社の対応について(弊社の応対状況、事務所についてのご感想、弊社全般に関するご意見、ご要望等)

土日対応のあるのが良い。仕事が忙しくなかなか時間が取れないのですが、とても柔軟に対応して頂いて助かります。

Q2:海外のクリニックについて(クリニックの応対状況、治療、設備についてのご感想、ご意見、ご要望等)

海外クリニックの対応、特に日本語での対応はとても良かった。
クリニックは少し寒かったので、羽織るものを持っていかれるとよいと思います。

Q3:海外の弊社スタッフについて(スタッフの対応状況についてのご感想、ご意見、ご要望等)

海外スタッフの方には、いろいろ良くしていただきました。ジュースをおごってもらいました!

Q4:その他について(その他全般的なご感想、ご意見、ご要望)

特になし

アメリカで卵子提供を受けるときのメリット、デメリット

どんなことにもメリット、デメリットがあります。
妊娠率が7割以上にものぼる卵子提供にももちろん、メリットとデメリットがあるのです。

medical_syussan

私たちAct Oneは、日本では法整備がされていないことから、主にアメリカでの卵子提供をご提案している会社ですが、私たちにご相談にいらっしゃるご夫婦に関しても、アメリカで卵子提供を受ける前に必ずメリットとデメリットの両方をご説明した上で卵子提供を受けるかどうかをご判断いただいております。

アメリカで卵子提供を受けるメリットのひとつが、設備の整っている環境で治療が受けられる点です。

日本でも卵子提供の治療を受けられるクリニック、病院はあるのですがまだ法律による規制が厳しく、その治療が受けられる人はかなり限られています。

一方でアメリカではアメリカ人でも外国人でも希望すれば卵子提供を受けられますので、設備が整っている病院やクリニックが多く存在するのです。

またアメリカは卵子提供の実績がある病院やクリニックも多く、信頼して治療を受けられるというメリットもあげられます。

他にもアメリカで卵子提供を受けるメリットとしては、妊娠率を上げられることと、妊娠による胎児のリスクを下げることが可能になる点です。

妊娠に至らない理由に卵子に何かしらの問題があることが考えられますが、健康な若い女性から提供された卵子を使用することによって、妊娠率を上げることが可能になります。

また卵子に問題があると妊娠をしても胎児にトラブルや奇形が起こるリスクが上がってしまうのですが、健康で若い卵子を使用することでそのリスクも低減できるのです。

さらにアメリカという土地で卵子提供を受けると、気分も開放的になります。
不妊治療を長年日本で続けており、結果がなかなか出ないことに焦りやストレスを感じている方は少なくありません。

日本でずっと留まって治療を続けているよりも、アメリカで治療を受けた方が精神的ストレスも緩和されて妊娠につながりやすくなるのです。

アメリカで卵子提供を受けるデメリットとしては、費用が高額であることです。
日本で体外受精などの高度生殖治療を何度か受けても費用が高額になりますが、卵子提供は一回あたりの費用が数百万円もかかります。

当社ではできるだけ費用面でのデメリットを解消していただけるように、リーズナブルな価格にて卵子提供が受けられるように努めております。

また支払方法に関しても、お客様に無理のない範囲で支払強いて頂けるようの相談に応じております。

日本とアメリカの卵子提供の実情

世界には、生まれつき卵巣の機能に異常があり正常な排卵の行われない女性や、若くして閉経してしまった女性が数多くいらっしゃいます。

排卵のある女性であれば、タイミング法、排卵誘発剤、人工授精や配偶者間での体外受精や顕微授精といった不妊治療によって妊娠することも可能でしょう。しかし排卵の無い女性は、自分自身の卵子で受精させることはできないのです。

kokki001

このような女性が唯一妊娠できる可能性のある治療法が、卵子提供による体外受精なのです。

卵子提供は、アメリカでは30年以上も前から実践されている不妊治療法で、それ以外の不妊治療で妊娠に至らなかった場合に、代理出産や養子といった選択肢と共に患者さんに与えられる提案です。

しかし残念ながら、日本国内では非配偶者間での体外受精についてはまだ議論が進んでおらず、卵子提供による体外受精の治療を行えるクリニックも数が少ないため、日本国内で治療を受けるのは簡単なことでは無いのが実情です。

そのため卵子提供を望む多くのご夫婦は、エージェントを介して海外での卵子提供プログラムに参加するのです。
卵子提供プログラムは、アメリカやアジアの各国で行われています。

卵子提供による豊富な治療実績を持ち、高度な医療技術と最先端の設備のもとで治療を受けることができるというメリットがあります。

一方で治療期間中は複数回治療先の国へ渡航し、数日間の滞在が必要になるため、治療費とは別にさまざまな費用がかかります。

さらに一度の治療で妊娠に至らなかった場合はさらに渡航と現地での治療を繰り返す場合もあり、その費用負担は相当なものになるでしょう。

そして、無事妊娠に成功して元気な赤ちゃんを授かったとしても、日本は卵子提供によって産まれた子どもとの親子関係に関する法整備が進んではいません。

社会的にもまだまだ理解が浅く、産後も何かと辛い思いをすることが多いかもしれません。

しかし、卵子提供によって産まれたお子様の数は確実に増加しており、卵子提供そのもののニーズも年々増え続けています。
そんな中で国内での卵子提供を可能にしようといくつかの組織が卵子提供の支援活動を始めています。

不妊治療が珍しいものではなくなっている近年、卵子提供も一般的な不妊治療法の一つとして認知される日もそう遠くはないでしょう。

卵子提供に対する社会的なイメージから治療を戸惑っている方、卵子提供によって出産したものの周囲の対応に悩んでいる方、近い将来きっと理解を得られるはずです。

今は出産への希望と、かわいい赤ちゃんへの愛情だけを抱いて心安らかに過ごしてください。

体外受精、卵子提供…不妊治療は何歳までできる?

不妊の原因はさまざまです。先天的な遺伝子疾患があったり子宮や卵巣の機能に問題があったり、女性側ではなく男性側に原因がある場合もあります。中でも原因として多いのが、卵子の老化です。

卵子が老化するとダメージの蓄積によって染色体異常が現れたり、エネルギー不足によって十分な細胞分裂が行われず、着床できなかったり、うまく着床してもそこから妊娠を維持することができずに流産してしまう確率が高くなるのです。

family5

そのため、女性が高齢であればあるほど不妊や流産の確率は高まります。
しかも不妊治療をしたとしても、女性の年齢が40歳を超える場合はその成功率はとても低いのです。

さらに、高齢出産には多くのリスクが伴います。妊娠高血圧症や妊娠糖尿病、早産や出産時の出血多量といった母体に現れる症状のほか、生まれてくる赤ちゃんも先天的な異常を持つ可能性が非常に高くなります。

では、何歳まで不妊治療をすることができるのでしょうか?
日本では、体外受精や顕微授精など保険の適用されない高額な高度生殖医療に関して助成制度が設けられています。

かつてはこの制度の利用に年齢制限はありませんでした。
しかし平成28年に制度が改正され、妻の年齢に43歳以下という年齢制限が設けられることになりました。

この背景に、こういった高齢での不妊治療の成功率の低さや高齢出産のリスクがあるのかもしれません。

しかし不妊に悩む女性は高齢である確率が高く、さらに高度生殖医療を受ける段階ではすでに制限年齢に達してしまっているというケースが多いのです。

それは、一般的に不妊治療が段階を追って高度な治療法に移行していくためです。
最初はタイミング法から始まり、排卵誘発剤の服用、人工授精と進みそれでも妊娠に至らなかった場合に初めて体外受精や顕微授精の選択肢が提示されるのです。

そこまでに数年から十数年かかることも珍しくはありません。
年齢が高くなればなるほど妊娠成功率も低くなり、一度の治療では妊娠に至らずに複数回の治療を必要とするのです。

しかし年齢的に助成を受けることが出来ず、結局高額な医療費が負担となって不妊治療を諦めてしまうご夫婦も少なくありません。

そんな中、若く健康な卵子を使って体外受精する卵子提供は、女性の年齢の影響を受けないため高齢夫婦であっても高い確率で妊娠が可能です。

国内での治療はまだ一般には認められていないため海外での治療となり、医療費以外に渡航費や宿泊費などが必要となるため費用は1回500~600万円と非常に高額です。

しかしそれでも他の方法に比べて妊娠の可能性が格段に高まるため、高齢のカップルにとってはまさに最後の砦とも言える治療法でしょう。