act のすべての投稿

体験談:マレーシアでの卵子提供プログラム1次渡航を終えて

         
ホテルのプール

マレーシアでの卵子提供プログラムで1次渡航された奥様の体験談 茨城県 44歳 A様

卵子提供プログラムがいよいよ始まり、一時渡航先のマレーシアに到着しました。
到着するとすぐに、現地スタッフの方がお迎えいただき、戸惑いもなく病院へ向かいました。
また、通常なら交通渋滞が酷く空港から病院までかなり時間がかかるところ、全く渋滞しておらず順調に病院に到着しました。
途中、ホテルのクロークに荷物を預け徒歩で病院に向かいました。

病院はいわゆる不妊治療の病院の雰囲気がなく、綺麗なオフィスのようでした。
現地スタッフさんは病院のスタッフさんと仲が良い感じで、こちらも安心でした。

まずは夫の採精、1畳半くらいのお部屋に案内され、その間はAct Oneのスタッフさんとマレーシアについてしばし談笑。

スタッフさんは気を使っていただいたのか、めっちゃお話をしてくれて、初めてのマレーシアだったけれど、全てがわかった感じになりました。

王宮横のパワースポット
王宮横にあるパワースポット。いろいろな伝説があるようです。

採精が終わるといよいよドクターによる内診。
不妊治療が長かったせいか、躊躇なく診察台へ。
診察台と言うかベッドでした。

ドクターより問題なく妊娠出来ると思います、と言われ少し安心しました。

サプリの服用の指示があり、DHAを飲みなさいとの事。
DHEAの間違いでは?と確認したがDHAでいいそうでした。

マレーシア王宮
マレーシア王宮

内診も特に問題なく終わりその後採血へ。

Act One のスタッフさんは、
「腕のいい看護師さんだから大丈夫ですよ」
言っていましたが夫は採血後腕から血を流し、私は何度もチャレンジしてようやく採血完了!

この病院に来て初めて不安を感じました(汗)。。。
やはり、看護師さんの腕は日本の方が上だなと。

バドゥ洞窟・ハヌマーンの像
バドゥ洞窟・ハヌマーンの像

夫の採精結果を聞いたところ、念のためもう一度明日採精するとのこと。

Act One のスタッフさんが気を利かせてくれて朝早い時間で予約を入れて頂いたので助かりました。

病院での診察は常にAct One のスタッフさんが同行してくれたので、私達が不安に感じる事は全くありませんでした。

バドゥ洞窟・ムルガン神像
バドゥ洞窟・ムルガン神像

卵子提供プログラムは始まったばかり。
結果はまだまだこれからですが、1次渡航を終えたいま、
「卵子提供プログラムと言う不妊治療に進んで良かった」
と思いました。

帰りの飛行機時間に合わせて、少しマレーシア観光もできました。

この体験談の中で使用している写真は、わたしたち夫婦が観光した時に、撮影したものです。

ツインタワー
ツインタワー

ロサンゼルスの卵子提供プログラムで採卵中のエッグドナーさんから滞在中のお写真をいただきました!

アメリカ・ロサンゼルスは映画の街です。
ハリウッドはもちろん、ユニバーサル・スタジオもありますし、ディズニーランドもあります。
映画「ラ・ラ・ランド」をご覧になった方も多いと思いますが、風光明媚な観光名所もたくさんあります。

アクトワンの卵子提供プログラムでエッグドナーとしてロサンゼルスに滞在中のドナーさんから、お写真をたくさんいただきましたのでご紹介します。
ドナーとしての滞在は16日間にも及ぶので、エッグドナーさんはたくさん観光することができます。
このドナーさんもあちこちを訪問して、ロスでの滞在を満喫されたようです。

グリフィス天文台 (夜景スポット)
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド (本場のユニバーサルです)
MOCA現代美術館(モカという愛称で親しまれている)
ザ・ラスト・ブックストア (本好きの聖地)
サブロード現代美術館 (LAの新しい現代美術館、2015年オープン)
ハリウッドにあるバビロンの門 (ハリウッドの中心です)
TLCチャイニーズ・シアター (有名人の手型、足型がたくさん)
ユナイテッド・メソジスト教会 (天使にラブソングをのロケ地)

たくさん観光して歩いたら、お腹も空きます。
ロサンゼルスは美味しいものもたくさんあります!

ピンクスホットドッグスのホットドッグ (アメリカの国民食)
インアンドアウトのハンバーガー (行列のできるハンバーガーショップ)
タコス・タンブラス・ア・トーマスのタコス(グランド・セントラル・マーケットにあります)

なんだか羨ましいですね。

 

20年近くを不妊治療に費やした奥様が、ハワイの卵子提供で妊娠されました!

         

とても嬉しい体験談をいただきました。

ハワイの卵子提供プログラムを受けられた奥様が妊娠したのです。

この奥様、39歳から不妊治療を始められて、すでに20年近くが経過しています。
不妊治療は精神的にも肉体的にもとても辛いもの。
ひとくちに20年と言ってもその裏には、
簡単な言葉では言い表すことができない程の辛い体験と
さまざまな想いがあったものと想像します。

絶対にあきらめない。
赤ちゃんを授かるためなら、自分にできることは何でもする
何度もの凍結胚移植。
繰り返す妊娠検査陰性。
たくさんの不育症の検査。
着床の窓の検査。
生活習慣の改善からスポーツまで。

ひとつひとつ進めていった奥様ですが、
妊娠されたいま、振り返ってあらためて、
「これまでとの違いは、結局、心の持ち方だったような気がする」
と、おっしゃっています。
そして、
「これまでの歳月はたくさんの人の助けに支えられた年月であった」とも。

清楚で可憐で素敵な奥様ですが、本当に強いお心をお持ちで、
どこにそんなパワーがあるのかと驚かされます。

50代後半の妊娠はリスクもあり、これから全て順調とはいかないかも知れませんが、
この奥様なら完璧なリスクコントロールで乗り切って、
無事出産できると信じています。
(スイカのフレッシュジュースもたくさん飲んでね(笑)。。。スイカは妊婦にとても良い! その理由は本当にたくさん。みなさんググってみて下さい)

20年近く不妊治療を続けるということだけでも大変なことなのに、
50代後半で妊娠されたことは、
現在不妊治療にを行っている、多くの女性たちの励みとなり、希望となることでしょう。

本当におめでとうございます。

奥様の体験談はこちらから。
卵子提供体験談

 
 

体験談:20年近く続けた不妊治療の末に授かりました!

         
ハワイの卵子提供

ハワイの卵子提供で妊娠された奥様の体験談     広島県 50代 J様

とうとう妊娠できました!
判定日の前日出血があり、焦ってアクトワンさまにメールすると、
「大丈夫と思いますよ。」
と優しい返信。
翌日、生まれて初めて陽性の判定をもらいました。
いわゆる着床出血だったようです。
その日は嬉しいというより緊張して、身体がカチカチでした。

39歳から不妊治療を始め、一度も妊娠できなかった私が、つわりに苦しむ日がくるなんて夢のようです。
あきらめなければ願いは叶うのですね。

アクトワンの皆さま、心優しいドナーさま、クリニックの皆さま、そして世の中のすべてに感謝する気持ちです。

感謝の気持ち

昨年通算4回目の海外移植不成功の直後は、もうやめよう、という気持ちでした。

昨年の体験談にも書かせていただきましたが、その時アクトワンさまが、優しく背中を押すように、ERAや着床障害の検査を勧めてくださいました。
☆J様の前回の体験談はこちらから☆

そうか、まだできることがあった、と、最後の最後のトライをする気持ちになりました。

着床障害(不育症)の検査では、銅亜鉛や、NK活性、抗カルジオリピン抗体などいくつかの項目に基準値逸脱がみつかり、その対策を講じたことは今回の成功につながったと思っています。

他にも今回は生活習慣改善からスポーツ等々いろんなことをしましたが、これまでとの違いは、結局心の持ち方だったように思います。最後の最後。
でも、正直なところ、無理だろうと思っていました。
ただ、ほぼあきらめの境地にいながら、同時に、
「できることは何でもする」
という不思議な前向きの心境で臨んだのです。

生活習慣の改善とスポーツ

このような心境になれたのは、アクトワンさまに出会えたからです。
優しく、いざというとき力強いその対応は、会社ロゴの小鳥の「薄紫色」にこめられた癒しと冷静的確さ、その通りです。

長い間一人で抱え込んでいた私でしたが、身内ではない人さまからこのような優しさと助けをいただけることに、心満たされる思いでした。
人生の長い時間を不妊治療に費やしたことを辛く思う日もありましたが、それは、多くの人の助けに支えられた年月でもあったと気付いたのです。

そんな感情のおかげでしょうか。ふと気がつくと、口元がほころんで、自然に笑みがこぼれていました。自分でも不思議でした。
もっと早くこのような気持ちでいたら、もっと早く恵まれていたのかもしれません。

アクトワンさまの大切にされる「寄り添う」ことが、救いになることを教えていただきました。

ドクター・ジョン

さて、ハワイのクリニックは、シャーレの受精卵の有無を移植前後にモニターで確認するなど、移植の手順もしっかりしているように感じました。
Dr.ジョンはハンサムで笑顔がさわやかで少年のようにシャイで、しかも、素晴らしい腕前です!

私は去年より子宮口が狭くなり、日本では子宮鏡は大変、BCE検査は全身麻酔で行う、という状態でした。

移植の管は細いということですが、それでも痛いだろう、手間取られるだろうと思っていたのですが、全く痛みなく速やかに終わりました。
Dr.ジョンは、
「筋腫があるから、カテーテルの位置を工夫するのに少し手間取ったよ」
といわれましたが、実際は10分かからなかったと思います。
そして、私が思わず手をさしだすと、両手で暖かく握って「グッドラック」と言ってくださいました。

日本人看護師さんも優しくテキパキされていて、日本女性って素晴らしいな、と思ってしまいます。

現地スタッフの女性のことは大好きな友人のように感じていたので、ダイヤモンドヘッドに登ったり、食事をしたり、とても楽しく過ごしました。

卵子提供ハワイ

移植前は何度か運動を兼ねてワイキキからカハラまで1時間20分歩いて(通り道でバスの車掌さんにあきれられました)、お気に入りのオーガニック系ス-パー「ホールフーズ」に買い物に行きました。
(スイカのフレッシュジュースが大好き!)

私に新たな命を授けてくれたハワイの明るい空と海はいつも頭の中にあります。
次は、ぜひ子供を見てもらいに行きたいです。

助けられてばかりだった私が最高のプレゼントをいただき、いつか少しでもお返しができたらと思っています。

今は、親にもらったこの身体を信じ、またおなかの子も信じて、無事出産したいと思います。
心からありがとうございました。

 

マレーシアのサンファートで採卵したエッグドナーさんから体験談をいただきました

         

マレーシアの首都クアラルンプール。
このクアラルンプールの郊外にアクトワンが提携するクリニック、サンファートがあります。

先日、サンファートで採卵したエッグドナーさんから、体験談をいただきましたので、
みなさんにご紹介致します。

このエッグドナーさんについては、アクトワンの現地スタッフもとても感動するところがあったようです。
以下、マレーシアはクアラルンプールのサンファートから、アクトワンの現地スタッフのレポートです!

このドナーさん診察時にも感じたことですが、子宮内、内膜、ならびに卵巣がこれまで拝見したドナーさんのどなたよりもはっきり綺麗でした。

内膜映像に関しては、ウェブで「理想的な内膜」と拝見したものと同じ状況。お体がまったく老化していない。

よほど、日頃のお食事、ストレスコントロールが見事なのだと思い、お伺いいたしましたところ、食事には非常に気を付けておられご飯は玄米。
原材料にも気を付けられており、ジャンクフードやスナック類は一切口にしないとのことでした。

研究所チーフのアーロン氏が語っていた、「生活習慣が身体の年齢を作る」という見本のような方だと思いました。。

「ぜひぜひ普段の食生活やストレスコントロール方法など、お時間のあるときに、日本のアクトワンオフィスのほうにご教示ください」とお伝えいたしました♪

日常生活にはストレスが多いと思いますが、
「もう気にしない、と決めて、必ず夜は睡眠をしっかりとることにしています」
とおっしゃっておられました。
このエッグドナーさんは、若いのに頭が下がりっぱなしです。
ドナーさんのお身体の具合は完璧なので、あとは先生の腕次第。先生には頑張っていただきたいと思っております。

エッグドナー体験談
エッグドナー体験談

 

期間限定! 現役東大生のエッグドナー登録がありました。ドナーに高学歴を求める方、お問い合わせください。

         

アクトワンのエッグバンクに現役東大生が登録されました。
このドナーさん、とてもお忙しい方なので期間限定でのエッグドナー登録となります。

エッグドナーさんを選ぶ基準は、レシピエントご夫婦よって様々ですが、
エッグドナーさんに高学歴を求めるご夫婦にはとても良い機会です。

ぜひお問い合わせ下さい。

コンタクト

ハワイの卵子提供で妊娠された奥様から体験談をいただきました!

         

ハワイの卵子提供プログラムで6月に2次渡航を済まされ、
凍結胚移植をされた奥様から嬉しい報告をいただきました。
現在妊娠6ヵ月。経過も順調だそうです。

アクトワンの卵子提供プログラムについて、体験談をメールで送っていただきましたので、
みなさまにご紹介します。

アクトワンは、不妊に悩み、赤ちゃんを授かることを願っている、
すべてのご夫婦が、このように嬉しい気持ちになれることを切に願っています。

卵子提供体験談
 

体験談 ハワイの卵子提供で妊娠しました!

         
卵子提供ハワイ

ハワイの卵子提供で妊娠  愛知県O様

6月末にハワイで移植を受け、今のところ赤ちゃんも順調に育ってくれて、もうすぐ妊娠6ヶ月となります。
高齢&大きな筋腫持ちで出産まで油断はできませんが、少し安心したところです。

今まで夫との二人の生活に大きな不満はありませんでした。
しかし、子供を諦めることができず、いつも心の片隅に寂しい思いがありました。
でも今は、日々大きくなるお腹の赤ちゃんに幸せな気持ちにさせてもらっています。

不妊治療していた約3年間、卵子の老化で一度も採卵することができませんでした。
そんな私が初めての移植で妊娠できたのは、元気な卵ちゃんのおかげだと思います。
卵子を提供してくれたエッグドナーさんには本当に感 謝しています。

私には7cmの子宮筋腫があります。
ハワイに1次渡航した際にDr.ジョンから筋腫を切除してから移植に臨んだ方がベストとの診断を受けました。
しかし日本のDr.は、
「高齢出産のリスクを考えて少しでも早く移植をした方がよいので、手術は現実的でない」
との見解でした。

手術を受けるつもりで受診したのに手術は避けたほうがよいとの話しで、どうして良いのかわからなくなってしまいました。
そのことをアクトワンのコーディネーターに伝えると親身に相談にのっていただけました。
相談の結果、私は今回は切除せずに移植するこに決めました。

この他にも、難しい選択や迷ってしまう事が沢山ありましたが、アクトワンのコーディネーターの方は、いつもどんと構えて穏やかに、かつ親身に対応してくださり、本当に心強かったです。

ハワイの卵子提供で妊娠

ハワイの現地スタッフの方もとてもフレンドリーで明るく、また頼もしい感じの方で、
「心配してもしょうがない、大丈夫!!」
という前向きな気持ちにさせてくれました。

2次渡航の際は、せっかくのハワイだから楽しもうと思い、一人でパールハーバーのツアーに参加したり、ネイルサロンに行ったりして過ごしました。
夫が到着するまでの6日間はそんなこんなで、あっと言う間に過ぎてしまいました。
ハワイのスタッフの方と一緒に買い物に出かけた事もいい思い出です。

移植翌日から普通に過ごせたので、合流した夫と観光にも行きました。
それはまるで2回目の新婚旅行のような感じで素敵な気分も味わう事ができました。

移植は夫立会いで行われました。
Dr.ジョンは緊張している私達に、やさしく丁寧に説明をしてくださりながら移植を行い 、
最後に「これで着床しました」とさわやかな笑顔で言ってくださいました。
私は、「まだ成功したか、わからないのでは?・・・」と思いつつも、
Dr.ジョンの笑顔を見て不思議と、これで大丈夫と思えてきました。

日本の不妊治療の病院ではクレームを避ける為か、リスク説明が多く、治療をする上で、妊娠を期待するような話はあまりないと感じます。
しかしアクトワンのコーディネーターの方や、ハワイのクリニックのドクターや看護師の方は駄目だった時の事に焦点を当てるのではなく、希望が持てるような言葉で終始励ましていただけたのがとても嬉しかったです。

卵子提供プログラムを受けるにあたり、高額な費用や情報量の少なさから最初は躊躇しましたが、勇気を出して卵子提供を受けて本当に良かったです。
数あるエージェントの中から、アクトワンに巡り合え、アクトワンで卵子提供プログラムを進めることができた事もとてもラッキーでした。

赤ちゃんに会える日が待ち遠しいです!!

 

 

ハワイの卵子提供プログラムで出産された奥様からメールをいただきました!

         

ご無沙汰しております。
先日、和痛分娩(麻酔により痛みを和らげる分娩)で、経腟分娩しました。
赤ちゃんは3,174グラム、50cmでした。
母子ともに健康です。
1ヵ月検診もすべて正常です。
先日お宮参りも済ませてきました。
本当にかわいくて、授かって本当によかったと思っています。
主人に似ています。
神奈川M

卵子提供エージェントの評判に注意!

         
卵子提供の評判

卵子提供は不妊治療のひとつ

昨今は女性でも男性と同等にキャリアを持つことが当たり前となりました。
仕事が充実し、ステップアップを考たりすると、仕事が何事にも優先してしまって、結婚をするという決断が遅くなる女性も増えています。

また、環境やストレスが原因となって不妊症に悩む女性も多く、これらの様々な理由から赤ちゃんがほしくてもなかなか授からないという悩みを抱えている人もたくさんいます。

不妊治療や妊活という言葉は一般的となりました。それらと並んでよく耳にするようになったのが、卵子提供という言葉です。
この卵子提供ですが、日本では関係する法律がないことや、日本産科婦人科学会が法整備や制度整備が行われない限り実施しないと声明を出しているために、卵子提供や精子提供(高度なもの)は広く一般には行われてはいません。

この現状は赤ちゃんを望んでいるのに、卵子になんらかの問題があって妊娠できないご夫婦には、とても残念な状況であると言えます。
国はそういうご夫婦に対してなんらの解決策も提示できていないのです。

海外なら卵子提供を受けられる

日本国内はそのような残念な状況となっていますが、日本人のご夫妻であっても海外でなら、卵子提供を受けて赤ちゃんを授かることができます。

卵子提供プログラムをサポートする企業や団体も増えています。日本国内に法人登記のある企業もあれば、海外の企業が日本国内に事務所を開設している場合もあります。
海外では卵子提供を受けることは、通常の不妊治療の選択肢の一つとして、とても一般的な治療となっているので、多くの日本人のご夫婦が海外で卵子提供プログラムを受けて、赤ちゃんを授かるという夢をかなえています。

海外での卵子提供プログラムを提供するエージェンシーは、インターネットで検索するだけでたくさん探し出すことができます。

どのサイトを見ても卵子提供に関して前向きなことが書いてあり、評判なども目にすることはできますが、ご夫婦にとって大きなご決断である卵子提供ですから、エージェントはきちんと調べて選ぶようにしましょう。

海外での不妊治療

ネットの情報には悪質な情報もある

インターネットの情報は正しいものもありますが、間違った情報もあって、それが渾然一体となって検索結果に表示されるために、よく分からなくなってしまいます。
中にはわざと悪質な情報で、事実と異なる情報を、悪意をもってネットに投稿したり、表示させたりする人や集団もあるので留意が必要です。

アクトワンは卵子提供業界がクリーンで、だれでもが安心して治療が受けられるような業界となることを望んでいますが、この業界の一部のエージェンシーには、自分の会社に卵子提供を望むご夫婦や卵子ドナーを集めるために、同業他社の根拠もなにもない悪い噂を流したり、人にそう思い込ませるような悪質な情報をばら撒いたりしているエージェンシーもあるのです。

卵子提供はプライベートなものでもあり周囲の人に相談する方は少なく、まだまだ日本では広く認知されているといは言い難い状況にありますので、正確な情報が少ないのも事実です。

卵子提供を実際に受けた人の体験談などインターネット上では見ることができるので、その信憑性にも十分に注意して、これらの体験談を参考にすることから始めてみましょう。
卵子提供プログラムを受けた、一般の方の本当の体験談は読めば分かります。

アクトワンの卵子提供プログラム

ステマ = ステルス・マーケティングとは

それでは「信憑性に注意して…」とは、具体的にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

例えば、よく見かける大手の掲示板などがあります。
これらの掲示板では、実際にエージェントの名前を明記したうえで、赤ちゃんを授かることができたという内容の書き込みも多く見かけます。

とても心強い内容ですが、これらの体験談だけを鵜呑みにして卵子提供エージェンシーを決めてしまうことは避けましょう。
本当に嬉しい体験、苦労があった体験を綴られる「真の」体験談と、残念なことに、悪質な一部の卵子提供エージェンシーが業者に依頼して「偽の」体験談を投稿しているケースがあるのです。

またブログなどに書かれた投稿で、内容的にかなり酷いものや、特定のエージェンシーを名指しで非難しているようなものは、卵子提供業界の一部エージェンシーが、自ら創作してネット上に流している情報なので注意が必要です。

このように他社を誹謗中傷し、その評価を落とすことによって、逆に自社の評判を高め、自社にお客さんが来るように情報を操作する行為を「ステマ」と呼びます。

ウィキペディアによれば、ステマ=ステルス・マーケティング (英語:Stealth Marketing)とは、
消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることで、略称はステマ
アンダーカバー・マーケティング (英語:Undercover Marketing)とも呼ばれる。ゲリラ・マーケティングの1つ。
と記述されています。
このようにステマは、まっとうな会社が行う行為ではありません。
ステマはインターネットの匿名性を利用した、悪質な情報操作なのです。

米国のトランプ大統領によってフェイク・ニュース(ニセのニュース)という言葉が認知されるようになりました。
ステマもまさにこのフェイク・ニュースを利用したものです。
今ではフェイク・ニュースを作ってネットに流すことでお金を稼いでいる人もいると聞きます。

生まれた時からネット環境が身近にある若い方は、ネットの情報に対する免疫があって、その真偽を見分けることができますが、卵子提供プログラムを受けるような世代のご夫婦には、残念ながらネット上にある情報はすべて正しいと思ってしまう方々がたくさんいます。

本当に信頼できて安心して卵子提供プログラムを受けることができるエージェンシーを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?

妊婦さんと友人

卵子提供エージェンシーのホームページをチェックしよう

まずそのエージェンシーのWeb Site(ホームページ)を見てみましょう。

  1. 会社の概要がちゃんと書かれておらず、本当に存在する会社かわからない。
  2. 会社の代表者が誰かが分からず、代表者の挨拶文の掲載もない。
  3. 常設のオフィスがないか、あってもレンタルオフィスである。
  4. 卵子提供の費用が一見すると安く提示されている。(実際にプログラムを受けるとその2倍から3倍の金額を請求される)
  5. 海外の提携先のクリニックがどこなのか具体的に記載がない。

ホームページを見て上記の項目に当てはまるような卵子提供エージェンシーは注意する必要がありそうです。

アクトワンの卵子提供で授かった赤ちゃん

百聞は一見にしかず

本当に卵子提供を受けようと考えているならば、実際に卵子提供エージェンシーを何社か訪問して、気になっていること、不安に思っていること、知りたいことを直接聞いてみましょう。
まさに「百聞は一見にしかず」なのです。

どれほどの信憑性があるかどうか分からずに、ネットの情報だけで、卵子提供エージェンシーを決めてしまうことは避け、直接会って確かめることが大切です。

私たちAct Oneでは、卵子提供プログラムについて詳しく知ってもらうために、常時、個別面談を受け付けています。
もちろん説明会は無料で受けていただけます。
実際にオフィスにいらしていただき、スタッフとお話しいただくことでAct Oneアクトワンの卵子提供プログラムの信頼性が確認でき、スタッフの誠実な対応を実感していただけることと思います。
なぜアクトワンが選ばれるのか、他のエージェンシーとの違いや、きめ細やかなサポートについてもお分かりいただけます。
ぜひお問い合わせ下さい。ご夫婦のご相談をお待ちしています。