精子や受精卵の移動、運搬について

ActOne・アクトワンでは、精子や受精卵の移動、運搬も行っています。

「神戸の病院にある胚を東京のクリニックに輸送したい」というような国内輸送はもとより、「東京にある精子をハワイに送りたい」というような海外への輸送、
または逆に「ロサンゼルスある凍結胚を東京に持って来たい」など、凍結細胞の国際輸送を検討されている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

IMG_0958 IMG_0964

国内輸送なら、ご自身で車を使って輸送することも可能ですが、海外への、または海外からの輸送となると、飛行機の機内持ち込みには手荷物検査でX線照射があるので、

『大切な凍結胚がダメになってしまうかも・・・』
『航空貨物として預けて大丈夫かしら?』
『書類と同じようにFedExで良いのかな?』

たくさんの不安なことや心配なことがあるかと思います。

そんな時には細胞の凍結輸送専門の業者に依頼するのが安心で確実です。
液体窒素でマイナス194度に保たれた保管ボックスで、ハワイのクリニックから東京のクリニックへ輸送することができます。

もちろんX線にさらされる心配もありません。
大切な精子や卵子は、凍結保存容器に格納されています。

精子を保管するバイアル、卵子を保管するストローをマイナス194度に保たれた凍結保存容器で搬送するのです。

IMG_0965 IMG_0957

大切な細胞を運ぶということでタンクと容器の間に高性能な緩衝材がを使用されています。
この緩衝材は異なる周波数の振動を低減するため3層構造になっています。

見えないところも行き届いてるのです。
細胞輸送をご検討されている方。
ぜひActOne・アクトワンにご連絡下さい。

あなたの大切な卵子、精子、胚盤胞を日本のクリニックから海外のクリニックへと、安全かつ確実にお届け致します。