ロサンゼルスの卵子提供のおすすめポイント

卵子提供による体外受精、近年日本でもどんどん事例は増加しており、卵子提供によって産まれた赤ちゃんも確実に増えています。
しかし、日本では事実上、非配偶者間による体外受精は認められていません。

そのため、卵子提供を望む方は海外の卵子提供プログラムに参加するしかないのが現状です。

baby046

Act Oneでは、ハワイ、LA(ロサンゼルス)、サンディエゴ、マレーシアでの卵子提供プログラムを実施しています。
どのプログラムも、信頼と実績、そして確かな技術を持つ現地クリニックと提携して実施する、安全性高いプログラムです。

治療内容だけでなく、現地でご夫婦がリラックスして過ごせるよう、さまざまな配慮を凝らしています。
どの国での卵子提供プログラムも自信を持っておすすめできる内容になっていますが、特に人気が高くおすすめなのがLA(ロサンゼルス)での卵子提供プログラムです。

おすすめする理由はいくつかありますが、一つはLA(ロサンゼルス)が卵子提供に関して非常に高い、確立された技術を持つということです。

アメリカやヨーロッパは世界の中でも卵子提供による体外受精が盛んな地ですが、その中でも特にLA(ロサンゼルス)の属するカリフォルニアはすでに20年以上もの卵子提供の歴史があり、豊富な実績と高い技術を持ちます。
さらに卵子提供に関する法整備もしっかりとなされており、安心して卵子提供に臨める地盤が出来上がっているのです。

また、多くの卵子のドナーが集まるのもLA(ロサンゼルス)での卵子提供プログラムのおすすめポイントの一つです。
LA(ロサンゼルス)は卵子提供が盛んな都市だけあって、世界中から卵子のドナーが集まります。
結果、良質な卵子が多く集まり卵子提供による妊娠成功率も自然と高くなります。

また、卵子提供プログラムでは2回、合計1週間以上現地に滞在することになるため、現地での過ごしやすさも重要なポイントになります。
LA(ロサンゼルス)は、日本人にとっては過ごしやすい都市であるということもおすすめできるポイントです。
LA(ロサンゼルス)には多くの日本人や日系人が住むため、日本人向けのレストランやショップ、サービスも充実しています。

また、ウォルト・ディズニーやワーナー・ブラザーズといった日本でもよく知られている大企業のオフィスもあります。
気候もアメリカの中で最も過ごしやすく、滞在期間中も現地で楽しく、心地よく過ごすことができます。

これらの理由から、多くのご夫婦にLA(ロサンゼルス)での卵子提供プログラムをご希望いただいています。