ロサンゼルスの卵子提供にかかる期間は?

Act OneでのLA(ロサンゼルス)での卵子提供プログラムでは、ご夫婦、または奥様おひとりで数度に渡ってLA(ロサンゼルス)に滞在していただく必要があります。
お仕事をされている方など、プログラムの実施期間が気になる方も多いでしょう。
そこでここではLA(ロサンゼルス)での卵子提供プログラムの流れとLA(ロサンゼルス)への滞在期間についてご説明します。

妊婦

弊社の卵子提供プログラムは、大きく以下のような流れで実施します。

1.ご契約
2.ドナーの選択
3.ドナーの検査
4.ご夫婦の検査
5.ドナーの採卵
6.顕微授精
7.移植
8.妊娠判定
9.出産

ドナー選択から卵子提供を受けるまでの期間は3か月半から4か月程度です。
また、卵子提供を受けてから妊娠判定までの期間は、2か月から3か月ほどです。
プログラム全体の期間は、1年前後とみておけばいいでしょう。

もし、一度の移植では妊娠することができず再び移植を試みた場合や、ドナーを変更した場合などは当然その分期間は長くなります。
この流れのうち、ご夫婦または奥様がLA(ロサンゼルス)に滞在することになるのは「4.夫婦の検査」と「7.移植」です。
夫婦の検査では、ご夫婦そろってLA(ロサンゼルス)に一次渡航していただき、現地でご主人様の精子の採取および凍結、奥様の検査を実施します。

滞在期間は数日程度となります。
移植では奥様だけが二次渡航し、培養した受精卵を奥様に移植します。
この際の滞在期間は1週間程度になります。

LA(ロサンゼルス)への滞在期間中は、Act Oneのロサンゼルス在住の日本人女性スタッフが、ご夫婦を細やかにサポートします。
ご夫婦は、検査や移植に対する不安を感じることなく、安心してロサンゼルスでの卵子提供プログラムを受けることができます。

また、ロサンゼルス滞在中は検査の間を除けば自由に過ごしていただくことができます。
ロサンゼルスには多くの日本人や日系人が住んでいるため、日本人むけの施設や商品も充実しています。

LA(ロサンゼルス)での卵子提供プログラム提携クリニックであるCFGのあるサンフェルナンド・バレーは映画と音楽が盛んな都市で、大手の配給会社や音楽会社、そして映像・音楽関係者や俳優の自宅が多く建てられている都市でもあります。
LA(ロサンゼルス)への滞在期間は、2度の渡航で2週間に満たない程度ですが、それでも十分LAを満喫できるでしょう。

決して短くはない卵子提供プログラム、その期間中ご夫婦が快適に過ごすことができるよう、Act Oneは努力いたします。