マレーシアの卵子提供に参加するメリット

日本国内では卵子提供による体外受精が認められていないため、治療を受けるには海外での卵子提供プログラムに参加する必要があります。

卵子提供プログラムはアメリカを始め、台湾やタイなどさまざまな国で実施されています。

中でも近年、人気が高まっているのがマレーシアでの卵子提供プログラムです。マレーシアでの卵子提供プログラムにはさまざまなメリットがあります。

baby045

最大のメリットは、なんと言っても治療費の安さです。アメリカは30年以上前から卵子提供が一般的に行われており、高い技術と妊娠成功率の高さを誇ります。

しかし一方で、1度の治療に500万円以上という高額の治療費がかかり、治療を望むご夫婦の大きな負担となっていました。

マレーシアではアメリカのおよそ3分の1程度の費用で治療を受けることが出来ます。
それは決して設備や技術が未熟であるというわけではなく、元々の物価の低さや渡航費用の安さによるものです。

ActOneのマレーシアの卵子提供プログラムで利用するサンファートクリニックと提携しているホテル、カプリ・バイ・フレーザー・クアラルンプールは、広々としたキッチン、バスルーム、ベッドルームを備えたコンドミニアムタイプの客室にレストランやバー、プールなども揃っており、一泊あたりの料金は朝食付きで約9,000円と大変お得です。

さらにクリニックの患者さんは特別料金で宿泊することが可能です。また、日本との時差がわずか1時間のため身体的な負担はほぼありません。

マレーシアは海外旅行先としても人気が高く、長期滞在したい海外の国は?というアンケートでは9年連続1位を獲得するほど日本人にとって過ごしやすい国です。

平均気温は27度と温暖で、世界遺産や異国情緒あふれる観光地や大型のショッピング街など滞在期間中も飽きることなく過ごすことが出来ます。

他の東南アジア諸国と比べて治安も安定しており、英語も通じるため安心して治療に専念することができます。

このように、マレーシアでの卵子提供プログラムにはさまざまなメリットがあります。
どの国の卵子提供プログラムに参加しようか迷っているご夫婦は、ぜひマレーシアを検討してみてはいかがでしょうか?

ActOneのマレーシアでの卵子提供プログラム料金は、オプション費用などをすべて含んだ料金で追加の費用は一切かかりません。

マレーシアでの卵子提供プログラムに対する不安や疑問は、いつでもお気軽にお問い合わせください。
ご相談は無料で承っております。