マレーシアでの卵子提供の成功率

不妊治療にはさまざまな方法があります。
不妊治療の最も初期に行われるタイミング療法から排卵誘発剤の服用、人工授精から体外受精、そしてそれらの方法でも妊娠がかなわなかったご夫婦が最後に試されるのが卵子提供です。

日本国内では卵子提供による体外受精が未だ認められていないため、治療を受けるには卵子提供を実践している海外に渡る必要があります。
その分お金も、労力もかかる治療です。

baby042

しかしそれだけの負担を覚悟するだけの価値が卵子提供にはあります。日本国内で受けることの出来る高度生殖医療は、実際には成功率は50%程度にしか達していません。

一方卵子提供の成功率は約75%、高度生殖医療の中では最も高い成功率を誇っています。

これまでの治療法で妊娠がかなわなかったご夫婦でも、卵子提供によって妊娠できる可能性は非常に高いのです。

特に高い成功率を期待できるのは、アメリカでの卵子提供プログラムです。
アメリカでは30年以上前から体外受精が一般的に行われており、その長い歴史で培われてきた確立した医療技術、そして充実した最先端の医療設備が高い成功率を実現しています。

しかし一方で、その高額な治療費が患者さんご夫婦の負担となっています。
アメリカでの卵子提供プログラムの費用は1回の治療でおよそ500万円以上。

一度の治療で妊娠することができずに2度・3度と治療を繰り返せばそれだけ治療費は膨大なものになります。
もし妊娠することが出来れば、今後はお子様を育てるためにまた多くの費用が必要になるため、できるだけ治療費は低く抑えたいというのが本音ではないでしょうか。

そんな中、人気が高まっているのがマレーシアでの卵子提供プログラムです。
マレーシアをはじめとするアジアでは、アメリカのおよそ半額で治療を受けることが出来ます。

ただしバンコクや韓国など一部の国では法改正により卵子提供プログラムを受けることが難しくなってしまいました。
そこで温暖な気候や治安の良さから旅行者からの人気も高いマレーシアでの治療に人気が集中しつつあります。

ActOneでもマレーシアでの卵子提供プログラムを提供しております。
高い医療技術と充実した設備のクリニックと提携し、上質な治療プログラムをご利用しやすい価格で提供しております。

アメリカでの卵子提供に戸惑いのある方はマレーシアでのプログラムをご検討されてはいかがでしょうか?
まずはお気軽にご質問、ご相談ください。