ハワイの卵子提供で、ドナーはどんな人?

不妊治療の末に卵子提供を選択する人たちが増えてきています。
Act Oneでは高齢化による卵子の老化や、卵巣の問題でなかなか妊娠しづらいカップルに、若い健康な卵子を提供することで、飛躍的に妊娠率が伸びる卵子提供プログラムをおすすめしています。
一般的に体外受精を6回以上行っても受精に結びつかないカップルに勧められる卵子提供は、パートナーの精子との体外受精の末に胚盤胞となったものを、ご自身の子宮に移植しお腹の中で育て頂き、愛情を注ぎながら出産に挑むものです。

ハワイ風景2

日本の法律では出産した人が実母として、戸籍にも記載されます。
この卵子提供プログラムはハワイやロサンゼルスのガイドラインが整ったクリニックで行われます。

また卵子ドナーに関しても写真やプロフィールをみて選びますが、その人の住所など個人的な情報は一切知らされません。
これは相手に対しても卵子提供者の情報が公開されることはありません。
健康な若い卵子の提供を受け妊娠に繋げていきますが、卵子ドナーの方に関して知りたいと思うのは当たり前の事だと思います。

Act Oneでは日本人女性、それも20代の方を中心に卵子ドナーの方が登録しています。
卵子ドナー希望者にはAct Oneが特別に作った、体の特徴や学歴また家族構成を始めとする多くの質問事項に応えていただき、心身ともに卵子ドナーとして相応しいかどうかを面談させてもらっています。
また卵子提供者として候補に上った後には、生理3日前後に日本国内で卵巣機能、卵胞数、ホルモン地、子宮頸がんまた感染症の有無など、さまざまな検査を行いその結果希望に合った卵子提供が可能かどうかが判断されます。

Act Oneでは卵子提供者となった方には、卵子採集の為に卵子提供を受ける人に遅れて、ハワイに渡米します。
ハワイには2週間ほどの滞在の間に、葉酸サプリメントを取りながら健康な卵子を採集をさせて貰う事になります。
卵子提供を受ける方もパートナーの精子採集でハワイに向かい、受精卵の移植もハワイで行いますが、時期がずれているので卵子ドナーに会うことはありません。

日本での卵子ドナーのプロフィールに関しては、写真数枚また直筆の質問書も見る事が可能です。
健康状態や学歴、過去の病歴や治療暦また家族の健康状態や、どのような家庭環境で育ってきているか、性格や特徴また趣味や特技なども知る事が出来ます。

しかし住所や勤務先などの個人情報は一切明かされません。
Act Oneでは安心して卵子提供を受けて頂く為に、どうして卵子ドナーに応募したのかも確認します。
またこの卵子提供プログラムに参加される皆様に、終了後も手厚いケアを行っています。

詳しくは心のケアサポートページをご覧ください。