ハワイの卵子提供、体外受精はどうするの?

不妊治療というとホルモン投与や体外受精などが上げられます。
体外受精を行ってもなかなか成功しない、という人たちの間で話題になっているのが卵子提供プログラムです。
Act Oneでもハワイやサンディエゴの最新医療機関と提携を結び、この卵子提供プログラムのお世話をしています。
ホルモン投与を受けてもなかなか妊娠に結びつかないのは、母体の高齢化や日常生活のストレスなどから卵子が正常に育っていないなどの原因が考えられるからです。

ハワイ風景2

卵子提供は若く健康な卵子を使いパートーナーの精子と体外受精を行い、その受精卵を母体の子宮へ移植します。
若い卵子を使うことで体外受精の成功率が飛躍的に上がり、母体の子宮に体外受精で出来た受精卵が移植しやすいように調整することも可能です。

現在では多くの人がこの方法で赤ちゃんを授かっています。
たとえ日本人からの卵子提供であってもまだ日本ではそのシステムは整っていません。
そのために卵子提供、体外受精に対する専門的な知識と、しっかりとしたガイドラインを持っているハワイやロサンゼルスに行って行うことになります。

Act Oneでもハワイやロサンゼルス、サンディエゴの医療最新機材を持ち、体外受精や卵子提供プログラムに高い評価を受けているクリニックと提携を結び、不妊治療に終止符を打ちたいと思っているカップルのお手伝いをしています。
ハワイでの卵子提供プログラムは特に人気が高く、多くの人がこの卵子提供プログラムの場所として選択しています。

ハワイは気候も良くクリニックの場所もアラモアナショッピングセンターの近くにあり、ワイキキに滞在し買い物を楽しみながら卵子提供を受ける事ができるからです。
ハワイでのクリニックは日本だけではなくヨーロッパやアメリカ本土からも、体外受精や卵子供プログラムを受けに来る人がたくさんいます。

このクリニックには日本語が話せる正規看護師が、体外受精コーディネーターとして常駐しているのも、多くの人たちがハワイを選ぶ理由のようです。
このクリニックでは体外受精で授かった受精卵を5日間ほど培養し、盤胞となったものを移植まで冷凍保存いたします。
また着床前診断として胚の染色体全種が正常か否かも診断することで、性別を判断することも可能です。

Act One ではハワイへの出発前から現地クリニックとの手続きや、現地での滞在やクリニックでの通訳なども行うので安心して参加していただけます。
また妊娠が確認できた後には日本での医療機関への紹介なども行っていますので、安心して妊婦生活を送り出産していただく事が可能です。