ハワイでの卵子提供のメリットとデメリット

ホルモン投与に体外受精など、不妊治療に時間とお金を掛けているご夫婦は沢山います。

しかし女性の体は私達が思っているよりも老化が早く始まり、特にそれは卵子に表れてきます。

Act Oneアクトワンは不妊に悩むカップルや若くして卵巣機能に問題がある方に、健康な日本人女性の卵子提供から出産までをサポートする会社です。

Act Oneアクトワンを始めとする卵子提供のエージェントは、卵子提供に関してしっかりとしたガイドラインを持つアメリカなどで、この卵子提供プログラムを行っています。
最近人気が高いのがハワイで行う卵子提供プロジェクトです。
ハワイは日本からも近く医療施設も世界でも有数だと、多くのカップルが日本をはじめ世界各国からも訪れお子さんを授かっています。

ハワイの気候、それにAct Oneアクトワンの日本人現地女性コーディネーターによるきめの細かいサポートが、妊娠、出産の高い成功率に大きく貢献しています。

ninshin001

卵子提供のメリットとは何でしょうか。
日本で受けられる不妊治療は精神的にも、肉体的にも女性の体に大きな負担が掛かります。

不妊治療を行ったからと言っても老化した卵子が若返るわけではありません。しかし、卵子提供プログラムでは若い優秀な女性からの卵子提供を受ける事で、妊娠する確立が飛躍的に高まるメリットがあります。

またハワイでの卵子提供プログラムでは、体外受精の染色体24種全種が正常かどうか、着床前診断による診断できるというメリットもあります。その際、24種すべての染色体を検査しますので男女の別も判明します。産み分けが可能になるということです。着床前診断の結果、正常な胚のみを選んで移植します。
これは着床までの移植回数を減らし、母体に負担を掛けないというメリットも大いに期待できます。

では卵子提供のデメリットは何でしょうか。
自分の老化した卵子を使うよりも遥かに高い妊娠成功率を持つ卵子提供ですが、受精卵を無事に着床させても早産や癒着胎盤などがデメリットとして上げられます。

しかし、これは自然妊娠をしても高年齢出産であれば多々ある事です。妊娠中の経過を注意深く診ること、また設備の整った医療機関を選択することでリスクを回避することが可能です。
Act Oneアクトワンでは予想されるデメリットは事前に十分にご説明し、ご相談を承っております。そのためのサポートもさせていただいております。
自分の遺伝子を持っていない他人の卵子でも、お腹の中で育て出産することで自分の子供として認識するのが妊娠です。

長引く不妊治療を終わりにして、自分達の手に赤ちゃんをと望んでいるカップルのお手伝いをするのが私達Act Oneの使命だと思っています。

気候のよいハワイで卵子提供を受け、日本で元気な赤ちゃんを授かれるようにお手伝いします。