ハワイでの卵子提供ではどのくらい費用は掛かるの?

最近芸能人や有名セレブなどが、不妊治療の末に高年齢出産をするケースが多く見られます。
高学歴化、女性の社会進出や晩婚化などの理由で、子供が欲しいと思ったときには妊娠出来づらい体になっている事が多いようです。

Act Oneは不妊治療で効果が出なかったカップルや、年齢が若くとも卵巣に問題を抱えていると言う人たちに、卵子提供プロジェクトのサービスを提供している会社です。
日本ではまだガイドラインが整っていない卵子提供は、アメリカやマレーシアで行われることが殆どです。

ハワイトロイー2

Act Oneでも卵子提供の場として人気があるのがハワイです。
Act Oneが提携を結んでいるハワイのクリニックは世界でも最先端の医療機器を使用し、医療サービスを提供する医師やスタッフも体外受精や卵子提供に関して世界でも最高水準を保っている所です。
日本だけでなく世界各国から不妊治療や卵子提供を受ける為に多くの人が訪れているハワイのクリニックで、Act Oneの卵子提供プロジェクトは日本語が話せる専属コーディネーターの下に行われます。

不妊治療にはお金が掛かるものです。
このハワイでの卵子提供プログラムの費用はどのくらい掛かるのでしょうか。
アメリカでは日本の様な保険システムがありません。
すべて実費となります。

Act Oneの卵子提供の費用はハワイへの渡航費、滞在費と日本での診察、検査料金以外はすべて含まれている料金です。
この費用にはハワイでのクリニックで行われる基本的な費用、卵子提供者に関するすべての費用、それに着床前診断(8個まで)アシステッド・ハッチングや受精卵凍結費用(10個まで)などといった卵子提供から受精卵移植、着床までのサービスが含まれています。
この費用には日本、ハワイの両方で必要となる、治療コーディネーターの料金も含まれています。

この費用は他の卵子提供エージェントと違い、色々な検査料や現地での通訳やコーディネーターの料金を、オプションで請求される事がなく安心だと言われています。
契約時に半額の予約金、そしてドナーが決定した時点で残額を支払って貰う事になります。
この費用は他のエージェントに比べても非常に良心的な価格だと言われています。

卵子提供のメリットは若い健康な卵子を使うことで、妊娠率が飛躍的に伸びることです。
自分の遺伝子を持って生まれてくるわけではありませんが、受精卵から自分の子宮で栄養を与え育て、出産する過程は母親になる為の期間とも言えます。
Act Oneでは一人でも多くのカップルが安全にまた費用も安く、自分達の子供を授かれるようにお手伝いをいたします。