ハワイでの卵子提供、期間はどのくらい掛かるの?

高年齢化による卵子の老化などから、自分の卵子を使っての妊娠が難しくなったご夫婦に、若い健康な卵子を提供する事で最終的に自分で妊娠、出産を行えるようにお手伝いするのがAct Oneです。

現在日本国内ではその卵子提供者が日本人であっても、提供を受ける事はできません。
Act Oneの仕事は健康な卵子を持っている卵子提供者を探し、ハワイやロサンゼルスと言った卵子提供プログラムのガイドラインをしっかり持っている医療機関と提携して、健康な赤ちゃんを授かれる様にする事です。

ハワイホテル受付1

Act Oneに訪れるご夫婦の多くが、卵子提供プログラムの場所としてハワイを選んでいます。
ハワイは日本からも直行線が多くまた、提携している医療機関が体外受精、卵子提供プロジェクトに関して世界最高水準を保っているからです。
このクリニックには世界中から人々が訪れ、その妊娠率も高いものを誇っています。
ハワイでこの卵子提供プロジェクトを受けるにはどのくらいの期間が掛かるのでしょうか。

Act Oneで卵子提供を受ける場合には、最初に無料の面談を行い卵子提供プログラムを理解して頂いた上で契約を結びます。
卵子提供者を選び日程調整を行いながらハワイへ渡航する形になります。
この期間は卵子提供者を時間を掛けて吟味したいなどそのご夫婦によって変わってきます。
ハワイに着いたらAct One の日本人スタッフが滞在先、クリニック内での通訳などお手伝いしながら男性からは精子を採集し冷凍保存を行います。
また女性には卵子提供者とパートナーとの受精卵が移植に適するように、子宮内膜に関して調整を行います。

この期間は最短で1泊3日で済ませるご夫婦もいるようですが、一般的には最初のハワイへの渡米は数日間という期間の人が多いようです。
卵子提供者もハワイに渡り、体調を整えながら3週間くらいの期間を掛けて卵子を採集し、冷凍保存されたパートナーとの精子と受精させ、受精卵を5日間ほど培養して胚盤胞になったものを凍結保存します。

その後卵子提供を受ける方が1週間ほどの期間受精卵を移植する為にハワイに向かいます。
そして2週間後妊娠しているかどうかの検査を受けて頂く形です。
これが一般的なハワイでの卵子提供プログラムに掛かる期間とされています。

しかし卵子提供者や、それを受ける方の体調や都合によってその期間は変わってきます。
まず卵子提供者が心からリラックスして妊娠しやすい状況に出来るように、Act One の日本、現地のスタッフ共にお二人に寄り添いサポートしていきたいと思っています。