ハワイ卵子提供のリスクとは?

Act Oneアクトワンは年齢による不妊、または子宮や卵巣に問題があって自然妊娠が難しい方に、エッグドナーのご紹介からご出産までをお世話している会社です。

以前は30歳を過ぎた妊娠を高年齢出産と言っていましたが、現在は35歳以上の妊娠を高年齢出産と呼びます。

いくらスキンケアを行い美容に気をつけ、若々しい外見を保っていても、私達の体は確実に老化しており、年齢と共に卵子が老化することで徐々に妊娠しづらい体になっていきます。

docor02

日本では卵子提供を受ける事は難しくAct Oneアクトワンでは卵子提供に関して長い歴史をもつ、アメリカのロサンゼルス、サンディエゴまたハワイと言った場所で、優れた専門医の指導の下にサービスの提供を行っています。

卵子提供の場として人気が高いのがハワイです。
ハワイは気候も良くショッピングも楽しめる観光地です。

バカンス気分で滞在し、普段の日常生活のストレスから解放される事もあるのでしょう。ハワイでの着床率は総じて高くなっています。
ハワイでの滞在生活、またクリニックとの交渉・治療サポート・通訳もすべてAct Oneアクトワンの現地在住女性コーディネーターが細やかにサポートさせて頂くので、安心して治療に専念することが出来ます。

エッグドナーは20代の優秀な日本人女性が殆どです。

無事に受精卵を移植した後もどうしたら色々なリスクを避ける事が出来るかを、日本語が出来るクリニックの体外受精コーディネーターが指導していきます。20代の出産にも様々なリスクがありますが、高齢出産では特に注意したい症状があります。クリニックからもそれぞれのお身体の状態に合わせた移植プランと治療サポートをご提案させていただきます。

日本で出産までお世話になるクリニックとの連絡や情報提供についてもサポートしますので、安心して卵子提供を受ける事が出来ます。

たとえ自分の遺伝子をもった卵子でなくとも、自分のお腹で胎児が育っていくのを体感できるのは、その後の育児にも大きな喜びと感動を与えます。最近の研究では卵子提供で生まれた赤ちゃんに出産した母親のDNAも受け継がれるとの発表もありました。

Act One では一人でも多くの方が自分の手で赤ちゃんを抱けるまで、そのリスクやご不安についても一緒に考えサポートしたいと思っています。