誰にでも起こる、卵子の老化について

外見も内面も気を遣って生活をしていれば、若々しく健康的な状態を保つことができます。
しかし、頑張っても老化を止められないといわれているのが、卵子です。

卵子の老化については、年齢とともに進んでいきます。
実は30代・40代でも、すでに卵子の老化は進んでいます。

baby28

不妊治療を始めてから、卵子の老化が30代・40代でも起こっていることを知る人が実は多いです。
最近はバリバリ働くキャリアウーマンも増えており、晩婚化といわれている時代です。

そのため結婚する年齢が上がれば、出産する年齢も上がります。
30代や40代で産むなんて決して珍しくない、という時代にはなりましたが、その分不妊で悩む人も、実際のところ増えてきています。
そのため、現代の人が出産をするボリュームが多い層というのは、実は卵子に老化が進んでいる時期でもあります。

その人の体の状態や元々の卵子の状態によって違いはありますが、35歳を過ぎるとぐんと妊娠する確率が減る、という結果があります。
35歳なんてまだまだ若い気分でいられる年齢ですが、実は体の中では変化が起きているのです。

卵子を年齢で判断するなんて…と思うかもしれませんが、実は卵子の老化こそ、不妊の原因として大きなものなのです。
見た目は若返ることもできますが、卵子の老化については一度老化したものが元に戻ることはありません。

女性なら誰でも卵子は老化してしまいます。

そのため、不妊治療で体外受精を頑張っていても、卵子の数が少ないのと、卵子が育ちにくい、そして卵子の元気がなくなってしまう…というのが現状です。

ただ、年齢だけであきらめる必要は全くありません。
最近は卵子提供など、まだ出産できる可能性は残されています。

卵子提供ではドナーとなる女性の年齢を選んで卵子提供を受けることができるので、自分の卵子は老化していても、若々しい卵子提供を受けて出産することもできます。

自分のお腹で育て、出産をすることができるのです。

卵子の老化について心配になる年齢にさしかかったら、卵子提供などの不妊治療も視野に入れながら、出産を考えてみてはどうでしょうか。
Act Oneでは、卵子提供での不妊治療を考えている皆様に、安心して治療していただけるようにサポートさせていただきます。
やっぱり出産したい、そんな気持ちを大切にします。

年齢であきらめて始めている人、卵子について病院で検査を受け、いい結果が得られなかった人、悩んでいる全ての人に、まずはご相談いただきたいです。