海外での卵子提供は自分でできるのか不安

女性が安心して妊娠できる年代は限られています。
年を重ねるごとに卵子も老化してしまい、妊娠できる能力が下がって行ってしまうため、次第に妊娠しにくくなってしまうのです。

また、最近は婦人科系の病気にかかる女性も増えていて、身体的に妊娠がしにくいケースも少なくありません。
海外では、体外受精を繰り返し受けても妊娠しない場合、卵子提供をすすめられることもあります。

mamapapa1

健康で若い女性の卵子を体外受精によって自分の胎内に移殖し、妊娠を待つという卵子提供は、海外ではポピュラーな方法のひとつとなりつつあります。
日本ではまだ簡単には受けることのできない卵子提供ですが、海外に渡れば、多くの病院で採卵から体外受精まで受けることが可能です。

卵子提供というものについて、なんとなくは分かっていても、いざ受けてみたいと思った時に、自分でできるのか不安に思ってしまう夫婦は多いものでしょう。
第一、ドナーを探すことすらどうしていいか分からないのが現実です。

自分でできるのかどうか分からない海外での卵子提供について、Act Oneでは全面的にお手伝いさせていただきます。
今、国内には卵子提供のためのエージェントが数多く存在しています。

Act Oneもその一つで、多くのドナーが登録されてます。
登録されている女性のきめ細かいデータから、自分が希望するドナーを選ぶことが可能です。

その後も、海外で病院を選び、各種検査を受けたりすることも自分でできるのか不安になってしまうものですが、私達にまかせていただければ、全てサポートさせていただきますので、不安に思うことはありません。

Act Oneでは、渡航の手続きからドナーの採卵や体外受精した卵子の移殖、メンタルケアまで、卵子提供に関わる全てのことをサポートしています。

日本では情報が少なく、デリケートな内容なだけに相談する相手もいない中で、自分でできるのかと悩んでしまうことの多い卵子提供ですが、どんなことでもご相談いただけるようにしています。

子供ができにくいことや卵子提供に関することなどは、親や友人にもなかなか相談することはできないものです。
そのため、2人きりで悩み続けている夫婦も多いことでしょう。

自分でできるのか不安だからと卵子提供のことをあきらめてしまうのは、とても残念なことです。
子供を授かるためのもう一つの方法として、卵子提供のことを検討してみましょう。

Act Oneは様々な悩みにこたえ、元気な赤ちゃんを授かるための手助けしています。