日本国内での卵子提供はどうしてできないの?

高度な不妊治療の方法が増えている今日この頃、私たちAct Oneでは、海外で卵子提供を受けることができるようにサポートをしております。
そもそもどうして卵子提供をわざわざ海外で受けなければならないのでしょうか?日本国内で卵子提供を受けることができれば、渡航する必要はありません。

また、全くの他人から卵子提供をしてもらうよりも、姉妹やいとこなど、血縁関係にある方にお願いして我が子として育てていきたいという方もおり、日本国内での卵子提供を希望しています。

mama1

実際には日本国内での卵子提供は違法とまではなりません。
現に日本国内にもわずかではありますが、卵子提供を行っている病院があります。
ただ、厚生労働省などで法整備が進まず、事実上はできないということになっているのです。

卵子提供について法整備が進まないことの原因のひとつに、プライバシーの問題があります。
日本国内には、生殖補助医療を行う医師に守秘義務が課せられています。

卵子提供を受けた人の中にはその事実を人に知られたくないという人も多いことでしょう。
この守秘義務があるので、卵子提供を受けたことは人に知られることが無く、プライバシーが守られています。

また、卵子提供を無償でしてもいいというボランティア精神にあふれた女性もたくさんいます。
そんな女性達もやはり卵子提供をしたという事実は、周りに知られずにいたいと思う方が多いのが事実です。

このように、卵子提供に関わるプライバシーについては周りに知られないよう、匿名で行うことという考え方があります。
問題なのはそれと同時に卵子提供によって生まれた子供には、その事実を知らせるべきという考え方があることです。
子供がある年齢に達したら、卵子提供をした事実を伝えるということになったら、どれほどボランティア精神がある女性でも、卵子提供することに躊躇を感じてしまいます。

日本国内でなかなか卵子提供についての話し合いが進まない理由は、このような点によるところが大きいようです。
なかなか話し合いが進まない間にも、不妊に悩み苦しむ方はどんどん適齢期を過ぎてしまいます。

現実には今すぐに日本国内で卵子提供を受けることは難しいことと言えます。
1日も早く行動を起こしたいと思ったら、まずは海外での卵子提供を考えることをおすすめします。
Act Oneには多くのエッグドナーが登録されています。
理想に合ったエッグドナーとめぐり合えるよう、最善の努力をさせていただきます。