日本やアメリカなど卵子提供でかかる費用について

卵子提供を受けるにあたり、気になるのがその費用ではないでしょうか。
希望しているのになかなか赤ちゃんを授かれない時、まずは日本の病院やクリニックにて不妊治療を受けようと考えるでしょう。

baby053

そしてなかなか妊娠に至らず、それでもなお赤ちゃんを産むことをあきらめられない場合、卵子提供という手段を考えるケースが多いのです。

卵子提供は日本でも受けられるのですが、受けられる条件がかなり限られていることから、誰もが望めば受けられる治療ではありません。

そこで卵子提供を希望するカップルは、卵子提供の治療が受けられる海外へ出向いて治療を受けるのです。

ちなみにどこで卵子提供を受けるかによって、費用が大きく変わってきます。
日本国内で卵子提供を受ける場合の費用ですが、約100万円の費用がかかります。

国内で治療が受けられると言う安心感もありますし、渡航費や滞在費もかかりません。
また基本的に外国とは異なり卵子提供者に対して謝礼を支払う必要がないため、それだけ費用負担を抑えることが可能になります。

日本で卵子提供を受ける条件に該当しない場合は、海外にて卵子提供を受けるのですが、それが受けられる国は限られています。

今まで日本人が卵子提供を求めて訪れていた国はアメリカです。
アメリカは不妊治療に対して日本よりも先進的な考えを持っており、卵子提供や代理出産といった高度生殖医療をいち早く取り入れています。

そして海外から来た子供を望むカップルに対しても寛容で、外国人も卵子提供が受けられるため大勢のカップルが世界中からアメリカに卵子提供を受けにやってくるのです。

しかしながら費用が高額であり、卵子提供を一回当たり受けるのに500万円前後の高額な費用負担が生じてしまいます。

これだけ高額の費用を捻出できるのはよほどのお金持ちでない限り無理なのではないかと考える方もいらっしゃいますが、実際に当社に卵子提供の相談を受けにいらっしゃる方は、平均的な収入の方であるケースが少なくありません。

当社にも卵子提供を希望する夫婦がいらっしゃいますが、皆さん一生懸命貯金をしたり、御親族やご家族に借りるなどして卵子提供の費用を用意されているのです。

費用負担の安さが魅力となり、最近ではタイや台湾といった海外で卵子提供を受けるカップルも増えてきています。

アジアの国で卵子提供を受けた場合の費用ですが、200万円から400万円とアメリカで受けるよりはだいぶ費用負担を抑えられるのが魅力です。

アメリカは卵子提供の先進国であり、実績や経験を考慮してアメリカの病院での卵子提供を希望するカップルもいらっしゃいます。