日本には卵子提供の受け入れ病院が少ないのが事実

妊活に励み、体外受精などの高度な治療を受けてもどうしても妊娠にいたらない方の中には、卵子提供を受けようと思う方もいることでしょう。

以前と違ってこの頃は卵子提供という方法も少しずつ身近なものになってきています。
Act Oneでは卵子提供に関するすべてのことをサポートさせていただいています。

そんな卵子提供は違法ではないにしろ、日本国内ではまだまだ受けることが難しい方法で、受け入れ病院もごくわずかだと言われています。

baby051

倫理的な問題が大きい卵子提供ですから、様々な法的整備が必要であり、また反対している人物が多いのも事実です。
でも、日本国内で問題なく卵子提供を受けることができる日を待っていたら、今不妊に悩む人は間に合いません。

そこで、日本ではまだまだ卵子提供の受け入れ病院が少ない中で、海外に渡航して夢をかなえている人も増えています。
今の日本では受け入れ病院がほとんどないと言われている卵子提供ですが、海外では多くの病院で受け入れ可能となっています。

早期閉経を始めとした特別な場合のみ受け入れるなどの制約や、45歳まででないと受け入れ不可などの厳しいルールもありません。
そのため、日本では受け入れ病院が無いということで半ばあきらめていた夫婦も、最近は海外に渡って卵子提供を実現しています。

海外に自分たち夫婦だけで行っていきなり卵子提供を受けることは不可能だと思ってしまう方も多いことでしょう。
まだまだ認知度の低い卵子提供ですから情報が少なく、何も分からないのも無理のないことです。

そんな時こそ、私たちAct Oneのことを思い出してください。
Act Oneには、卵子提供をしてくれるドナーの方がたくさん登録されています。

Act Oneでは、卵子提供してくれるドナーの紹介をきめ細かくさせていただいています。
年齢的に若く健康なドナーが登録して頂いているので、体外受精後の妊娠率も高いと言われています。

ドナーの容姿から病歴、その他細かいことを参考にドナーを選ぶことができるのも、Act Oneならではです。
ドナーの採卵から、本人への体外受精の施術まで、全てのことをこのエージェントが手配してくれるので、海外での卵子提供について何も知らない方でも安心して受けることができます。

もちろんメンタル面での相談にも乗っています。

どんな治療を受けてもなかなか妊娠できないと焦っている方は、受け入れ病院が無いからとあきらめてしまう前に、海外での卵子提供について一度調べてみることをおすすめします。

当サイトにおきましても少しでもお力になれるよう様々な情報をお伝えして参りますので、サイト内をゆっくり読んで頂き、ご納得した上で是非ご相談ください。