年齢による卵子提供リスクについても知っておきたい

日本国内ではまだ事実上は認められていない卵子提供ですが、どれほど努力しても子供に恵まれない夫婦にとっては、藁をもすがる思いの妊娠のための方法として、受ける人も増えています。

年齢を重ねるにしたがって卵子は老化し、妊娠することが難しくなってしまう中で、体外受精を何度もしても子供ができない40代半ばを過ぎた女性が海外で卵子提供を受けているというケースが多いようです。
海外では卵子提供に関して厳し過ぎる規制がありません。
子供ができないままに年齢ばかりが上がってしまうことに不安を感じて悩み続けるよりも、卵子提供を推奨するという考え方もあります。

201403271002

海外で卵子提供を受ける上で心強い存在となっているのが、エージェントです。
日本国内にはいくつものエージェントがあり、Act Oneでも、ドナーとのマッチングから採卵、体外受精まで一通りのサポートを行っています。

ドナーの年齢は20代から30代の若くて健康な女性で、卵子の状態もいい方が登録されています。
自分の年齢ではもう妊娠する力が無いと感じ、卵子提供に踏み切る女性は年々増えており、実際に卵子提供のおかげで待望の妊娠を果たした方も少なくありません。

卵子提供を受ける際には、実際に卵子提供を受けた後のことについても考えておく必要があります。
無事に妊娠したとしても、出産時にトラブルが起こらないとは限りません。
年齢的に35歳を過ぎると高齢出産と言われるように、若い年代での出産とは違う問題も増えてきます。
妊娠高血圧症候群をはじめとして、妊娠糖尿病や早産、分娩時の出血量の増加など、様々なトラブルが起こりやすくなります。

妊娠から出産までのトラブルなどをできるだけ回避するためにも、妊娠後に通う産婦人科には卵子提供を受けて妊娠した旨を伝えておく方が良いと言われています。
自分の年齢と状況をふまえて卵子提供に臨むようにしたいものです。

もちろん、Act Oneでは、卵子提供に関して不安に思うことや疑問に思うことについて、幅広く相談に乗っています。
卵子提供にはいいこともたくさんありますが、先ほど述べたようにリスクが全くないわけではありません。
これらのリスクについても丁寧に説明させていただきます。

Act Oneのカウンセラーとよく話し合い、卵子提供を受けることの意味やリスクについて、また、自分の年齢で妊娠・出産をすることがどんなことなのかをきちんと理解し、納得した上で卵子提供を受けるようにしましょう。