妊活をしても妊娠できない時に卵子提供を考える

最近は、体外受精というものがずいぶんと身近なものになり、不妊に悩む多くの夫婦が体外受精によって赤ちゃんを授かっています。
更に、卵子提供というものも話題になることが増えました。

海外では、体外受精を繰り返しても妊娠にいたらない場合、卵子提供に踏み切る夫婦も増えています。

baby011

女性も男性並みに仕事を続けている方が多く、結婚後もしばらくは働き続けるというのが普通になってきた今日この頃、そろそろと思った時に妊活を始めるという夫婦もめずらしくありません。
そんな妊活ですが、様々なことに気を配って体調を整えていくことが大切です。

妊活の第一歩として最初に始めたいのが、食生活の改善です。
仕事が忙しく、外食やファストフードが多い生活をしていると、どうしても栄養バランスは崩れがちで、血流が悪くなったり肥満になったりと、様々な体調不良を起こしてしまい、妊娠の妨げになってしまいます。

朝食を抜いて出勤することも避けたいものです。
朝は、ビタミンをたっぷり摂るためにフルーツや野菜を積極的に食べるようにしましょう。

昼食は近くのお店でランチというのもたまにはいいものですが、できればお弁当を持って行った方がカロリーも抑えられます。
夕食には玄米や大豆など、調理が比較的簡単でありながら栄養バランスの取りやすい食材を取り入れて、忙しい毎日でもできるだけ手作りのもので乗り切るようにしましょう。

日々の運動も大切になってきます。
通勤時に一駅分歩いたり、入浴後に軽いストレッチをしたり、ストレス解消になるような運動を日課にしたいものです。

また、健康な赤ちゃんのために葉酸を摂ることもおすすめです。
胎児の細胞分裂がさかんになる妊娠初期には脳や神経管を形成するために葉酸が必要になります。
そのため、葉酸は妊活に欠かせない栄養素と言えます。

生活改善を心がけ、妊活に励み、高度な不妊治療をしても妊娠できない場合は、もう一段上の方法を考えてみましょう。
それが卵子提供です。

Act Oneには、多くの健康で若いエッグドナーが登録しています。
ボランティア精神にあふれたエッグドナーの方から、質のいい卵子を提供してもらえるのが何よりもメリットです。
国内では卵子提供を受けられる病院が少ない中、自分たち夫婦だけでエッグドナーを探し、卵子提供を受けられる病院を探すことはとても難しいものです。

Act Oneでは、エッグドナーの紹介から海外での卵子提供プログラムまでのすべてをサポートすることができます。
初回のご相談は無料となっておりますので、気軽に声をかけてください。