卵子提供、失敗しても諦めずに妊娠した方の体験談

タイミング法や人工授精など、長い不妊治療の間にはさまざまな方法を試されるでしょう。
しかし、それでも妊娠をすることができなかったご夫婦の、最後の砦として残されているのが卵子提供による体外受精です。

卵子提供は、海外では20年以上前から実施されており、日本でも近年国内初の卵子バンクが開設されるなど、徐々に広がりを見せています。

baby020

卵子提供は、そのほかのさまざまな不妊治療のなかでも妊娠成功率が高く、今後ますます利用者が増えると考えられます。

しかし、残念ながら卵子提供も妊娠成功率は100%ではありません。
ほかの不妊治療方法と同様、どうしても失敗してしまうこともあります。

しかし、どうか1度の失敗であきらめないでください。
卵子提供によって妊娠した方の中には、初回が残念な結果に終わっても凍結保管されている余剰胚を使い、赤ちゃんを授かったという方も多くいらっしゃいます。

45歳で卵子提供により妊娠に成功したある方は、国内で実施可能なあらゆる不妊治療を試しましたが、高齢のための卵巣機能の低下で卵子が老化し胚の分割が進まなくなりました。そして43歳の時に卵子提供に踏み切ったのです。

しかし、1度目の移植は失敗に終わりました。

ホルモン剤の投与方法も変更し、若い卵子ドナーの卵なので絶対に大丈夫と、自分に言い聞かせて、残っている凍結胚を使って2度目の移植に臨みました。

この時には、逆に気持ちは落ち着きリラックスした状態で移植を受けたそうです。

そしてついに、妊娠することができたのです。
卵子提供による不妊治療を始めてから2年目のことでした。
その後、10か月間の妊娠生活を問題なく過ごし、無事に元気な男の子を出産されました。

この方のように、移植に失敗しながらもあきらめずに挑戦を続けたことで妊娠の夢を叶えた方は数多くいらっしゃいます。

もちろんその間は、肉体的にはもちろん、金銭的にも精神的にも大きな負担がかかることは事実です。

卵子提供のアクトワンは、レシピエントご夫妻に寄り添って、しっかりとサポートさせて頂きますので、どんなことでもご相談下さい。

最先端の医療技術をもっても全ての方が妊娠するかどうかわからないというのは事実です。
卵子提供による妊娠を成功させるためにも、サポート体制が整って海外の提携クリニックとの連携も密で、安心できるアクトワンにお任せ下さい。

%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b