卵子提供での現地滞在期間目安はどれくらい?

卵子提供を受けるために、海外へ渡航する日本人夫婦が増えています。
卵子提供は、日本国内では法整備に向けて進めているものの、医療関係者は慎重視していますし、施術できる病院も多くない状況だからです。
それでも日本国内でも少ないながら卵子提供の実例がないわけではありません。

baby24

もし海外で卵子提供を受けるとして、卵子提供を受けるご夫妻は、日本にいる間も日常的に忙しくされているでしょうから、現地滞在期間目安については気になるでしょう。

では、卵子提供を受けるための現地滞在期間目安はどのようになっているのでしょうか。
卵子提供を受けるために渡航される先も様々ありますが、大抵の場合は被提供者の方は1回のプロジェクトで2回現地に赴くことになります。

卵子提供のための現地滞在期間目安は、1度目は現地で医師の検査を受けたり契約をしたりする日程で、1泊2日となる場合が多いです。
現地の場所によっては日帰りである場合もあります。
2回目の現地滞在期間目安は最短で4日~1週間前後と差があります。
2度目の渡航では、ドナーから採卵し胚を被提供者である妻に移植することになるからです。
以上が、卵子提供を受ける際の現地滞在期間目安となります。

さて、現地に渡航するならば海外ということで不安になることがあるでしょう。
あるエージェントですと、コンドミニアムに滞在することになりますが、被提供者の要望に応えて施設の改善を図ったという例があります。

2度目の渡航で胚を移植する際には心を落ち着けて安らかに過ごすことが不可欠ですので、こういったエージェント側の配慮は大事になってきます。

もし海外で卵子提供を受けるならば、現地の特色なども知っておきたいのではないでしょうか。
卵子提供はハワイやマレーシアでも受けることが可能です。
ハワイの場合は誰もが知る、日本人にも人気のリゾート地ですので、街を歩くと日本人に出会う可能性もありますし、日本人に対するサービスが整っていると言えるでしょう。

渡航する際にも直行便が多数発着しており、行き来するのにさほど困難はないでしょう。
また、医療に関しても技術が高く、施設も充実しています。

マレーシアは南国でありリゾート地ですので、治療のみならず観光もできるのが便利です。
物価がとても安いので、滞在に関して料金を抑えることができるところもポイントです。
マレーシアも医療技術がハイレベルであり施設も充実しています。

以上のように、現地滞在期間目安がおわかりいただけたのではないでしょうか。
日本以外で卵子提供を受けることのできる、現地の情報についても卵子提供プログラムのご参考になさってください。