卵子提供を受ける為の準備

現在卵子提供を受けられる方は、海外で卵子提供を受けられる方が多いです。
その際、費用が高額になる場合が多いので、費用の準備が最優先となります。

費用は、一般的に渡航や滞在費を除きアメリカなどでは550万円程度から600万円程度必要と言われています。
また、アジアの国を利用される場合は、150万円程度から300万円程度は最低必要と言われています。

コウノトリ1

しかし、オプション検査や医療機関の選択によってはさらに高額となる場合もあります。
成功率は50%以上と言われていますが、1回の卵子提供で出産に至らない方もおられます。

2回目、3回目の移植手術を選択する準備されており、1回目の移植時に採卵した卵子を凍結保存するオプションが準備されています。
2回目からの費用は、最初にかかった費用の15%から20%程度になる事が多いと言われています。

なぜなら、エッグドナーへの報酬や卵子提供エージェントへの支払が必要ない場合や少なくなる場合が多いからです。
費用に関しては、分割払いに対応してくれる卵子提供エージェントも多いので準備する段階で相談しましょう。

日本在住のご夫婦が卵子提供を海外で受けられる場合は、ご主人様の渡航回数は一回のみ、奥様の渡米回数は二回になる事が多いです。
それぞれの方に合わせて、最短日数滞在になるように卵子提供エージェントがコーディネートしれくれます。

海外で卵子提供を受ける事を検討されている間に、事前にパスポートはしっかりと準備しておきましょう。
パスポートは、通常申請から発行まで1週間程度必要です。

また、準備で1番大切なのが信頼できる卵子提供エージェント探しです。
信頼できる卵子提供エージェントであれば、トラブルに巻き込まれる心配もありませんし、安心して卵子提供だけに集中できるようにさまざまな手配をおこなってくれます。
悪徳卵子提供エージェントを利用された方は、卵子提供者のすり替えや不明瞭な費用請求などのトラブルにあわれる方もおられます。

信頼できる卵子提供エージェントを探す為には、実績があり卵子提供者の登録者数が多く、採卵の際に卵子提供者を確認して良いのかどうかなどを確認しましょう。
またインターネットのサイトなどで評判の悪いエージェントの利用は、できるだけ避けたほうが無難です。

良い評判は、エージェントが自作自演している場合もあります。
実際にエージェントを選ぶ際には、面会してから決定しましょう。

地方などにお住まいで面会が難しい場合は、電話で質問などをして応対の様子を必ず確認しましょう。
また、住所を画像地図で検索して、実際にあるかどうかも確認する必要があるでしょう。