卵子提供を受ける最先端技術について

医療は日々進化していますので、現在なんらかの理由で不妊に悩んでおられる方が利用されている卵子提供を受ける方法にも最先端技術がでてきています。
卵子提供を受ける方法は、まずご主人の精子と卵子提供者の卵子を体外受精させます。

コウノトリ3

そして、その受精卵を奥様の子宮に移植し、奥様が出産されます。
卵子提供によって、子どもを望む女性が妊娠・出産できる可能性が高まります。
しかし、日本では病気などの理由による卵子提供しか認められていないので、多くの方が海外で卵子提供を受けられています。

卵子提供を受ける最先端技術には、卵子提供を受けた方の多くに見られる、多胎妊娠を防ぐ為の方法があります。
このSEET療法という最先端技術は、1個の胚移植で高い妊娠率がある治療法となります。
また、二段階胚移植で成功されなかった方で、着床障害が原因と考えられる方に適した治療であると言われています。

海外にて安全性の高い卵子提供プログラムのコーディネートをおこなう卵子提供エージェンシーが増加しています。
特に最近は、卵子提供と最先端技術となる着床前全染色体診断を同時実施するプログラムがさかんで、高い成功率と安全性の高いプログラムが紹介されています。

安全性の高いプログラムとは、最先端技術となる着床前全染色体診断によって流産の可能性が大変に低くなる事を指しています。
また、日本国内で詳細に相談できる卵子提供エージェンシーも増加しています。
なかには、数十年にわたる実績と高い成功率と安全性を誇っている卵子提供エージェンシーもあります。

着床前全染色体診断は海外で体外受精を前提としておこなえる検査で、卵子提供者の卵子とご主人の精子で体外受精をおこなった受精卵を奥様の子宮に移植する前におこなう検査です。

検査では、受精卵の全染色体や遺伝子を調べる事ができます。
染色体異常の受精卵は着床が困難である可能性が高いので、流産の確率が高くなります。

その為、この検査によって妊娠の確率や安全性を上げる事ができます。
また、エッグドナーの方に負担をかける心配もありませんし、羊水検査のように奥様の安全性を損なう事もありません。
さらに着床前全染色体診断では、安全性を確保しながら男女産み分けも可能です。

アクトワンでは、ご夫妻が安心して卵子提供をうけられる様にさまざまなバックアップをさせていただいております。
弊社では、さまざまなご質問やご不安に丁寧に対応させていただいております。

ぜひ、弊社サイトを良くご覧いただいた後でご相談やご質問を気軽にしていただければと思います。