卵子提供を受けるときに痛みはあるの?

卵子提供を受ける方にとって、卵子提供のプログラムにおいて痛みを伴うことがあるかということは、気になることでしょう。
では、卵子提供を受けることで痛みを伴うことはあるのでしょうか。

mamapapa1

結論から述べますと、卵子提供されるその時には依頼者が感じる痛みはさほどないというのが通常です。
それに、移植にはわずかな時間しかかかりません。
ただし、子宮の形などによっては痛みを感じることがあります。

卵子提供を受けるにあたって、まず膣内を綺麗に洗った後に超音波エコーを用いて、子宮腔内がどの程度傾いているかなどを調べることになります。
それから、移植用チューブを使って試験的に問題なく挿入できるかを判断します。
さらに、移植用チューブの端が子宮腔の一番奥にきちんと辿りついているかを確認する作業を行い、それで問題がなければ、移植用のチューブに胚(受精卵)を入れて子宮へと入れていきます。

スムーズに移植用チューブが挿入出来れば良いのですが、チューブが入り辛いこともないとは言い切れません。
そういった時には、経膣超音波エコーを使って子宮腔の形をチェックしつつ入れていくことになります。
子宮の傾きに合う様に、柔らかいチューブが使われることになりますので、卵子提供の際に痛みはほぼありません。
以上のプロセスにおいて、卵子提供においては痛みを伴わないということがわかるでしょう。

子宮の入り口付近が曲がってしまっているようなパターンなどにおいては、尿を溜めておくという方法によって痛みを緩和することが可能です。
尿を溜めることを勧める病院もありますし、移植前にトイレに行くように指示をする病院もあるので、一概には言えない部分もあります。

しかし、参考にすることはできるでしょう。
そして、施術時にクスコという器具を用いて子宮の入り口を広げることになりますので、その器具の扱い方によっても卵子提供時の痛みは伴う場合もあります。
勿論、医師の技量にも左右されます。

移植後には、お腹に痛みを覚えることも考えられます。
それは、子宮のぜん動運動によるものです。
子宮内膜はぜん動運動を行っていますが、着床することによって子宮内膜が奥の方へと働くようになると考えられているからです。

それが、お腹の痛みをもたらすのです。
移植後に痛みを伴う場合もあるとは述べましたが、皆がそういうわけでもありません。
こういうケースもあるということを覚えておくことで、卵子提供を受ける際にも落ち着いて受けることができるでしょう。