卵子提供を受けるためにも不妊の原因を知りましょう

赤ちゃんがほしいと思い続けて夫婦で妊活に励んでも、なかなか赤ちゃんに恵まれない時、多くの女性が何が原因で赤ちゃんができないのか?と思うことになります。

妊娠を希望して夫婦生活を送っていて1年以上妊娠しない場合、不妊症ということになります。
ですからいつまでも妊娠の成立が無い時には、できるだけ早く婦人科で検査を受けることをおすすめします。

baby016

不妊症であるにも拘わらず、自然に赤ちゃんを授かるまで…といつまでも検査を受けずに時間を過ごしてしまうと、とても後悔してしまうことにもなりかねません。

女性の卵子は時間と共に老化し、妊娠しにくい状態になってしまうものです。
『もう少し、もう少し』と、検査を先延ばしにしているうちに、妊娠できるチャンスをどんどん逃してしまうことにもなりかねません。
不妊症とはっきり分からず悶々と過ごすよりも、勇気を出して検査を受けるようにしましょう。

不妊症の原因にはさまざまなものがあります。
子宮筋腫や子宮内膜症を始めとした婦人科疾患、冷え性やホルモンバランスの乱れなどの体質、精神的なストレス、そして、子宮には問題がないものの、老化などによる卵子が原因となる場合など、多岐にわたります。

もしも不妊症の検査の結果、卵子に問題があるとされた場合には、卵子提供を選択するのもひとつの方法です。
今はまだ日本国内では全面的に認められていない卵子提供を、海外で受ける女性も増えています。
Act Oneでは、この海外での卵子提供のサポートをさせていただいています。

卵子に問題があって妊娠が難しい女性の場合、第三者からの卵子を受精させて自分の子宮に移植することで妊娠する確率がぐんとアップします。

もちろん、ドナーからの採卵から体外受精、体内への移植までを海外で行う手続きや準備など、卵子提供に関することは全て株式会社Act Oneでお手伝いさせていただくので、何も心配なさることはありません。

何も心配せずゆったりとした気持ちで卵子提供に臨んでいただくことが、無事に妊娠するための第一歩と言えます。
将来、自分のお腹からかわいい赤ちゃんが生まれてくることだけを楽しみに、ストレスの無い時間を過ごしていただくため、煩雑な手続きは全ておまかせいただきます。

少しでも健康な身体で卵子提供に臨み、無事に出産するためにも、なかなか妊娠せずおかしいと感じたらできるだけ早く婦人科へ足を運び、自分の身体がどんな状態なのかを知るようにしましょう。