卵子提供をアメリカで受けるリスク

不妊カップルは年々増加傾向にあり、日本で受けることのできない高度生殖医療の卵子提供を受けるカップルの割合も増加しています。
卵子提供は事実上日本で厳しい規制がしかれており、誰もが卵子提供の技術を受けることができません。

コウノトリ01

だからといって他の治療法では確実に妊娠できるとは限らず、アメリカまで卵子提供を受けに行くのです。
卵子提供によって妊娠できる可能性を大きく上げることが可能になるのですが、それに伴うリスクがあることもしっかりと理解しておきましょう。

アメリカにて卵子提供を受ける日本人カップルのほとんどが、当社Act Oneのような業者を通じて、卵子提供治療を受けています。
当社では、必ず卵子提供を受ける前にはきちんと卵子提供に関する説明を十分に行って、さらにはリスクやデメリットもお話しした上で治療を受けるかどうかを決めて頂いております。

アメリカで卵子提供を受けるリスクとして特に覚えておいていただきたいことの一つが、まれに卵巣が過剰に反応することによって症状が出てしまうことがあります。

アメリカなどで受けられる卵子提供では自分のものではなく第三者の卵子を提供してもらって、妊娠に至ります。
自分のものではない卵子を体に取り入れるわけですから、自分の体がそれに過剰に反応してしまうリスクが出てきてしまいます。
その影響として、腹水がたまる、早産のリスクが高まる、妊娠高血圧症にかかる、大量の出血が起こるなどのリスクが起こりやすくなります。
また多胎妊娠の確率も上がってしまいます。

アメリカだけでなく日本でも不妊治療を受けてきた方が、最終手段として卵子提供を受ける傾向がみられるのですが、日本での不妊治療でも多胎妊娠の確率は高くなります。

排卵を促すために排卵誘発剤を使用することで、卵子の数が増えて多胎妊娠しやすくなるからです。
アメリカでの卵子提供でも同じであり、多胎妊娠の確率が高くなってしまいます。

多胎妊娠は妊娠中の女性の身体的負担を大きくしてしまいます。
健康な女性でも多胎妊娠することによって、つわりがひどくなったり、早産のリスクが高くなったりしますし、産後は一人の赤ちゃんのお世話だけでも大変なのに、2人もしくはそれ以上のお子さんの世話をしますので、肉体的にもかなり大変になります。

アメリカでの卵子提供によってこれらのリスクがあるのは事実ですが、大半の方が無事に妊娠出産をされていますのでそれほど心配をしすぎることはないと考えられています。