卵子提供の悩みや相談対応カウンセラーについて

同じ年代の友達が次々と妊娠し、子育てに奮闘している中、自分だけがどうしても妊娠しない…これは女性としては本当に辛いことです。
不妊の原因が分かり、様々な治療を繰り返してもやはり妊娠に至らないと、ますます苦悩し、落ち込んでしまうものです。
不妊治療は、とてもデリケートなことで周りの人に相談しにくいのも事実です。

baby04

海外では何回も体外受精をしても妊娠できない場合、卵子提供という方法をすすめられる国も少なくありません。
日本ではまだ卵子提供が必ずしもすすめられている方法ではありませんが、海外で卵子提供を受けて妊娠、出産した女性が年々増えています。
私たちAct Oneは、子供がほしいと望み、卵子提供を受けたいと考えているご夫婦の力になるための組織です。

実際に卵子提供について考え始めると、改めて情報の少なさに気付くことになります。
倫理的な問題や高齢出産のリスクなどから、日本国内では卵子提供が認められていないというのが、情報が少ない原因のひとつです。
また卵子提供となると、まだまだ卵子提供に対する理解者が少ない日本ですから、不妊治療以上に周りに理解してくれる人が少なく、相談ができないという事実もあります。

卵子提供を受けようと思うと、様々な不安や悩みがわきあがってきます。
自分がやろうとしていることは果たして間違っていないのか?卵子提供で授かった子供を本当に愛し続けていくことができるのか?他にも悩みは尽きず、夫婦2人だけで話し合っても答えが出ないことが多いのも確かです。

そんな時には、しかるべきカウンセラーに相談するようにしましょう。
Act Oneでは、心のサポートもきちんと用意しています。
生殖心理カウンセリング研究所の方が、卵子提供に関する様々な悩みを聞き、的確なアドバイスをしてくれます。

生殖心理カウンセリング研究所では、卵子提供で生まれてきた子供を支援していくためのコミュニティを設立しています。
これらのコミュニティで集まって話をすることができる場も提供されています。
自分だけが卵子提供で親になったと考えて孤独になってしまうと、更に不安や悩みが大きくなってしまいます。
そのような時には同じような立場の人と心を開いて話をしたり相談したりすることで、大きな安心感を得ることができます。

経験していない人には理解してもらうことが難しい卵子提供ですが、株式会社Act Oneの心のサポートを利用していただければ、出産後も長い間相談をすることができる場を提供しているので、安心して卵子提供に臨むことができます。