卵子提供の仕組みについて

なんらかの原因で妊娠の機会にめぐまれない方は、卵子提供により体外受精を試みられる機会も多くなってきました。
残念ながら現在日本では望まれるすべての方が卵子提供を受ける事はできませんので、卵子提供を海外で受けられる方が多くなっています。

コウノトリ5

卵子提供の仕組みは、まずご主人の精子と卵子提供者の卵子を体外受精させます。

そして、その受精卵を奥様の子宮に移植し、奥様が妊娠、出産されお子様を授かられます。
卵子提供の仕組みによって、子どもを望む女性がなんらかの理由で自らの卵子を使って妊娠・出産できない場合でも妊娠や出産できる可能性が高まります。

また年齢によって妊娠ができにくい方は、卵子が老化する事も大きな原因と言われています。
卵子提供の仕組みでは、若い方の卵子の提供を受ける事ができますので、年齢によって妊娠ができにくい方でも高い確率で妊娠・出産できる仕組みであるとされています。

卵子の老化は加齢にともない進行し、卵子は新しく作られる事もありません。
卵子は胎児の時に最も数が多く、50歳になるとゼロになるまでどんどん減少していきます。
したがって、年齢を重ねるにつれて卵子も老化し減り続けます。

また、卵子の老化は染色体の過不足を増加させてます。
すると、妊娠能力がどんどん落ちていき、流産や着床・受精障害もおこりやすくなります。

また、アメリカでは43歳以上の方には原則的に不妊治療は成功率が低すぎるのでおこっていません。
その為、40代に入られている方は妊娠方法のひとつとして、卵子提供の仕組みを利用してお子様を授かる事も検討してください。

卵子提供の仕組みを利用する為に、海外で卵子提供を受ける方が増加しています。
以前はアメリカやヨーロッパを利用される方が多かったですが、最近ではアジアの国で卵子提供を受けられる方が多くなっています。

それは、アジアの国を利用されても合法的に卵子提供を受けられる国もありますし、費用もアメリカやヨーロッパと比較すると大幅に安くなるからです。

また、移動距離が短いので身体への負担が少ない事も人気がある理由のひとつです。
アジアの国で卵子提供を受ける費用は、アメリカやヨーロッパで卵子提供を受ける費用の2分の1から4分の1程度になると言われています。
また、近年はアジアの国の医療水準や医療機関の清潔さなども向上しています。

アクトワンでは、他社と比べ良心的で明瞭な価格で卵子提供プログラムをご案内しております。
仲介業者選びは大変に大切ですので、しっかりと比較検討してください。

アメリカはハワイ、ロサンゼルスやサンディエゴで、アジアではマレーシアで卵子提供プログラムを行っております。
ぜひ気軽に弊社まで、さまざまなご質問やご不安をご相談ください。