卵子提供のドナーは未婚者でもいいの?

卵子提供というものについて、どのような印象を持ちますか?

悪いこと、倫理的に問題があることと思う方もいるかもしれません。
でも、長い間子供がほしいと様々な努力を続けてきたにも拘わらず、どうしても子供が授からない夫婦にとっては、卵子提供もひとつの大切な方法であると言えます。

今の日本ではまだ、卵子提供に関してはグレーゾーンです。

コウノトリ3

国内にはわずかではありますが、卵子提供を受け入れている病院もあります。
でも、卵子提供をするドナーは未婚者であってはいけないという決まりなどもあり、スムーズに受けることが難しいのが現実です。

これに対して、海外では卵子提供についてもっと進んでいます。
厳し過ぎる制約もありません。

提供する卵子は若くて健康なほど妊娠率も上がるので、ドナーは未婚者でも問題ありません。
健康で若い未婚者がドナーとして多くの夫婦の役に立っているのです。

日本国内には、そんな海外の病院で卵子提供を受けることができるように手助けをしてくれるエージェントがあり、Act Oneもそのひとつです。

Act Oneに登録されているドナーは全て日本で暮らす日本人ですが、海外で卵子提供を行うため、未婚者であってもとがめられることはありません。

20代など若ければ若いドナーであればあるほど卵子は健康で妊娠するための能力が高いのです。
今の日本で20代で既婚という女性は少なく、むしろ未婚者が多いため、未婚者がドナーであるということは、ごく自然のことだとも考えれます。

日本国内で卵子提供を受けようと思ったら、ドナー探しから自分でしなければなりません。
しかも未婚者ではいけないとなると、そのハードルの高さは計り知れません。

もしも、どんな方法でも妊娠することができず、卵子提供をしてみたいと思うようになったら、まずはエージェントを探すことから始めてみてください。

インターネット上では、多くのエージェントを見つけることができます。
Act Oneの専用サイトも用意しております。
卵子提供について詳しく説明させていただいていますので、参考になさってください。

Act Oneでは卵子提供のためのサポートはもちろんのこと、様々なメンタル面でのケアもしております。
卵子提供を受け、無事に妊娠出産した後、子供への告知はどうするのかという大切な相談にも対応させていただいています。

卵子提供の後も長いお付き合いをさせていただければと願っております。