卵子提供のドナーはどんなふうに選ぶの?

卵子提供を受ける際、皆さまが気にされるのは自分の代わりに卵子を提供しくれるエッグドナーがどんな人なのかという点になります。
誰もが自分の子供として育てていく赤ちゃんの遺伝子には、健康で優れたものであることを望むものです。
Act Oneでは、エッグドナーを広く募集しています。

baby018

Act Oneが募集するエッグドナーには、細かくそして厳しい条件が求められています。
心身ともに健康な20代から30代の女性、責任感が強くボランティア精神のある女性、喫煙や精神安定剤の服用の無い女性、感染症や遺伝的疾患の無い女性…というように、その条件は多岐にわたります。

エッグドナーとしてAct Oneに登録する女性は、これらの条件を満たしており、なおかつその他にも様々な質問項目に答え、時間をかけた面談も受けています。
ですから、卵子提供を受けようと思ったら、株式会社Act Oneに登録しているエッグドナーであれば、どの女性を選んでも安心なのです。

では、 Act Oneでは具体的にどのようにして卵子提供をしてくれるエッグドナーを選ぶのでしょうか。
まずは卵子提供プログラムの内容を十分理解し、契約を結んだあとにエッグドナーを選択することになります。
登録しているエッグドナーについては、細々とした内容のプロフィールから写真まで、全ての情報を知ることができます。

卵子提供のエッグドナーを選ぶ時に、どんな点を重視すればいいのかは、夫婦の考え方によります。
頭脳、運動神経、容姿、体質、健康面など、多くの要素がありますが、我が子として産まれてくる子供にはやはり健康であってほしいと願う方が多く、親族の病歴や体質を重視する傾向が高いようです。

実際にドッグエナーを選ぶ体験をしたご夫婦の体験談に、『まずは健康であることを重視し、次に考えたのはできるだけ自分に似た容姿の子を…という点でした』というものがありました。
このような考え方をした時に、エッグドナーの写真を見ることができるというのは、やはり欠かせない項目だと言えます。

夫婦での方向性が決まったら、いよいよエッグドナーの情報をもとに、ドッグエナーを決めることになります。
様々な情報があるのでここでもまた決めることが難しく、なかなか決められないこともあります。
卵子提供の中でもドナー選びは最も大切なことと言えます。

焦って決める必要はないので、時間をかけてドナー選びをしましょう。
もしも迷ったり行き詰ったりしてしまった時には、いつでも相談してください。