卵子提供で子供を授かったその後の覚悟はありますか?

子供がほしいと望み、どれほど治療を続けても授からない場合に、ひとつの方法として卵子提供というものがあります。
この卵子提供、日本国内ではまだ完全に認められていないこともあり、否定的な考えを持つ方がいることも否めません。

でも、体外受精を何回も繰り返し、自分の身体と心が疲れ切ってしまうほどがんばっても努力が報われないという方にとっては、この卵子提供が一筋の光となっていることも事実です。

family1

最近は日本でも卵子提供のためのエージェントが次々登場しており、株式会社Act Oneもそのひとつです。
国内ですることのできない卵子提供に関わる様々なことを海外で行うためのサポートを私達がしますので、自分たち夫婦だけではどうしていいのか分からないという理由であきらめることはありません。

子供がどうしてもほしいと思っている夫婦にとっては、たとえどんな方法であってもチャレンジしたいという気持ちになるものです。
でも、卵子提供と一言で言っても、ただ赤ちゃんさえ授かればいいという簡単なものではないことだけは、しっかりと覚悟しておきたいものです。

卵子提供によって待望の赤ちゃんを授かり出産をしたその後のこともきちんと考えて置く必要があります。
自分が産んだ子供は、その後一生涯かけて自分が愛し、育てていくという覚悟が必要です。
特に女性にとっては、自分の血をひいていない子供なので、そのことも覚悟しなければなりません。

と、厳しいことを書いてしまいましたが、卵子提供を受け、赤ちゃんを産んだその後、いったいどのような気持ちで自分が子供に接していくことができるのか、正直なところこれは経験してみなければ分からないことです。

卵子提供を受けたいと思った時には、まず夫婦でその後のこと、大切に育てていく覚悟があるかということを話し合うようにしましょう。
そしていつでも私達にご相談ください。

また、日本国内では否定的な考えを持つ方がいると先ほどもお話しましたが、卵子提供によって生まれたということを我が子に伝えるかどうかも、悩むところでしょう。

ただ、もしも生まれた子供が将来大きな病気にかかった時などに、家族の病歴というものが必要になってきます。
心理学的には、子供には卵子提供の事実をできるだけ早い段階で伝えることが望ましいと言われています。

卵子提供のその後授かった我が子に対して、事実を伝える覚悟はありますか?

卵子提供によって我が子を授かることができるというのは夢のような話ですが、まずは現実として夫婦で覚悟があるかどうかをきちんと考えることから始めるようにしましょう。

アクトワンではご夫婦と共に心の準備をし、出産後のアフターケアも専門のカウンセラーをご紹介いたしますのでご安心ください。