体外受精を海外で行うには

不妊治療は日本だけでなく海外でももちろん行われています。
海外で体外受精をするというのは、もちろん可能なのですが、渡航費や滞在費、それに治療費となるとかなりの出費が必要です。

baby040

通常の体外受精、つまり奥様自身の卵子とご主人の精子を使って行うのなら日本国内でも行える病院はたくさんあるので国内でも満足できる治療が受けられます。

海外へ行って体外受精を行うのは、卵子提供や精子提供を受ける場合です。

日本では卵子提供は法の整備がまだできていないので、積極的に行っているところはありません。
国内で行うとしたら、卵子提供は倫理委員会などによる認可が必要になり、不妊治療を専門的に行っている病院などで相談すると良いでしょう。

国内では匿名での提供者が見つかることは困難で、卵子提供を受けるのは姉妹などの親族に限られているようです。

海外では卵子提供は法的に認可されているところがあり、そちらへ渡航して体外受精を受ける方法があります。
海外で卵子提供による体外受精を受けるには専門知識も必要ですし、手続等も難しいので卵子提供プログラムをコーディネートしてくれるAct Oneにお任せください。

卵子提供や代理出産を海外でする日本人のために、サポートさせていただきます。
個人で海外の病院に行くのはなかなか難しいので、当社にぜひご相談していただければ安心して海外で不妊治療が受けられます。

海外で体外受精をするのは肉体的にも精神的にも大変ですが、心のサポートもしっかり行いますので安心して何でも相談してください。

日本で何度も体外受精に失敗しているからと、海外で体外受精を受けたいというご夫婦もいるようですが、海外で成功するとは限りません。

今では海外での体外受精を考えるのは、卵子提供などに限った場合のようです。
海外で体外受精を受けるにしても、かなりの費用が必要です。

病院での治療費の他に、滞在費や渡航費も必要になりますからそれらのことも考えて海外で受けるかどうかご夫婦で話し合うようにしましょう。

いろんな不妊治療をしてきたけれどなかなか子宝に恵まれないと悩む人は、わらをもつかむ気持ちで海外での治療を望まれるのでしょう。

そのお気持ちもよくわかりますが、費用と時間がかかるということも念頭に置いて検討するようにしてください。
決して簡単ではないということは理解しておきましょう。

これらは手続きも大変ですし治療が始まれば長期戦になる恐れがあります。
メリット、デメリットをしっかり理解してから決めるようにしてください。