不妊治療として卵子提供希望者が増えている背景

現在日本人で卵子提供を受けに海外へ渡るカップルが急増しているのですが、それは不妊に悩む方が増えているからです。

ActOneも海外での卵子提供を希望する不妊に悩むカップルに対して、病院をあっせん、紹介する事業を行っていますが、相談件数が増加しているのを感じております。

baby063

卵子提供を受けることを希望する理由はさまざまです。
まずは生まれつき卵巣に異常があり、妊娠しづらい方、腫瘍やがんなどの病気で卵巣を失ってしまった方、早期閉経で妊娠が難しい方もいらっしゃいます。

しかしながら今述べたような理由があれば日本国内でも卵子提供を受けることは可能です。
それ以外の理由で卵子提供を希望する方の多くが、海外へ出向いているのが現状です。

卵子提供を受ける理由として最も多いのが、年齢的に妊娠が難しいケースです。
女性は35歳を過ぎたころから妊娠率が低下してくると言われており、晩婚化の昨今では不妊に悩むカップルが増えているのです。
日本でも不妊治療を受けることができるのですが、それでも妊娠に至らないケースが少なくありません。
美魔女という言葉が流行っているように見た目にも若い女性が増えているものの、卵子の老化を遅らせることは難しいのです。

老化した卵子は着床しづらくなっており、妊娠の可能性を低くしてしまいます。
そのため日本で受けることのできる高度な生殖医療による治療を持っても、妊娠する確率が高くはならないのです。

卵子提供では若く健康な女性の卵子を使って妊娠を試みますので、着床率を大きく上げることが可能となります。
他にも母親自身に遺伝性の病気があるため、それを理由に卵子提供を受ける方もいらっしゃいます。

妊娠することは可能かもしれませんが、万が一妊娠出産してしまった場合、自分の持っている病気の遺伝子が生まれてくる子供に伝わってしまったら将来的にお子さんが辛い思いをするのではないかと考えると、妊娠、出産することを決断できないのです。

しかし卵子提供という方法を選択すれば卵子は病気の遺伝子を持たない健康な女性のものを使用することができるため、自分の病気が生まれてくる子供に遺伝する危険性を避けることができます。

卵子提供を受ける方は高齢の方の割合が高いのは事実なのですが、他にも病気などを理由に年齢が若い方でも卵子提供を希望する方がいらっしゃるのです。

今日本では卵子提供という方法は一般的ではなく治療を受けることに不安もあることでしょう。
現在も治療を受ける希望者が増えていることからより認知された不妊治療の方法になる可能性が高いでしょう。