アメリカにて卵子提供をおすすめする理由とは

卵子提供を受けるためには、かなりの費用がかかってしまいます。
日本で体外受精や顕微鏡受精の治療を受けると、一回当たり数十万円以上の費用がかかり、その費用が負担と感じるカップルも少なくありません。

baby7

それは不妊治療では健康保険の適用を受けることができないからです。
より早く結果を出したいのであれば、確率の低い方法を続けるよりもより妊娠率の高い方法へとステップアップするために、卵子提供の方法を選ぶのです。
卵子提供を受けるためには、日本にて法律が整備されていない関係からアメリカやその他の国にて卵子提供受けるカップルがほとんどです。

今日本で卵子提供を受けた、受けようと考えているカップルが向かう国としてアメリカが大半を占めているのですが、アメリカで卵子提供をおすすめする理由について紹介していきます。

まずアメリカは卵子提供の治療に関して実績がある国であり、安心して卵子提供の治療を受けられることが、おすすめできる理由の一つとして挙げられます。

日本よりも不妊治療では先端技術をいち早く取り入れてきているアメリカでは、卵子提供だけでなく代理母出産などの技術もいち早く取りいれてきており、その実績が豊富なのです。
そのおかげで卵子提供に関しても高い妊娠率を誇っています。

近頃は日本人カップルでも東南アジアの国々へ卵子提供を受けに渡るカップルも増えているのですが、その主な理由が費用の安さです。
アメリカで卵子提供を受けるよりも、数割も安い価格で治療が受けられることから、東南アジアでの卵子提供をおすすめしてくる業者も存在します。

卵子提供を受ける目的は妊娠することです。
卵子提供によって妊娠率を大きく向上させることはできるのですが、それも100パーセント必ず成功する方法ではありません。
よりその確率を上げるためにも信頼と実績のあるクリニックや病院にて治療を受けることをおすすめいたします。

アメリカなどの異国での不妊治療や卵子提供は、日本で同じような治療を受けるよりも不安も大きいと考えられます。
そこで私たちAct Oneのような業者を仲介にして、卵子提供を受ける手続き、準備をすすめる方が卵子提供の治療を受けている方の大半を占めています。

私たちAct Oneではアメリカにて信頼のおけるクリニックと提携していますので、おすすめの病院クリニックをご紹介したり、渡航、現地での手続きがスムーズに進行するようにお手伝いさせていただきます。
不安や疑問には誠心誠意をもって対応させていただきますので、ご相談だけでもお気軽にお寄せください。