どうすれば卵子提供は受けられる?

卵子提供を受けたいと思っても、何から始めていいのか、どうすれば卵子提供を受けることができるのか、知らないことには始めることができません。

卵子提供を受けるということは、卵子を提供してくれるドナーから卵子提供をしてもらい、その後旦那さんの精子とドナーの卵子を受精させて、受精卵を体内に戻し育てる、ということになります。

ただ、今は日本で第三者からの卵子を提供してもらうことは難しく、不可能な状態となっていますので、日本国内でおこなうのは困難でしょう。

夫婦1

ではどうすればいいのでしょうか。
卵子提供を受けるためには海外へ渡る必要があります。
海外へ渡って卵子提供を受けて不妊治療をする、それが卵子提供プログラムなのです。

卵子提供をどうすれば受けられるのか、やはり対象となる人が決められています。
自分の卵子で妊娠することが可能、という人に認められる制度ではありません。

不妊に悩む人だけに提供されるものです。
卵子提供という方法が広がり始めているとはいっても、対象となる人が決められているため、安心して卵子提供を受けることができるでしょう。

まずコーディネーターやエージェンシーへ問い合わせをすると、卵子提供プログラムについての案内から始まります。
株式会社Act OneのWEBサイトや電話で問い合わせください。

そして、相談・面接日を決定します。
相談に関しては、無料でおこなっておりますので、費用を心配することなく相談いただけます。

その後に契約となれば、ドナーの選択となり、写真・プロフィールなどからドナーを選んで卵子提供を希望します。
そして、実際にご夫婦で一度海外へ渡り、精子を採取するのと同時に奥様は検査を受けることになります。
ドナーも海外へ渡り、採卵したあと、精子と卵子が受精されます。

移植する前に、着床前診断というものもあります。
これは必ず必要というわけではないのですが、着床しなくてはせっかくの受精卵もムダになってしまいます。

体にかかる負担もありますので、ちゃんと着床してくれるかどうか、といった判断をする診断です。
異常があったものは破棄されて、正常なもののみが診断後は生き残り保管されます。

その後いったん帰国していた奥様が海外へ渡り、移植するという流れです。
2週間後の血液検査で、妊娠しているかどうかを判断します。

どうすれば卵子提供を受けることができるのか、最初は不安もあると思います。
株式会社Act Oneではどうすればいいのか、という不安を感じることがないよう対応していますので、ぜひご相談ください。