40代での体外受精の成功率

初婚年齢が上がってきている今、40代になって子どもが持ちたいと考える女性は増えてきました。

医学の進歩により高齢になってから妊娠しても無事出産できるようになってきたこともあり、不妊治療をしてでも子どもが持ちたい女性はとても多いです。

お守り01

体外受精は、体外で受精させてそれを体内へ戻すものですが、それで誰もが妊娠できるとは限りません。
自然妊娠と同じように、30代、40代と年齢が上がるごとに成功率は低くなっていきます。

女性の生殖能力は20代から30代前半がピークで、そこからはだんだんと低下していきます。
体外受精の場合、25歳くらいだと成功率は40%前後ですが、40代になると20%以下になると言われています。

その理由は、加齢によって卵子が老化するからなのです。
体外受精は受精卵を子宮内に戻すわけですが、それが着床しないと妊娠にはなりません。

子宮をベッドに例えると、20代から30代前半はふわふわの柔らかいベッドで受精卵の寝心地が良いものなのですが、年齢を重ねるごとにベッドは硬くなってしまい、受精卵の寝心地は悪くなってしまうのです。

卵子の老化や病気などで自分の卵子が使えないとなった時、もう子どもが持てないのかと落ち込むご夫婦がおられますが、卵子提供を受けて体外受精をし、妊娠、出産を迎えることは可能です。

Act Oneではそのお手伝いをさせていただきます。
40代であっても、当社の卵子提供の場合は健康な20代の日本人女性の卵子なので成功率は上がります。
不妊治療や高齢出産などの医療技術は向上していますので、どうぞ安心してお任せください。

奥様が40代のご夫婦であっても、妊娠、出産を迎えられた方はたくさんいらっしゃり、諦めずに頑張って良かったと喜んでいただいております。

卵子提供による体外受精を行う病院についても、株式会社Act Oneが責任を持ってご紹介させていただいてるので安心してください。

体外受精の成功率は、病院によって様々ですが、Act Oneでは厳選した病院と提携しております。
現在のところ、卵子提供を受けて体外受精をするのは海外がお主になっていますので、不安なことがたくさんあるかもしれません。
Act Oneではそんな皆様に寄り添い、安心して出産を迎えられるようしっかりフォローしています。
40代であっても諦めずにぜひ卵子提供プログラムに取り組んでいただきたいと考えております。