卵子提供プログラムの費用について

       

最近は、海外で卵子提供プラグラムを受ける方が大変に増加しています。
卵子提供プログラムを受ける事ができる国はさまざまあり、昔からアメリカやヨーロッパ諸国で卵子提供を受ける方は多かったです。
最近では、それらの国々よりも費用負担が少なく移動距離も短いアジア諸国で卵子提供プログラムを利用される方が増加しています。
baby5

また、卵子提供者となる為にアジア諸国に行かれる方もおられます。
海外では、もちろん日本の保険は使用できませんので、各種検査や体外受精、受精卵を子宮に移植する為にかかる医療費も高額となります。
また、渡航費用や滞在費、仲介業者へ支払う費用などもあります。
さらに、現地での通訳を依頼する必要もあります。
もちろん、仲介業者を利用されている場合は手配のすべてを仲介業者がおこなってくれます。
費用の支払も直接ご夫妻が医療機関に支払う物もあれば、仲介業者を通じて支払う場合もあります。

アメリカで日本在住のご夫婦が卵子提供プログラムを受けられる場合の費用目安は、一回の体外受精から胚移植終了までにかかる総費用がおよそ550万円程度必要であると言われています。
もちろん、それぞれの方の条件や利用される医療施設によって費用が大きく変わる場合もあります。
支払い項目は、医療費や検査費、技術料、薬代などがあります。

また、エッグドナー謝礼や経費、障害保険掛金、ドナー登録機関手数料なども必要です。
さらに、コーディネート手数料や航空券代、宿泊費、現地での交通費などがかかります。
また、弁護士費用や卵子提供者のバックグラウンドチェック、心理鑑定、遺伝カウンセリング費用なども必要となります。
仲介業者によっては、ご主人が渡航せずに奥様のみが海外に行かれ、凍結精子空輸によって体外受精をおこない受精卵を子宮に移植する手配も可能となっています。

卵子提供プログラムにおいては、二度目の挑戦が必要となる場合もあります。
1回目の卵子提供時に余剰胚が得られる場合がほとんどですので、余剰胚を凍結保存し二度目の挑戦に備える事も可能です。
二度目の挑戦をされる場合にかかる費用は、一般的に医療費や渡航費、手数料などを含めた費用目安が80万円程度と言われています。

明瞭会計で内訳をきちんとお見せいたします

株式会社ActOneでは、他社と比べ良心的な価格で卵子提供プログラムをご案内しております。
卵子提供の仲介業者も多くなっており、費用や紹介される医療機関の医療水準や環境もさまざま存在します。
ご夫妻が安心してまかせる事ができる仲介業者選びは大変に大切ですので、しっかりと比較検討してください。

海外ではご不安なことが多いと思います。
日本でしっかりとサポート体制ができている会社をお選びください。
時差もあるので日本時間の深夜にトラブルが起こる場合もあります。
どこまでサポートされるかを事前に確認しましょう。

ぜひ気軽に弊社まで、さまざまなご質問やご不安をご相談ください。