アクトワンの卵子提供とは

       
ロゴ

最近では、お子様を授かる方法のひとつとして海外での卵子提供プログラムを検討・利用される方が年々増加しています。

卵子提供とは

卵子提供プログラムとは、ご自身の子宮には問題がないにも関わらず、早発閉経や卵巣機能に問題があり卵子を育てることが難しい方、または加齢による卵巣機能の低下・卵子の質の低下によりご自身の卵子では妊娠・出産が難しい方が、ドナーから卵子の提供を受けるというプログラムです。

エッグドナーの卵子とご主人の精子を体外受精させてから、その受精卵の移植を奥様におこないます。
このように卵子提供プログラムでは、レシピエントの奥様が実際に妊娠・出産をするのです。
日本では生まれた子供は、「出産したものが実母」とされます。卵子提供プログラムで出生したお子様は、戸籍上では確実にご夫妻の実子として籍に入ることになります。

日本での卵子提供は卵子ドナーさんも注意が必要

米国のカリフォルニア州などでは、卵子提供プログラムは合法的に広くおこなわれている不妊治療の選択肢のひとつです。
しかし、日本国内で卵子提供プログラムを利用しようとしても、日本産婦人科学会が定めた、ガイドラインの条件に該当する方はごくごく限られており、手続きが煩雑な上に多くの場合、卵子提供者(卵子ドナー)をご自身で探す必要があります。また、治療は妊娠を希望する夫婦のみならず、卵子提供者(卵子ドナー)と卵子ドナーの夫に対しても度重なるカウンセリングが課せられ、治療期間も1年ほど、と長期になる場合が多いです。

卵子提供者(卵子ドナー)は、実子のある方に限られるのですが、卵子提供者(卵子ドナー)方が第二子を望んでいる場合には、ご夫婦のこの長期間にわたる卵子提供プログラムにずっと付き合わなければならないので、留意が必要となります。
卵子提供者(卵子ドナー)は、その間自分の子供を妊娠することができないのです。他人の卵子提供プログラムに協力している内に、自分が妊娠するタイミングを逸してしまって、欲しかった第二子をあきらめざるを得なかったということに、なりかねません。

このように、日本における卵子提供プログラムには様々な制約があって、マイナス面も多いために、とても治療を望む方々のすべてが受けられるものではないのです。このために日本で不妊治療を繰り返しても卵子の老化で妊娠できなくなった方たちのなかには、海外での卵子提供プログラムを利用される方も多くなっています。幾度の体外受精でも採卵できなかった、あるいは採卵はできても受精しない、受精しても順調に育たないといった問題で、次のステップに進みたくとも進むことができなかった多くの方々が、卵子ドナーから卵子の提供を受けて、受精卵を作り、移植・妊娠へと進まれています。

ご主人とお散歩
ご主人とお散歩

海外での卵子提供とは

卵子提供プログラムを行うことができる国には、アメリカやヨーロッパ、アジアなどがあります。
アメリカで卵子提供プログラムを利用される場合には、一般的に600万円程度必要で、卵子提供エージェンシーによってはさらにオプション費用も追加され、かなりの費用になります。

アジアで卵子提供プログラムを利用される場合の費用は、アメリカの1/2~1/3程度になり費用面でのメリットがありますが、国によっては営利を目的とした卵子提供に医師が関わる事を法律で禁止している国もあるので留意が必要です。

一般に卵子提供プログラムを利用する為には高額な費用がかかるので、以前は一部の富裕層の方々だけのもの、というイメージがありました。
しかし、最近ではたくさんの一般的なサラリーマン家庭の方々も卵子提供プログラムを方たちの利用しています。そこには共働き家庭の増加や晩婚化の影響があるのです。
先日こんな感想をおっしゃったご夫婦がありました。
「卵子提供プログラムにかかる費用は、自動車一台分と考えたらいい。たった車一台分の費用で自分の子供が抱けたら、それは安いものだ」と。
利用希望者の増加に伴い、卵子提供プログラムのエージェントも多くなっています。

アクトワンの卵子提供とは

Act Oneアクトワンでのプログラムの流れは下記のようになります。

1.Act Oneアクトワンwebサイトまたはお電話よりお問い合わせ

2.ご相談・ご面接日を決定
ーご相談・ご面談は無料です。

3.Act One アクトワン東京オフィスにお越しいただいての個別面談
対面でのご面談を基本としておりますが、遠方にお住まいの方にはSkype
を使ったご面談にもご対応可能です。
ー面談後会員登録とクライアント情報の登録を行います。

4.弊社とご契約
ー詳細事項の説明、相談、質疑応答などを経て、卵子提供プログラムを十分にご理解いただいた上でのご契約となります。

5.ドナーの選択
ー写真やプロフィールを見てドナーを選んでいただきます。

6.日程調整をしながらドナーを決定
ー第5候補までを挙げて戴きます。プライオリティの高いドナーさんより順番にご連絡致します。

7.ドナーは日本の病院で検査してから渡航準備開始
ー卵胞数・ホルモン値・感染症等の検査を実施します。
ー検査結果をもってクリニックへドナーとして受け入れ可能の可否を問います。

8.ご夫婦が治療先海外クリニックへ一次訪問
ーご主人様の精子の採取・凍結
ー奥様の検査を行います。
ー移植周期に内膜を整えるための薬の処方を受けます。

9.ドナーが渡航
ードナーは現地に18日間ほど滞在して採卵します。
ー排卵誘発剤を毎日注射して採卵後に帰国。

10.顕微受精
ー精子と卵子を受精させます。
ー希望があれば着床前診断します。二次渡航の際のドクターとの面談でご決定ください。
ー5日間くらい受精卵を培養します。
ー胚盤胞になったものを凍結保存します。
ー着床前診断後、異常のあったものは破棄され正常胚のみが保管継続されます。

11.移植のため奥様が二次渡航
ー培養した受精卵を凍結し移植、または新鮮胚を奥様に移植します。通常は凍結保管されていたものを移植します。特にご希望があれば新鮮胚移植も可能ですが内膜の調整、渡航日程の調整等を考慮すると同様の成功率である凍結胚移植をお勧めします。
ー奥様は現地に1週間程度滞在します。

12.2週間後に血液検査にて妊娠判定

13.お近くの病院で出産
ー施設の整った総合病院、母子周産期医療センター等をご紹介します。

お腹の赤ちゃんと会話
お腹の赤ちゃんと会話

アクトワンのエッグドナーとは

上記、卵子提供プログラムの中で最も重要なプロセスとして、「エッグドナー」の選択があげられます。
日本人ご夫婦の場合、殆どのご夫婦が「日本人女性をドナーに」と希望されます。
アメリカの卵子提供エージェンシーには、多数の卵子ドナーの登録があるようですが、アメリカ在住の様々な国籍・人種のドナーさんが多くを占めており、日本人女性の登録はごく僅かなようです。

Act Oneアクトワン登録のドナーは現在、140名を超えており、すべて心身ともに健康な日本人女性です。原則として登録時にはドナーと対面での面談をしており、身元確認など厳正な登録審査をしています。

ご夫婦は次のようなドナー情報を閲覧した上で、ドナー選択をすることになります。
✦プロフィール:年齢・身長・体重・血液型・最終学歴・職業・肌の色・髪質・目(一重、二重等)・志望動機・趣味・特技など
✦ご本人およびご家族の健康状態
✦ご家族情報(年齢・職業等)
✦写真:直近のもの・幼少時のもの等

ご希望のドナーが決定しましたら、ドナーさんへご協力依頼のご連絡をし、渡航可能時期の確認をすすめることになります。

アクトワンがお勧めの理由

Act Oneアクトワンでは、他社と比べ良心的な費用で卵子提供プログラムをご案内しております。
アクトワンのプログラム費用はとても明瞭で分かりやすいものなっています。卵子提供プログラムの進行に必要な治療項目・サポート費用すべてが含まれた料金で、ご案内をさせて頂いております。
ご夫妻が安心してまかせる事ができる卵子提供エージェンシーを選択することは、とても大切なことですので、しっかりとエージェンシーを比較検討することをお勧めします。
Act Oneアクトワンの卵子提供プログラムの渡航先はアメリカ(米国)のハワイ、ロサンゼルス、サンディエゴ。そしてアジアはマレーシアのクアラルンプールとなっております。
ぜひ、さまざまな質問や疑問点を、Act Oneアクトワンの担当窓口まで、気軽にお問い合わせください。